続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『風の又三郎』57。

2011-07-28 06:18:41 | 宮沢賢治
「礼。」先生もみんなも礼をしました。うしろの大人も軽く頭を下げました。

 大人はダイジンと読んで、die神。

☆「霊」たくさんの星もみんなも霊になりました。うしろの死神も経(不変の真理を説いた書物)をもって平等としました。
 厳密にというのでなく、《「分からないところはわたしにも分からないのです」賢治》というように、大体の感じから、全体「平等」を言っていると思うし、世界としては道をかっきり曲がったところの「冥府」を二重の風景として書き込んでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『城』552。 | トップ | M『つき刺された持続』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮沢賢治」カテゴリの最新記事