ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

今日も休息、少々の運動 旅記録⑤

2017年06月30日 | 日記
○5時起床、起床時室温27℃。
72.3
○伊豆、「天城越え」 旅絵記録⑤
 天城越えを果たした夜は、伊豆高原のホテルに宿泊。若いカップルでごった返していたのは予想外。そして翌朝、猛雨。このまま帰京しようと思ったが、フロントで会計を済ませた頃には雨は上がり、午前中数時間はお天気とのこと。伊豆高原駅までホテルのマイクロバス。伊豆高原駅で観光案内所で、1時間半の観光タクシーを頼んだ。このタクシーは完全に運転手任せ。運転手は乗せた客が悪かった。運転手の予定行動をすっかり邪魔をした。城ヶ崎の荒磯を眺めるのにまさか1時間も食らうとは、予想だにしなかったろう。結局吊り橋を渡って存分に楽しんだ(支援者さんが)。その後、少々残りの時間で、小さな漁港を利用したダイバーたちの「巣」をご案内いただいた。伊豆高原駅に戻り、スーパービュー踊り子号で帰京。今年の「天城越え」の旅の終了であった。











コメント

今日も休養、少々の運動、旅記録④

2017年06月29日 | 日記
○5時20分起床、起床時室温25℃。二度寝。両脚脹ら脛が攣った。
72.7
○午前中、ゆったりと生活。
○午後少々運動。少々だけれど汗びっしょり。
*左足裏着地訓練
*外階段昇降訓練
*両脚屈伸運動。お尻を下までしっかり下ろして、踵を上げないようにと精神は努めた。
*背筋腹筋訓練
○伊豆、「天城越え」 旅絵記録④
 旧天城街道の天城トンネルを潜り、(新)天城街道に抜けたあと、タクシーは、まるで天城山麓を半周するかのごとき進路を取り、念願の筏場のワサビ田へ。この日の朝、テレビでワサビ田取材の放映をしていたが、その映像の田より奥深くタクシーは進んでいく。「観光用に開放している田ではなく、許された者しか入り込めない田です。」とは運転手。1昨年訪れたところが観光用に開放されていたところだったので、それへの気遣いをして下さったわけだ。
 ワサビの花咲く様子を期待していたのだが、それは4月5月のこととか。今は、静かに、根を育てている最中。立派で上等のワサビに育て上げるために必要な、新緑の葉の拡がり、そして止まることのない、豊かで清冽な流れ。花の季節の残り香をかすかに残してくれる光景は、モンシロチョウの飛翔。そっと花に止まり羽を休める蝶をカメラに収めた。ワサビ田で働く人影を遠くに認めることが出来たのが、大きな喜びであった。ワサビ田を背景にし、記念の写真。
 来年は、清楚な白い花咲き誇る頃に、是非訪問したいと願って、タクシーに乗り込んだ。











コメント

ゆっくりと体安めの日 旅記録③

2017年06月28日 | 日記
○4時45分起床、起床時室温25℃。
*久しぶりに夢見。大きな教室で授業を受けている。英語。テキストを輪番に音読。ぼくはもう逃げ出すことばかり考えている体制を取っているようだ。あと2人でぼくの番の時、ぼくはテキストがどれほど残っているのか、テキストの次のページをめくった。段落無しの長い一文がページ末まで続き、そしてテキストはそれで終わる。隣席に座っていた女性が、あなたまで行くかもね、と言う。目が覚めた。ふーつ。ちなみ に、英語の先生はぼくのセガン研究の常なる通訳A氏、臨席の女性は埼玉大学時代のゼミ生Iさん。A氏は現在大学教員、I氏は市会議員。お元気のことと思う。
72.4
○ビニールゴミ出し。
○午後、DVD鑑賞「カサブランカ」。DVDで馴染みとなったぼくの好きな男女俳優さんが、出演しているのを知って、それぞれの台詞の口調などを、他の出演映画でのそれと比較する楽しみがあった。おかげで、ストーリーそのものが不明。もう一度視聴しよう。
○伊豆、「天城越え」 旅絵記録③
 子どもの頃に出会ったトンネルの向こうの出口で見えるであろう景色は想像することが出来なかった。トンネルは未知への潜り道。異界へと案内してくれる存在感があった。期待と不安とが入り交じった新鮮な感覚だった。今やその新鮮な感覚は完全に消え失せた。
 しかし、時として、その感覚をよみがえらせたいと憧れることもある。旧天城街道のトンネルの中を、一切の杖補助をしないで歩き抜ける勇気さえ、起こしてくれた憧れだ。500メートルの憧れだ。
 「トンネルを抜けると、そこは雪国だった。」
 川端文学の珠玉のテーマに迫り得た一瞬だった。
*写真は、旧天城街道沿いの急流と井上靖文学碑、そして天城トンネル






