続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『3つの停止原基』①

2017-06-15 06:45:54 | 美術ノート

 『3つの停止原基』

 不可思議な3つの曲線、3枚の定規のような、以って非なる物。
 まったく偶然の線条、同一に描くことが決して出来ない曲線は、ある意味類似している。同じプロセスを経て認定した線という括りである。

 停止原基などという言葉はあるのだろか、(停止)と(原基)は結びつくだろうか。(原基)は基になる尺であり、(停止)とは否定に通じる。「3つの停止原基」は、静かなる否定であり、沈黙の笑いが潜んでいる。

「原基は他の物との関係性を図るものであるが、それを停止し阻むものである。」作品は他者との関係性を遮断している。

 わたくし自身は偶然の賜物にすぎず、他の基準に値するものではない。
 正しく《デュシャン、わたくし自身》に他ならない。


(写真は『DUCHAMP』TASCHENより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水仙月の四日』66。 | トップ | 一週間。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事