MIYAGI VILLAGE

夏は雷、冬はからっ風、人は義理人情を重んじる・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

涙のあと

2007-01-14 16:04:53 | ラグビー
1月13日、ラグビー大学選手権決勝。

そこには、号泣している自分の姿があった。一夜明けた今でも、この空虚さが信じられない。

結果は関東の33-26の勝利であった。

試合前の嫌な予感が的中してしまった。メディアは早大優位の報道であったが、俺はそんなことはないと思っていた。メディアはデータ主義であり、これまでの戦績や選手の肩書きで判断しようとする。しかし、スポーツはそれだけで決まるものではない。スポーツは筋書きのないドラマであり、ドラマの配役の演技如何ではいかようにも筋書きは変わりうるものだと思っていた。早稲田は、9月の立教戦、11月、12月の慶應戦で苦戦していた。苦戦の理由は相手ディフェンスのよさであった。もし、関東が慶應のようなディフェンスをしてきた場合、早稲田はかなり苦しくなると思っていた。

11月の慶應戦で解説を務めた関東学院・春口監督は「慶應のディフェンスがすばらしい。慶應がこのディフェンスを続ける限り、早稲田との点差は開かない」と断言していた。

俺は、このとき、春口監督が、早稲田相手に勝つ方法をディフェンス、接点で圧倒することであることに気づいていたように思う。もし、これを実践されたら・・・、それが俺の嫌な予感だった。そして、春関東、ジュニア選手権で感じた関東の圧倒的な強さが何度も頭の中を巡った。

決勝戦で関東が見せた強さは想像以上のものであった。とにかく、接点での強さ、これに尽きる。

特にラインアウト。これだ。これが決定的だった。早稲田は相手ボールはおろか、前半、マイボールを一本もまともに取ることができなかった。長身LOの西・北川を擁する関東はラインアウトに絶対の自信を持っており、ここが重要な勝負になるとは思っていたものの、まさかここまでやられるとは・・・。以前、ジュニア選手権・決勝を見に行ったときに、早稲田ボールラインアウトを関東の選手が大声を出して妨害するのは知っていたが、おそらく今日もそれがあったと思われる。ましてやこれだけ連続で失敗してしまうとなると・・・。早稲田は、繊細さを要求されるラインアウトをきっかけに終始冷静さを欠く結果となった。選手の能力に加え、メンタル面へのブローで、想像以上のプレッシャーを早稲田は受けてしまった。

ラインアウトを封じられるということは、攻撃の片手をもぎ取られることに等しい。ペナルティをもらい、タッチキックでゲイン、ラインアウト→モールorBK展開という攻撃の王道となる選択肢を完全に封じられてしまった。

結果として、早稲田は自陣からパスでゲインしていくしか方法がなくなってしまった。ペナルティをもらっても、その位置からパスで展開、縦突破していくしかトライを取る方法がなかった。ラグビーは前へパスすることが禁止されている以上、この様な場合、選手自らが突破してゲインしていくしかインゴールへ近づく方法はない。こうなってしまうと、個人の能力に頼るしか方法がなかった。

セットプレーで圧倒的に不利であり、早稲田のチャンスは数えるほどしかなかった。そんな中、矢富や曽我部は何度も縦突破を試みた。しかし、待っていたのは関東の強力なタックルであった。二人がかりで止めに来られては、さすがのスターBKでも止められてしまう。突破した後の、サポートもうまくいかず、ラックでのすさまじい勢い、関東の接点での激しさに圧倒されるばかりだった。

しかしながら、本来であれば、ラインアウトに関しては、後半に修正をして少しは競り合えるようになるはずであった。ただ、誤算があった。それはケガ人。後半開始早々、なんと主将の東条が負傷退場。ケガをおしての出場であったが、また足首をケガしてしまった。直後にはラインアウトリーダーのバイスキャプテン・彰友までが負傷、さらに東条に代わって入った松田までが負傷。修正どころか、FWは完全に崩壊してしまった。早稲田はFLにHOの臼井を入れ、応急的な措置を取るものの、もはや満身創痍の王者に攻めるだけの余力はなくなっていた。できるのは、ただ一つ。関東の切れ味鋭いランに対して、早稲田の誇りにかけてタックルに行くのみ・・・。

