続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2725。

2017-08-18 06:39:28 | カフカ覚書

ですから、バルナバスを新しい使者に仕立てて、侮辱された使者の仕事をバルナバスに代行させ、その使者が好きなだけの、また侮辱を忘れるのに必要なだけの期間、はるかな遠くで静かに暮らしていけるようにしてあげるー


☆バルナバスに先祖の新しい小舟を提案し、バルナバスを外に出し、侮辱された小舟を現場不在にしたのです。侮辱を忘れるだけの期間を欲するに足るほど遠方に留まることで休止したのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 孫たちの到来。 | トップ | 『山男の四月』33。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事