続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

朝に生まれ、夕べに~。

2017-10-18 07:22:21 | 漫画

 ため息、また一つ。

コメント

マグリット『ガラスの鍵』

2017-10-18 06:53:29 | 美術ノート

 『ガラスの鍵』

 人が住めず登攀も許されないような禁断の山の山稜に巨岩石が乗っている。あり得ない光景である。
 山頂より高所に巨岩石が出現する現象はなく、天上からの落下しか考えられないが、隕石でもなく接する山に同質であり、衝撃痕もなくただ在るように在るという風情である。

 この光景をもって『ガラスの鍵』と名づく、その根拠は何だろう。
 鍵穴にガラスの鍵を差し込めば破損は免れない、有るかもしれないが、無いに等しい幻、幻想の産物である。

 万軍の主はこう言われる
 「わたしは初めであり、わたしは終わりである。わたしのほかに神はない。(略)わたしのほかに神はあるか。わたしのほかに岩はない。~」(『イザヤ書』より)

 この恐れを抱かせる驚愕の光景。近づくこともできず、ひたすら崇め祈るしかない幻の奇跡を実際に拝観することは叶うべくもない。
 この神秘を解き明かそうとする者の鍵はすべてガラスに過ぎない。


(写真は国立新美術館『マグリット』展・図録より)

コメント

『どんぐりと山猫』13。

2017-10-18 06:43:15 | 宮沢賢治

 滝はまたもとのやうに笛を吹きつゞけました。
 一郎がまたすこし行きますと、一本のぶなの木のしたに、たくさんの白いきのこが、どつてこどつてこと、変な楽隊をやつてゐました。

☆漏れる的(ねらい)を推しはかる。
 逸(すぐれたもの)が露(現れる)講(話)である。or 逸(隠れている)糧(物事を養い育て支えるのに必要なもの)の講(話)である。
 逸(隠して)翻(形を変えて移す/作り変える)を黙って吐く。
 片(二つに分けたものの一方)の絡(筋道)は、他意である。

コメント

『城』2785。

2017-10-18 06:32:18 | カフカ覚書

たとえば、これは実際にあったことえすが、バルナバスが帰ってきて、あなたが自分の勤務ぶりに不満の意を示された、それで、じぶんは泡をくって(それにかわいそうに、使者としての誇りもあったのでしょうが)、


☆たとえば先祖の傷痕となる事件ですが、バルナバスは小舟を向ける、死の小舟の不満と禁錮に驚き苦悩しました。

コメント