だが、それでも俺は信じていた。東条は言っていた。信じれば勝つと。勝とうと思ったほうが勝つのだと。俺は東条たちを信じていた。そして、光明も見えていた。前半、21-0で大差をつけられた後の、終了間際の首藤、菅野の連続トライで21-12。両WTBの意地のトライを泣きそうなくらいの歓喜で迎えた。絶対にトライを取る、鋼の意識に支配された菅野のもぎ取るようなトライには鳥肌が立った。そして、後半、あいつらなら、きっとやってくれると信じていた。

しかし、後半、関東のディフェンスは衰えるどころか、さらに激しさを増していた。菅野のタッチラインギリギリのこれまた、意地のトライで点を返し、28-19と1トライ1ゴール1PG差まで再び追いついたが、その後の攻めは、今村への激しすぎるタックルをはじめとした関東の鋭いディフェンスにことごとく止められ、逆に奇跡を信じた俺たちを打ち砕く後半40分の朝見のトライ。

ロスタイム5分では到底埋められない差をつけられてしまった。最後の最後の今村のトライは、もう手遅れだった。あのとき、トライをしても、すぐに引き返し、五郎丸にボールを蹴らせようとした今村の気持ちは察するにあまりある。意地のトライというには、あまりに悲しいトライだった。

五郎丸のコンバージョン成功とともに、東条組の挑戦は終了した・・・。

そのとき、目の前にあったのは受け入れがたい現実であった。歓喜に沸き返るマリンブルーのスタンドと選手。呆然と立ち尽くす赤黒の選手たち。こんなはずではなかった・・・。

その光景が理解ができないままに時は流れた。気づいたときには表彰式だった。東条の表情は、茫然自失というか、なんというか分からない、何も考えられないという表情だった。その表情が、俺たちの失ったものの大きさを物語っていた。

東条組は「荒ぶる」を歌うことができなかった。

早稲田ラグビーにおいて、大学選手権決勝で勝つか勝たないかは、天と地よりも大きな差がある。勝った選手の代は荒ぶるを手に入れることができ、負けた代は未来永劫、荒ぶるをうたうことは許されないのだ。それは早稲田ラグビーから否定されたに等しい意味を持つ。だから、選手は言う。早稲田は負けることは許されないチームだと。

時間が経ち、沸き返る関東の選手と、静まり返り、立ち尽くす早稲田の選手を見ているうちに、俺は泣いていた。涙が止まらなかった。一緒に観戦していた仲間に声をかけられるまで、ずっと泣いていたように思う。東条たちの気持ちを思うと、涙が止まるはずもなかった。

もう本当に、悔しくて悔しくて仕方がなかった。

俺が泣く少し前に、矢富と曽我部がスタンドに挨拶に来た。矢富は涙が止まらない状態であった。メディアによると、試合終了後、矢富は、コートを着ることを拒否したという。試合が終わったことを認めたくなかったんだと思う。去年の東芝戦の後と同様、矢富は頭を下げた後、しばらく頭を上げられなかった。その姿に、観客も応える。「矢富がんばれ」と。そこにあったのは、決して望みはしていなかったが、「敗戦の美」とも言うべきものであった。

俺が泣いている間に、菅野も泣きながら観客に挨拶に来たらしい。矢富にしても菅野にしても、挨拶というよりは謝罪であった。しかし、俺たちは誰も彼らを責めてはいない。彼等は試合中、十分に役割を果たしていた。矢富の何度とない突破、菅野の執念のランとタックル、曽我部の懸命のタックル、忘れることのできないプレーだ。彼らが持っていたのは、すさまじい、責任感。負けたことに責任を感じ、そして涙が止まらなかったのだ。なんという、すさまじい選手たち、すさまじい人間だろうか。俺は彼らと同じ大学に通っていること、同じ学年で、応援を通して一緒に戦えたことを誇りに思う。そして、それと同時に、彼らの思いが俺の中にも入ってきて、涙が止まらなくなった。



(優勝した関東の選手たちがグランドを一周)


(関東の優勝を呆然と見つめる赤黒の選手たち)


(観客への挨拶を終え、去っていく矢富と曽我部)