 
コメント

柏に出る 旅記録②

2017年06月27日 | 日記
○4時15分起床、起床時室温23℃。
*72.6 
○資源ゴミだし 2往復 地面がかなり濡れており、少し雨が残っていた。
○9時30分~12時30分 柏に出た。
*柏郵便局へ留め置き郵便物の引き取り
*プリンターインク等買い物
*新柏でライ麦パン等買い物。ライ麦パンをハナがリュックに首を突っ込んで食べ始めた。おまえ、そんなものが好きなのか?腹が減って見境が無くなったのか?
○伊豆、天城越え、旅絵記録②
 ぼくは習俗の中に正史を見る。土着の人々の強烈な生への怖れ、願い、それらを歴史文化の中に確かめることが出来るのも、手作り足運びの喜びである。
 今回の「天城越え」の旅で、観光タクシーを降りて、目に飛び込んできたある文化財に、文字通り、声を挙げて喜んだ。鐘楼である。素朴ながらも時を隔てて現存するこの鐘楼は、この地域の歴史の証言者なのだ。
 鐘楼の主明徳寺は14世紀建立というから名刹も名刹。そして、人々のもっとも切実なる悩み・願望に応えるお寺さんとして存在し続けている。その名も「東司の護神」。トイレの神様というより下半身の守神、といった方がわかりやすい。
 ついでに、ボケ防止の守護も務めておられるようで、こっちの方はぼくにとってはご愛敬的な物体にしか思えなかったのだけれど。

 トクサの茂りに心安らぐものを覚えた。

名刹妙徳寺



習俗信仰の象徴



そしてトクサ(木賊)の茂り

コメント

通所リハビリ  旅記録①

2017年06月26日 | 日記
○4時起床、起床時室温23℃。
○小雨の中、燃えるゴミ出し。
73.0
○粋生倶楽部増尾通所リハビリ
*ハードル歩行、踏み台、マット足裏着地訓練、膝上げ・保持訓練、ステップ、レッグマジック、クレージー、マッサージ、あったか姫。
*ステップで、つま先立ちでの踏み込みも試みてみた。左脚は踏み込めないのではないかと思ったが、可能。もちろん、すごく重さを感じるけれど。
○伊豆、「天城越え」旅絵記録①
 6月24日、10時半発の踊り子号にて、修善寺へ。修善寺駅頭に、ご案内をお願いしていた観光タクシー運転手さんの出迎えをいただき(支援者さん曰く、まるで、成田でのお出迎えみたいね)、通算4時間に及ぶ、タクシーでの「天城越え」の旅が開始された。
 車内でのあれこれの会話は、1昨年お世話いただいたことの思い出しから、運転手さんにぼくという人物印象を思い出してもらうこと。「あの時とは比べものにならないほど、達者になられましたね。」との言葉をいただき、2年という歳月が無駄でないことを強く実感することが出来た。
 最初の訪問地は「旭滝」。謡曲などにも歌い込まれているそうだが、高さが100メートル超のくねくねと地肌を這うように流れる滝。水涸れにあうこともあるそうだ。滝が這う地肌は火山岩。まるで蛇の鱗を見るようだ。あじさいを入れ込んだ光景など、連続で。






この滝を祭るのが大平(おおだいら)神社。その石垣をバックに、記念の写真。


*この日一日、脳内を一つの歌が流れ続けた。三浦洸一が歌う「踊子」。川端文学の「伊豆の踊子」を歌っている。吉永小百合主演の映画を見たのはいつの頃だったろうか。一高の生徒役を務めたのが新人高橋英樹だったな。映画urlでは吉永小百合が歌っている。そうだったかなあ?ぼくの記憶には三浦の歌声しかよみがえってこない。
コメント

伊豆高原へ 明日帰宅

2017年06月24日 | 日記
○4時起床、起床時室温26℃。
71.9
○今日明日と、伊豆高原へ。伊豆高原は初めてだがたんに宿泊するところ。今回の旅の主目的も、ワサビ田風景の中のささやかな散策・観察、天城トンネル内散歩。明日は小田原散策と思っていたが雨模様となると、何か別のことを考えなければいけないな。
○行ってきます。
コメント

