続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『水仙月の四日』91。

2017-07-11 06:32:40 | 宮沢賢治

「もういゝよ。」雪童子は子供の赤い毛布のはじが、ちらつと雪から出たのをみて叫びました。


☆説(話)を導くのは詞(言葉)である。
 詞(言葉)で教(神仏のおしえ)の釈(意味を明らかにする)。
 普く説(話)を推しはかるのは、教(神仏のおしえである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『城』2692。 | トップ | デュシャン『与えられたとせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮沢賢治」カテゴリの最新記事