続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

🈞マグリット『宝石』④

2019-01-09 07:04:16 | å®®æ²¢è³¢æ²»

 木箱に見えるが、この箱の底が見えない(描かれてない)。この箱の底はずっと遠く、冥界につながる媒体としての通路、入口なのに違いない。
 死の入口、死に至る生物。男の眼は思慮深く、鳥の眼は驚き戸惑っている風である。
 男(人間)も鳥も本当の死を知らないが、人間には思考力があり、情報の集積によるデータからの推測・分析が備わっているゆえに、死に至る精神(眼)に相違が出るのかもしれない。

 男(初老に紳士/人間)と鳥(人間以外の生物/動物の例)を同じ質量に感じられるように図ったところにこの作品の重要な意味が隠されている。
《生きるもの全ては平等である》というマグリットの信念である。
 木箱の蓋があたかも開閉できるかの装置にも慟哭を誘う計らいを感じる。

 決して開けることの叶わない把手は《生死の転換点》としての君臨であり、悲しみの象徴と化している。


写真は国立新美術館『マグリッㇳ』展/図録より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   ã“の記事についてブログを書く
« ã€Žã‚ªãƒ„ベルと象』㉗ | ãƒˆãƒƒãƒ— | ã€ŽåŸŽã€ï¼“104。 »
最近の画像[もっと見る]

コメントを投稿

「宮沢賢治」カテゴリの最新記事