続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

マグリット『王様の美術館』

2017-11-08 07:09:07 | 美術ノート

 『王様の美術館』

 山高帽の男のシルエットの中には遥かに連なる山々があり、その一つに赤い屋根の建物がある。美術館と呼ばれる物だろうか。
 前方から徐々に明るくなり、遥か遠方の山は空とのけじめもつかないほどの明るさであるが、手前の山は、背景の漆黒(暗黒)に等しい。
 シルエットのすぐ脇には例の鈴が見える。王様の美術館は、民衆の意見・意向を後ろに回しているということだろうか。それにしてもすぐそばで圧している。
 王様のイメージに山高帽はない。(王冠なら分かるが…)とすると、シルエット自体は(男≒マグリット)なのだろうか。
 シルエットには、目・鼻・口が描かれている。つまり、視覚・嗅覚・言葉などの感覚器官をもっている男の胸の内ということになる。

 時代は特定されていないが、無(漆黒)の時代から、今日に至るまでの歴史、過去の遺産というものは、鈴(伝説、歴史、言葉)によって人の深層心理の中に形作られていく。

『王様の美術館』とは、個々の胸の内に築かれていく収蔵庫であり、そこにおいては個々人総てが王様となりうる秘密の時空の建屋である。


(写真は国立新美術館『マグリット』展・図録より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『どんぐりと山猫』36。 | トップ | 食欲の秋。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事