続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』611。

2011-09-30 06:13:44 | カフカ覚書
Kは、よくベットから子の三人のしぐさを完全に無関心な眼でながめていた。

 ベット/Bett→wett/貸し借りなしである、縁が切れている。
 完全に/volliger→fole/連続、服従。
 

☆Kは、縁が切れている三人にたいする服従を全く無関心に見ていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 何だかなぁ。 | トップ | 『風の又三郎』116。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事