ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

セガンの、なぜ?どうして?

2017年11月27日 | 研究余話
 荒井聡という方が、私のセガン研究書(2010年著書)をお読み下さった。その上で、幾つかの問いをお出しになっている。いずれ「方程式的解は無い」とコメントを差し上げた。
 解が無いからそれでおしまい、ということは許されない。予断や妄想で解があるかのようにしてきたこれまでの諸々のセガン研究の轍を踏むという愚は犯してはならないと自戒しつつ、解を求めるための方程式の作成作業が、私には残されているのだろう。
 荒井さんから出された問いのひとつーー
 「セガンの障害教育をとりくもうとしたきっかけというか意欲の源は、何なんでしよう?」
 「きっかけ」については、実証性は無いけれども、セガン自身が「著名な児童病院の院長を介して白痴と思われる子どもの教育に携わることになった」旨を回想している。
 19世紀半ば頃は、ブルジョアジーや貴族階級では、子弟の初等教育は、そのほとんどが個人教育で行っていたから、セガンもその教育に携わることになったと、判断していいだろう。この個人教育は、たいていの場合、家庭教師が住み込んで行って、子どもと家庭教師が24時間起居を共にしていた、という時代であった。セガンの初の実践記録は、そういう教育のあり方で無ければ理解できないような状況が綴られているから、私は、セガン家庭教師説の立場にある。・セガンのところに子どもが通ったのでは無く、セガンが子どものところで教えた住み込み教師を務めた、ということ。・・
 と、こんなところから「方程式」を作成している次第。(これまでのセガン研究の諸々では、まったくこういう作業は為されてこなかった)
 先が遠い「解」への道。・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セガンが創設した学校について 追

2017年11月25日 | 研究余話
 ピガール通り6にセガンが開設した文部大臣認可の教育施設〔学校〕は、当時の関係者に、どのように見られていたのだろうか。
 文書の形で残っているのはきわめて数が限られている。その希少な一本が、聾唖教育と白痴教育とを結びつけた教育者ピロウ博士(Dr.Piroux)の論文である〔「聾唖の友」という雑誌に投稿された≪らしい≫〕。ピロウはその論文の中で、セガンの「学校」を「特殊学院」と形容している。l'Institute specieleが原語である。そしてそれは「イニヴェルシテの管理下に置かれている」という。今日風に言い換えれば、「文部大臣によって設置認可を得た特殊教育学校であり、フランスの全学校を管理するイニヴェルシテが管理下に置いている公教育機関」である。さらに意味深いことは、学校がそういう制度的性格を持った初の事例である、ということだ。特殊教育学校の公教育制度組み込みであり、史上初のこととなる(のだろう)。
 この学校が長続きしていれば、特殊教育史に燦然と輝く金字塔となったろうが・・・・。「学校」を巡る史的状況を、探ってみる必要はあると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【知的障害教育の開拓者エデュワール・セガンの開いた[学校]について】

2017年11月24日 | 研究余話
 セガンは1840年が開けてすぐに、〔フランス・パリ〕ピガール通り6を住所とする教育施設を開いた。子どもの数はわずか3人。重複障害を持つ知的障害児童たちだ。この学校でのことはほとんど史料も残っておらず詳細は不明だが、文部大臣の認可を得ているので私塾ではない。その認可過程に関しては拙著『知的障害教育の開拓者セガン~孤立から社会化への探究』〔新日本出版社〕、『一九世紀教育のための戦い セガン パリ・コミューン』〔幻戯書房〕で綴った。今後さらに、史料を求めて、史実をつまびらかにしていきたいと考えている。
 ところで、この学校は、私立学校種に属するわけだが、当事史料の中に、「イニヴェルシテ(Université)の監督下に置かれる」ことが示されている。そういうシステム下にあるのは、[(当時の私立学校種では、)唯一の学校だ]と記録する文書も存在する。Universitéを仏和辞典で調べると、1.大学〔総合大学〕、などとなっており、セガンのこの学校のことを説明する言葉ではない。義務学校[小学校]ではないし、今日でいう専門学校でもない。まさに、特別な子どものための、特別な内容と方法とによって教育される学校であった。ただ、公的な認可を受けたという意味では公教育の範疇に入るだろう。とはいっても、課程修了認定があるようなシステムはない。
 
 この種の専門的な学習はまったく積み重ねてきていないから、お手上げというのが現状である。この意味でも、まだまだセガン研究は終わっていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレネ研究の先にあるもの・・・