からだ休めの日

2017年06月23日 | 日記
○4時30分起床、起床時室温24℃。
*和君の夢。彼に会った最後はいつだろう。10年も前、ということではないはずだが、はっきりとは思い出せない。夢の和君は若手青年実業家だ。近々の内に、訪問しよう。和君と語り合った日々に創っていた人間関係をあれこれ思い出す。
72.3
○軽い運動など 
*外階段昇降 左膝が外へ開いてしまう まだまだ膝周り筋力が弱い証拠
*門扉に掴まり屈伸、ストレッチ
*竹棒体操他
○明日、明後日の旅準備
*明日、修善寺・伊豆高原へ。
 宿に入る前に、時には乾いてしまうという長さ100メートルの滝周辺で遊び、筏場のワサビ田を愛で、天城のトンネルをくぐり歩く、トンネルは異界への抜け道、どんな異界を創ろうか。
 明後日の予定は未定。雨模様の予報なので外歩きは避けなければなりません・・・。 
コメント

振り替えの通所リハビリ

2017年06月22日 | 日記
○5時30分起床、起床時室温25℃。二度寝。3時に携帯メールで目が覚めた。
*三つの尖った突起物のある大きな置物が意識に残っている夢。何の夢だったのだろう。
72.9 昨日の昼の寿司と運動がほとんど無かったことがきいてるな。
○粋生倶楽部増尾通所リハビリ
*ハードル歩行訓練、かなり歩幅を狭くしての訓練、足運びを早くすることが出来るとスタッフさんに示した。左脚の後ろ蹴りあげがだいぶん出来るようになっている証し。
*マット上での着地訓練ならびにひざ上げ訓練。
*踏み台 ひざ上げ訓練をかなり多くした。
*ステップ。レッグマジック。自転車。
*あったか姫、マッサージ。
○昼食はサラダ、ライ麦パン、ミルク。
*トマト、キュウリ、黄色いデカピーマン(なまえどわすれ)、ワカメ、サクランボ、牡蠣(オリーブオイル漬け)
コメント

脳神経外科、眼科診察の日

2017年06月21日 | 日記
○5時30分起床、起床時室温25℃。
71.9 この調子でいきましょう!
○今日は11時から脳神経外科の受診予約が入っていた。お昼過ぎ、雨が激しくなりそうなので、脳神経外科の前に眼科受診をしてしまおうと、9時半に病院に着き、総合受付で両科の受診受付をした。すぐに脳神経外科から呼び出し。「先に脳神経外科を受診し、それから眼科へ行ってください。」とのこと。
 ほとんど待つことなく、主治医からお呼び。次回7月19日、エコー調査をする、とのお告げのみ。ちょっと遊んでやれと思い、「旅、していいですか?」と訊ねたら、「いいですねぇ。どこへ?」と問いかえし。「とりあえず、今週末に、伊豆高原へ。」「その後の計画あるの?」「秋に岡山を計画しています。」「いいですね。大いに楽しみましょう。」
 この分だと、船か飛行機で大洋を渡ってもかまわない、というかな?そうすると、診察は無し!・・・たぶん、だめだ、と言うだろうなあ。脳神経外科受診が終了したのが9時50分。すぐに眼科病棟に渡り、5分も待たずに、女性看護師さんからお呼び出し。眼の写真撮りと視力検査。
 写真撮りで、瞼を指で押さえて引き上げるといういつにない行為にドキドキ。ひょっとしたら悪さが進行しているのか?
「瞼、優しい指で触られるの今回が初めて。ドキドキします。」
「まつげがね、映り込んでしまうから、引き上げているの。」
 そう言われてホッとし、アホが口について出る。
「子どもの頃はまつげ、可愛いねえ。と言われたんだけどな。」
「あら、今でも、可愛いわよ。」
 一本取られた。続けて看護師さん、「顔が赤くなったわよ。」
もう、勝てませんね。素直に言うことに従うことに決めました。
 眼科医による診察も、「進行していません。症状は安定していますから、このまま、見守っていきましょう。」とのお告げ。失明への階段はまだ下りなくていいんだ、と安心した。

