続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2668。

2017-06-16 06:27:13 | カフカ覚書

フリーダは、それに手を焼きました。それで、従僕たちをおとなしくさせるのにわたしを使えることは、フリーダにとって願ったり叶ったりだったわけです。こうしてわたしは、二年以上もまえから、すくなくとも週に二度は従僕たちといっしょに馬小屋で夜をすごします。


☆フリーダ(平和)には死は非常に辛かったので、予言者は彼ら(死人たち)に歓迎されたのです。強制の傷痕は暗雲を運び、死の場所は小舟だったのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一週間。 | トップ | 『水仙月の四日』67。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事