2017年11月15日 | 研究余話
 ロシア人ボーリズ・ヴィルデ。1908年6月25日サン=ペテルスブルグに生まれた。フランスに帰化。第2次世界大戦中、反政府運動(いわゆる「反ナチ・レジスタンス運動)で囚われの身となり、1942年2月23日処刑された。彼をかくも戦わせたのは一体何であったのだろう。
 彼と僕とを結び付けてくれたのはL.氏というユダヤ系フランス人。2000年のことだ。
「川口さんはパリ・コミューンにたいそう興味をお持ちのようですが、第2次世界大戦時のフランス・レジスタンス運動には興味がありませんか?」
 興味もなにも、校務としてのセレスタン・フレネ研究では触れざるを得ないレジスタンス運動だ。フレネは果敢に戦っていた。
「ぜひ、学びたいのですけれどね。手がかりを持っていないし・・。」
「良かったら、監獄日記をお読みになりませんか?」
「ん?」
「ボーリズ・ヴィルデという人の、レジスタンス運動でとらわれて処刑された人の、収監中の日記と手紙です。」
・・・ かくしてぼくの手の中に、ヴィルデの監獄日記・手紙の本が入った。
 「レジスタンス運動」に関わる史資料も、けっこう収集している。いつか、いつか、・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレネからパリ・コミューンへ(4) ヴィクトル・ユゴーへの接近

2017年11月14日 | 研究余話
ユゴーの1871年3月18日

 まずは、ユゴーの日記から
***
 駅にて、正午に我々が到着することを知らせる新聞を私に届けてくれる人とサロンで会う。我々が待つ。群集、友好的。
 正午に、我々はペール・ラシェーズに向けて出発する。私は屋根飾りのない霊柩車である。ヴィクトルは私の側にいる。我が友人たちすべてが後につく、そして民衆も。誰かが「脱帽!」と叫ぶ。
 バスティーユ広場で、銃を下げて移動する国民衛兵隊の儀仗兵一人がすっと寄ってきて霊柩車の回りを一周する。墓地までの全行程、戦闘態勢の国民衛兵隊の軍列が武器を提示し、軍旗に敬礼をする。太鼓が連打される。ラッパが鳴り響く。民衆は私が通りすぎるのを待ち、口を利かない、それから叫ぶ、「共和政万歳!」
 墓地に群集。柩が降ろされた。柩が穴に入れられる前に、私はひざまずき、柩にキスをした。地下納骨所が大きく開いた。敷石が持ち上げられた。私は追放以来見ることのなかった我が父の墓石をじっと見つめた。標石が汚れている。入り口が非常に狭かったので、石を削らなければならなかった。それが30分続いた。その時の間、私は我が父の墓石と我が息子の柩をじっと見つめていた。やっと、柩を下ろすことができた。シャルルは我が父、我が母、そして我が兄弟と一緒に、そこに居続ける。
 それから、私は立ち去った。墓に花が投げられた。群集が私を取り囲んだ。誰かが私の手を掴む。この人たちが私をどれほど愛していることか。そして、私も民衆をどれほど愛していることか!
 我々はムーリスとヴァッケリーと一緒に、自動車で戻った。
 私は打ちのめされる、我がシャルルよ、祝福あれ。
 -墓地で、群集の中に、私はミリエルの姿を認めた。とても青ざめそしてとても感極まった様子だった。私に会釈をした。そしてその実直なロスタンも。二つの墓の間から、一本の大きな手が私の方に差し出され、そして私にこう声が掛けられた、「私はクルベです」。同時に、私は力強く人を奮い立たせるような顔を見た。両目に涙を浮かべて私にほほえみかけていた。私はその手を強く握りしめた。私がクルベを見た最初である。
***
 図らずもヴィクトル・ユゴーのこの日の日記は、「死」と「再生」という対極にある事実で構成されている。「死」とはもちろんユゴーの愛息シャルルの葬送・埋葬であり、「再生」とは、民衆の自由意志で組織される義勇軍・国民衛兵隊と老若男女のパリ民衆とが、プロイセンの侵攻に対して武装解除をもって和平講和を結んだ国民議会政府の軍隊(正規軍)を打ち破り、政府直轄地を脱して自治都市として建設への第一歩に踏み出したパリ市の歓喜の叫びである。
 ユゴーは1848年の2月革命によって立憲王政から第2共和政へと移行した時に、パリ市から選出された立憲議会議員であった。しかし大統領となったナポレオン・ボナパルトの施策に強く反対したために祖国を追われた。イギリス、次いでベルギーに居を構え文筆活動に精を出すが、民衆派の文豪として名声が高かった。とりわけパリをヨーロッパの文化の中心だと捉えていたユゴーにとって、悲しみもさることながら、パリの「再生」に心を躍らせるものであったに違いない。また、パリの人々も、ユゴーと同じ思いであり、ユゴーとの「再会」は非常に心強いものを感じたはずである。二つの墓の間から手を出しユゴーに握手を求めたクルベは、そのパリの人々を名実共に象徴する人物である。つまり、彼は、後に、パリ自治市市議会議員となる人なのである。
 日記に綴られた事実がこれほどに歴史を形象するとは。
 だが、「死」はこれで終わるのではない。「再生」は極めて短期にしかすぎず、2か月半ほどで、凄惨な流血と破壊を伴って「死」を迎えることになる。歴史上「パリ・コミューン」と呼ばれる歴史的大事件に、文豪ヴィクトル・ユゴーがどのように関わっていたのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加