頑張っていた選手を責めることはできない。自信と誇りを示せと送り出した中竹さんを責める気もない。そもそも、一介のファンに過ぎない俺に赤黒の選手を責める権利など存在しない。

今回は、関東が強かった。関東の気持ちが上回っていた。

しかし、一つだけ思うのは、早稲田が気持ちで負けたということはあってはならないことだと思う、その一点だ。荒ぶるへの思いは他の大学にはない、早稲田にしかない思いのはず。その思いを背負っているのに、なぜ関東に気持ちで負けてしまったのか、そこに今年の弱さがあったんだと思う。

慢心という言葉で片付けるつもりはない。自信と誇りを第一義に掲げる早稲田でありながら、早稲田らしからぬプレーをしている選手がいると、今シーズンずっと思っていた。そこに早稲田は穴が開いていると気づいていた。昨日も穴はふさがっていなかった。

懸命にプレーをする四年生がいる一方で、下級生の軽いプレーが印象に残った一年だった。いつもの2人は、昨日もラフプレーをしていた。彼らのセンスあふれるプレーは魅惑的であり、早稲田だけでなく日本のスターになりえると思う。しかし、本当に大切なところで体を張れないプレイヤーを俺は信用しない。どれだけすばらしいプレーをしても、早稲田らしさなしにはファンはついてきてくれないだろう。

東条組の無念を晴らせるのは彼らしかいない。彼らが意識を高く持ち、荒ぶるを追いかけなければ、東条組は浮かばれない。早稲田の品位は地に落ちる。見ている人が感動し、ともに笑い、ともに涙を流せる、ひたむきで、すさまじいくらいの情熱の塊である早稲田ラグビーを俺は見続けたい。

瀧澤、畠山、権丈、豊田、五郎丸、臼井、橋本、寺廻、松田、長尾、早田・・・、この悔しさを忘れるな。東条組の魂を胸に、自信と誇りで来年は絶対に勝って欲しい。

そして、東条組。今まで、本当にありがとう。しかし、まだ、東条組は終わっていない。日本選手権、最後まで東条組らしさを見せてくれ。俺は、絶対に見に行くから・・・。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 今は何も考えられない | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satopopi)
2007-01-15 20:42:05
「懸命にプレーをする四年生がいる一方で、下級生の軽いプレーが印象に残った一年だった。」
同感です。だから余計に納得がいきません。
コメントありがとうございます。 (setamiyagi)
2007-01-15 23:42:00
清宮さんから中竹さんへの転換で、中竹さんの目指す一ラグビーに選手が対応できていないと感じています。中竹さんの目指すラグビーは、まさに中竹組が目指したラグビーに通じるものがあると思うのですが、その次元まで今年の下級生が到達してくれなかったのが残念です。

中竹組のラグビー、自らの責任を果たすべく、チームのためなら自己犠牲もいとわない、「モラル・謙虚・感謝」を掲げる高意識の全員ラグビーを今の才能あふれる選手が体現できれば、最高のチームが出来上がる思っています。

完敗でした・・・ (さかさか)
2007-01-18 09:54:19
ワセダもすぐに立ち上がることでしょう。
また熱く見守りましょう!

受けに回ってしまったときの脆さ、修正能力のない選手と首脳陣。
果たしてワセダは決勝に向けて100%の準備ができていたのでしょうか・・・。
1週間が間もなく経とうとしている今でもそんな事を考えてしまいます。

でもこの敗戦、ワセダにとっては大きな遺産ともなるべき出来事だったのではないかとさえ思っています。
これまでのワセダの歴史を振り返った時、劣勢の評判を覆して勝利したことは何度もありましたが、その逆というのはほとんど皆無だったのではないでしょうか。
首藤選手の独走を阻んだ、関東・田中選手の指先。
(かつて日本代表がイングランドと対戦した時に、日本代表のトライをイングランドの選手の指先1本が足にかかって倒れてトライを逃した、という記事を読んだことがあり、ホントに指先1本で倒れんのか?、と思ってましたが・・・)
競技場で映す出されたリプレイの映像を見たとき、私は自分の中で負けを覚悟したような気がしました。ワセダに求めたいのはあのような気迫のこもったラグビーです。
あの終始劣勢のなかでの7点差というのも驚きですが、希薄な内容のゲームで結果勝っていた、なんていうラグビーはワセダにふさわしくないとも思っています。
勝利こそ全て!、という考え方もあるとは思いますが・・・・。
早い話、どちらが観ている側に響く内容の試合をしたかというと、あの試合に限って言えば、明らかに関東学院だったということだと思います。
負けるべくして負けたワセダ。
ワセダが本来やらなけらばいけない事を相手にさせてしまった事実。
ワセダにはキチンと受け止める力と知恵があると信じております。
同じ思いです! (ちょいと旨門)
2007-01-18 18:49:52
setamiyagiさん初めまして。北海道の旭川市に住む旨門(うまもん)といいます。早稲田ラグビー蹴球部のHPから辿り着きました。

