続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『オツベルと象』㉘

2019-01-10 06:59:20 | 宮沢賢治

 どうだ、さうしてこの象は、もうオツベルの財産だ。いまに見たまへ、オツベルは、あの白い象を、はたらかえるか、サーカス団に売りとばすか、どつちにしても万円以上まうけるぜ。


☆章(文章)の材(元になるもの)に算(見当をつける)と現れると吐く。
 (すると)章(文章)の談(話)は倍になるように番(組み合わせてある)。
 掩(隠れた)意(考え)は照(あまねく光が当たる=平等)である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『城』3104。 | トップ | 🈞マグリット『赤いモデル』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮沢賢治」カテゴリの最新記事