続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2648。

2017-05-26 05:43:06 | カフカ覚書

お役所や書記たちのところで、あるいは、そのほかのどこにおいても、わたしたち一家の罪が問題になるときは、いつでも使者を侮辱したことだけが話題になり、だれもそれ以上は深入りしませんでした。


☆使命や文書あるいはわたしたちの罪が噂されるときには、小舟を侮辱したことだけが言及されますが、それを敢えて追及する人はだれもいませんでした。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悔恨。 | トップ | 『水仙月の四日』47。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事