続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2586。

2017-03-20 06:45:23 | カフカ覚書

そして、父が朝出かけるときに、いつもすくなくともいくらかのお金をポケットの中でじゃらじゃらならせるようにしてあげることーこれが、長いあいだわたしたちの毎日のたのしみでした。


☆少なくとも音をたてられるほどに、先祖はお金を用意したのです。ーこれがわたしたちの償いでした。

 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『ローズ・セラヴ... | トップ | 『注文の多い料理店』69。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事