続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2789。

2017-10-22 06:17:37 | カフカ覚書

オルガはこれ以上防ぎとめることができなくなったのであろうか、アマーリアを呼んだ。アマーリアなら、両親の眠りを妨げないように、なんとしてでも客を帰らせてくれる、とおもったにちがいない。


☆オルガはこれ以上引き留めることができなかったので、アマーリアを呼んだ。周知のハロー(死の入口)からこの訪問者を遠ざけるようにという思いだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 重い重いわたし。 | トップ | 『どんぐりと山猫』17。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事