自分も家内もおよそ30年近く早稲田ラグビーのファンです。先日の試合は家内と一緒に上京して応援してきました。受けがたい結果の思いは、この旨門たちはsetamiyagiさんのブログに書いてあるものとほぼ同じ思いです。

あれこれ書くと重複しますのでやめますが、あの時、大袈裟かもしれませんが正直「これからどうしていけばいいんだろう・・・」と失意のどん底に落ちていました。選手たちの胸中を察すると尚のことでした。ちょうど早稲田の選手たちは、自分の息子らと同年代なのでなおのこと人ごとでない受け止め方をしてしまいました。
あれから、数日が経ちこちらも少し落ち着いてきたので、今日から上京した折のあれこれ(つまらんことですが、東京での出来事)を小ブログに書こうと思っています。ただ、あの試合をどこまで触れようか悩んでいます。

さて、setamiyagiさんは羨ましいですね。早稲田ラグビーと身近に接していて、東条選手はじめ皆さんと交流があり、どんなにか応援するにも気合が入っていたことか伺い知れます。今回のことはこちら以上に肩を落とされたことと思います。

ともに早稲田ラグビーのファン、日本選手権に出場できる早稲田は大学対抗戦、大学選手権で戦ったチームから寄せられた思いを背負っているのだから、気持ちを切り換え、再度気合を入れなおし、本当に「一致団結」して早稲田野人の魂を見せつけた誇りあるプレーをしてほしいです。

日本選手権の応援には今のところいけませんが、こういう北海道原人でも応援している者がいるので、どうかsetamiyagiさんにこの思いを託しますので、社会人の迫力に飲み込まれないように応援をよろしくお願い申しあげる次第です。(旨門拝)

追伸:悩ましいですが、卒業論文はちゃんと仕上げてて下さいね。
返信が遅れ申し訳ありません (setamiyagi)
2007-01-23 00:20:51
コメントありがとうございます。
お二方の熱いご指摘、深く胸に留めたいと思います。

>さかさか さん
あの指先がすべてだったのかもしれません。彼は一列目の選手なんですよね。足の遅い一列目の選手が、必死の思いで伸ばした指先には執念がこもっていました。

気持ちで負けるというのは早稲田にはあってはならないことです。しかし、それでもなお、4年生は頑張ってくれていたと思います。ただ、関東の選手の方が早稲田より気迫で上回っていたということでしょう。早稲田はどう見ても気持ちで負けているようにしか見えませんでした。それがすごく残念です。私も、負けるべくして負けたと感じています。

修正ができなかったのは早稲田の脆さが出ましたね。まだあのチームは完成されていなかったのでしょう。準決勝までは、必ず後半には修正できていたのですが、大舞台では、脆さを露呈してしまい、力を発揮できなかったのかもしれません。
ただ、前半を終わって、関東の選手がほとんど消耗していなかったのことが、選手たちにとっては脅威であったと思いますし、その点が大きいかなぁとも思います。あれだけ接点で激しくやられると、修正も難しいのではないかと思います。

>ちょい旨門 さん
ご声援ありがとうございます。

北海道となると、なかなかスタジアムでの応援はたいへんなことだとお察しします。しかし、30年が経とうとも、ちょい旨門さんをひきつける早稲田ラグビーとはすばらしいものですね。私も見習いまして、社会人になっても、早稲田を引き続き応援していければと思います。

日本選手権では早稲田らしさあふれるプレーを同じく期待します。

コメントを投稿

ラグビー」カテゴリの最新記事