続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『山男の四月』3。

2017-07-15 06:30:29 | 宮沢賢治

 山男は顔をまつ赤にし、大きな口をにやにやまげてよろこんで、そのぐつたり首を垂れた山鳥を、ぶらぶら振りまわしながあ森から出てきました。


☆太陽の談(はなし)は信仰を釈(意味を解き明かす)題(テーマ)の講(話)の趣(考え)で推しはかる。
 散(バラバラにし)調(しらべて整え)審(正しいかどうかを明らかにし)真(まこと)を推しはかる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『城』2696。 | トップ | マグリット『桟敷席』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮沢賢治」カテゴリの最新記事