続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

マグリット『心臓への一撃』

2016-06-03 07:11:57 | 美術ノート

 『心臓への一撃』(写真右)
 豊かとはいえない土の上に立つ薔薇、周囲の曇天、混濁の彩色に比してこの薔薇と葉は鮮やかである。その枝から生え出たような鋭利な短剣が描かれている。

 鋭利な恐怖心をそそる短剣の突先は『心臓への一撃』を即物的に想起させるものであり、具体性を持っている。
 赤く明確に描かれた薔薇からは強い主張が感じられ、雄々しいが孤立した風情は他者を寄せ付けない緊張感に満ちている。
 薔薇の持つ棘(短剣)は他者を攻撃するだろうか、自己防衛でもあるし、他者への強く切ない情熱とも思える。

 『心臓への一撃』は必ずしも攻撃を意味せず、《愛》を叫んでいるのかもしれない。
(愛するあなたへの一撃)

 『心臓への一撃』は、どんな逆境にも打ち勝つ、愛と憎悪を裏腹にもつ鋭利な武器である。


(写真は国立新美術館『マグリット』展・図録より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« マグリット『美しい言葉』 | トップ | 『城』2336。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (ことり)
2017-12-30 01:31:11
マグリットの心臓への一撃という作品が大好きで、掲載されている画集を探しているのですが、見つからず・・

ネットでこちらで掲載されているお写真を見つけ、コメントさせていただきました。

「国立新美術館『マグリット』展・図録」というのは、販売されていたものでしょうか?


はい、そうです。 (浜田節子)
2018-01-05 06:50:11
マグリットはいいですね、わたしも大ファンです。六本木まで地下が深くて怖い大江戸線に乗って購入してきたものです。
ありがとうございます♪ (ことり)
2018-01-06 02:16:12
直接問い合わせてみようと思います。
こちらの記事がきっかけで浜田さんの他のブログを見たのですが、漫画がとてもお上手で、ほのぼのしている絵が可愛いな~と思いました。

また時々拝見しに来ますね♪
恥ずかしいです。 (浜田節子)
2018-01-09 06:14:28
お返事どうもありがとうございました。いたずら書きのような漫画ですが、何となく描いでいます。

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事