横浜焼売(シウマイ)物語2018

ハマのシンボル崎陽軒なら、シュウマイじゃなくシウマイね。「自分キャラ」始めました。更新随時

嵐のあと

2018-10-10 | 横浜ラブ
わんこ散歩道の台風一過

金木犀が…



今年は気象が荒々しいです。
コメント

モハン

2018-09-24 | 横浜ラブ


今でこそ、ナンだのチャパティだのと本格インドカレーが気軽に食べられる時代ですが、

こんなにブームになったのは最近の話。

カレーといったらライスカレーか、カレー南蛮。の約四半世紀前

インドカレーの店、モハンさんは伊勢佐木町にオープンしました。
以来ずっと同じ場所で営業中。
地元サラリーマンを中心に人気で、地元にすっかり溶け込んでいます。
ここのカレーは時々無性に食べたくなる味の一つ。

お店は地下です。


定番


平成と昭和のこども人気メニューランキングを通じて堂々の一位が、カレーライスですって。
すでにこ国民食といっても過言ではありません。
日本のカレーは多種多様。カレー粉だけでは物足りず、固形ルー(大発明!!)まで作っちゃった熱の入れよう。
本場インドのサラサラカレーから、イギリス式のシチュー風のカレー、カレー南蛮といわれるあんかけ風、そしてレトルトカレー、と百花繚乱。
日本はつくづく幸せな食の国ですなー。

いただきます。


モハンWebサイト http://mohan-japan.com
コメント

90年ぶり

2018-09-17 | 横浜ラブ
「お白石持ち」おしらいしもち、と読みます。


伊勢山皇大神宮(以後、伊勢山様)は、横浜の総鎮守です。歴史は明治3年、明治維新とともに始まりました。
本家伊勢神宮から御霊分けされた御神体をこの丘に鎮座させて今年で148年。来たる2020年には150年を迎えます。

詳しいことは、以前のブログに書いていますので、興味のある方はぜひお読みください。


150年を迎えるにあたり、記念事業が数年前から進行中。その一つ。
平成25年の式年遷宮に建て替えられた本家お伊勢様の内宮の一つをそのまま、ここ、伊勢山様の本殿として移築するという大プロジェクト。
これは伊勢神宮史上かなり異例なことだそうです。

伊勢山様の本殿はこれまでに二度建て替えられています。
一度目は、この丘に遷座された明治3年。二度目は昭和3年。そして今回が3回目、90年ぶりの大事業。
もちろんお白石持ちも90年ぶりの神事。


お白石とは、神社の敷地内に敷き詰める白い石のこと。この石が敷き詰められている場所がお垣内で、一般の人は立ち入りを禁じられている聖域です。
今本殿の御神体天照大神は神楽殿に遷座されていますが、10月1日にはこの新しい本殿にお引越しです。
以後は本殿前のお垣内には神職の方以外立ち入ることはできません。
その前に氏子たちの手で石を敷き詰めて聖域をつくる、これがお白石持ちです。

横浜の伊勢山様では
15日から18日までの4日間限定。氏子でなくても誰でもひとり1,000円以上の初穂料で参加できます。


一時間ごとにご祈祷とお祓いを受けます。時間まで待機。


これがお白石。一人いくつでも持って入ることができます。大きさは大人のげんこつよりふた周りくらい大きなものです。

ちなみにこの石は四国産。本家の伊勢神宮では使用するお白石の産地は決まっているそうですが、
横浜の伊勢山様では特に指定はなく、今回たまたま四国産だったとのことでした。

お垣内は撮影録音は禁止ですので、ここからは文章のみ。
1グループづつ内殿へ招き入れられます。ここは結婚式やお祝いごとなどでお祓い受ける場所です。
神官より簡単に伊勢山皇大神宮の歴史をレクチャーされたのち、頭を垂れ祝詞とお祓いを受けます。
神官の案内で、いよいよ垣内に。ここが10月1日の遷座祭の後は禁足地となります。
お社の足元に石を置いていきます。ただ置くのではなく、ここで伊勢山様とのご縁を確認しながら丁寧に置いてください、とのこと。
そして新本殿を外から見ながら一周。
160〜170㎝の高床式。正面柱は二本の一間社ですが、
丁寧に鉋がかけられ、必要な修復を施されてたいそう美しいものでした。
ちょこっとチラ見え。

久しぶりのお日様に照らされて金箔を施した意匠がキラキラ。
たっぷりと屋根を葺いた茅がほのかに香ります。できたてホヤホヤでなんだか誇らしげです。
くだんの女神様もお引越しを控え新居にワクワクされているんでしょうか。

伊勢山皇大神宮ウェブサイト http://www.iseyama.jp
コメント

2018-08-29 | 日常茶話

セブンイレブン発、生ミルキー。




お味はもちろんミルキーですが
とっても滑らかで
トロトロ〜って、お口の中で溶けちゃいます。

7粒で約200円なので、ターゲットは昔子どもだったみなさんかな。
家族で食べたらミルキー話に花が咲くかも。

おいしいよ♪

不二家のミルキーサイトhttps://fujiya-milky.com





コメント

そこにあったから、

2018-08-19 | わんことにゃんこ
午前便で密林から、正規業者によってきちんと届いた(笑)荷物を玄関に置いて外出しました。


夕方もどってきたら、







容疑者はこちら

コメント

まー、驚いた!

2018-07-25 | 日常茶話
こんなことは初めてだったので、写メしてみた。



我が家のポストにぴったり詰め込まれていた密林からの配達物。

配達業者はいつもお世話になっているクロネコさんや佐川くんではありません。
もちろん、マル通さんでもジェイピーさんでもありません。
密林が増える宅配物流に対応して新規に依頼している第三の配送業者の仕事っぷり。

しっかり配達伝票が剥がされています。


あまりにぴったりと入っていたこの荷物、ポストから出すのに苦労しました。

で、この業者に電話。

すると
「密林さんからは、ポストの投入口に入る場合は、ポストインしてよろしい。」と言われているとのこと。

でも、この荷物明らかに投入口から入れられたものではないですから!

お金をもらって仕事をしている以上、その立場が何であれ責任とプライド持っていただきたいです。

午前中指定にしてあって、当日急用で出かけなくてはならなかったため不在だったことは申し訳なかったですが、
不在通知を入れておくのが仕事人てもんじゃないでしょうか。
こちらの勝手で受け取れなかったんだから、たとえ時間が変わってしまってもそのことで文句は言いませんよ。

ちなみに私のクレームに対応してくれたその業者の担当さんの名誉のために申し添えますが、
この方は最初にきっちりとお詫びを言ってくれました。

で、
その後のダメ押し。
夕刻、配達終了という一通のメール着信。
郵便ポストに荷物を投函しました。ですって。
さてと、
ポストの取り出し口には鍵をかけるようにしなくてはならない、かもしれませんことよ。
コメント

西瓜

2018-07-12 | 日常茶話
なんとも可愛らしい夏のお菓子をいただきました。



ちゃんと種まで!
夏季限定仕様です。

オリジナルはこちら


白鷺宝(はくろほう)
名前も素敵です。

ブラックコーヒーが意外にもぴったりでした。
ごちそうサマー

美味しゅうございました❣️
コメント

夏仕様

2018-07-10 | 横浜ラブ


氷じゃなくて、鶏肉の老舗、梅や。

暖簾が夏仕様になってました。



我が家は毎年クリスマスの丸鶏はここで購入。
焼き鳥はモモ塩が好きです。

横浜(の一部?)では、シウマイは崎陽軒、
うなぎはわかな
鶏肉は梅や
ですわよ、奥様。


梅やウェブサイト;http://www.umeya-torinikuten.co.jp
コメント

まんじゅう三兄弟

2018-07-08 | わんことにゃんこ



朝の散歩で仲良くなった柴わんこ3頭+1(ワン)
真ん中が萩子さん。右がマルさん。左がごん太くん。(ミニチュアダックスは、さくら@いつかあたいもしば犬に、です。)
公園の決まった木陰で朝のバイキングタイム。
みんなたいへん良い子…に見えます。

こちらは人間用。

日の出町にある和菓子処大黒屋さんの薄皮饅頭。
マルさんママからの差し入れでした。
コメント

サトーココノカドーのチョコビだぞ。

2018-07-06 | 日常茶話
矢島晶子さんが、クレヨンしんちゃんの声優を勇退されました。
今日は2代目のしんちゃんの小林由美子さんのデビューオンエアですね。

声優さんは七色の声を操ると言いますが。矢島晶子さんも例に漏れず。
ガンダムWのリリーナとクレヨンしんちゃんの声が同一人物だと知った時の衝撃はいまも忘れません。

声優さんはただお話をしているわけではなく演じなくたはならず、時にはそのキャラクターとして歌い、語ります。
持って生まれた声質が八割と言われていますが、後の二割は本人の日々に訓練と努力の賜物です。
(集客の手段としてあるいは大人の事情っていうやつで、映画なとの吹き替えやアニメのキャラクターボイスを素人同然のアイドルに渡すことは、個人的には条件付きで反対です。)


おっと今日は声優さんの話ではありません。

クレヨンしんちゃんの大好きなおやつ
チョコビ。
バンダイビジュアルからすでに商品化されていますが、

これはクレヨンしんちゃんアニメ仕様。サトーココノカドーのロゴ入り。




春日部のイトーヨーカドーで三日限定で販売された特別バージョンでした。

コメント