 病院で会計を済ませ、薬局で薬をもらい、近くのなかなか立派な寿司屋さんでお昼をいただき(添付写真)、帰宅したのが12時40分。いつもの診察の日より、外出時間が短かった今日。雨にもあまりたたられず、ハッピーだった。

○小品「12歳のメッセージ」 原作は縦組み。表記をそのままにして、以下、コピー。
「インターネット時代」(情報化社会・匿名化社会)を予感させた問題(1996年執筆エッセイ)
☆私がまだ「おじさん」と言われても通用した頃の話

一二歳のメッセージ

1.
 車椅子の少年と遭遇したのは去年のことである。
 仕事のことで気を取られて歩いていて、彼とぶつかってしまい、車椅子ごと倒してしまった。結果的には大事はなかったが、頭を打ったようだったので救急車を頼んだ。そのことがきっかけとなって、少年と文通をはじめた。文通といっても、少年はものを握るだけの握力がないので、パソコンを利用して、マウスで文字を拾って、文をつづっている。

「おじさん。

 体が思うように動かなくなっていくのは、とっても悔しいけれど、文章をつづることができるので、外に出かけることが楽しくてたまりません。だって、文をつづるためには、いろんなことを知らなければなりません。
 今日、町で見かけたこと。

  人は皆足早なれど「おおい、雲。」

 俳句を母に教わったので、つくってみました。さようなら。」

「さとる君、お手紙ありがとう。それに俳句もね。小学生にしてはませた俳句だなあ。でも、車椅子で見る世界と、おじさんのように仕事に追われてただ急いで歩いている人間から見る世界とでは、違って見えるのでしょうね。おじさんも、君のように、大空にゆったりと流れる雲を、時間を忘れてながめる心がほしいと、ほんとうに思います。さとる君。これからも俳句をたくさん作ってください。
 そうそう、さとる君、君の作った俳句をインターネットのメール通信を使って投稿して、たくさんの人から批評をしてもらってはどうでしょうか。そうすれば、多くの人と心のやりとりができるようになり、君の世界はもっともっと広がっていくと思いますよ。」

2.
 少年が、インターネット上の俳句フォーラム(「掲示板」)で様々な人と出会い、心豊かな生活を送って欲しいと願った。時間や空間、世代、社会的立場などを越えて、自由に言い合えることができるのがインターネット・フォーラムのよさだ。
 しかし、顔を合わせてものを言ったり、名前をきちんと名乗って意見を言ったり、というような日常のコミュニケーションとは違って、「どこの誰々」ということが分からなくてもすむのもインターネットを使ったコミュニケーションの特徴である。だから時には卑劣な「意見」が届くこともある。

 インターネットの通信機能を知ってから、少年は、車椅子からながめた世界のようすを俳句にまとめ、せっせと投稿する生活を送っていた。私への手紙もメール機能を通じて送ってくるようになった。
 だが、

  一二歳、虫は枯れ葉に埋まれけり

という句を投稿して以降、ぱったりと途絶えた。
 しかし、私は、少年が必ず私への何らかのメッセージを届けてくれるものと期待して、待ち続けた。

3.
「おじさん、ぼくはおじさんのおかげで、ぼくの思いを書き、人に伝え、人からメッセージをもらうことを知りました。ほんとうにありがとうございます。でも、ぼくはもう、思いを人に伝え、メッセージをもらうことをやめることにしました。
 作った俳句を投稿してきました。たくさんの人がそれに批評をしてくれました。とてもうれしく思いました。俳句の中には、ぼくが病気のためにだんだん体の力が弱くなってくるという内容のもあります。それについて、同じ病気を持っている人からも、そうじゃない人からも、たくさんの励ましをもらいました。だから、体は弱まっていくけれど、心はだんだんと強くなっていくぼくを感じることができました。
 でも、励ましてくれる人ばかりではないということを知ったとき、少し残念で、少し腹が立ちました。だから、そのことを俳句にしました。そしたら、もっともっと激しい言葉で、まるでぼくがこの世に生きていることが社会のじゃまだ、というようなことを、返してくるのです。
 ぼくは一二歳。まだ世の中のことをあまり知りません。しかし、ちょっとだけのぞいてみて、悲しい思いをたくさん知りました。ぼくの世界が広がるってこと、こんなにいやなことだったのです。

 おじさん。さようなら。」

 私は、さとるのメッセージを、俳句フォーラムに投稿した。
 すると、その日のうちに、たくさんの人から、さとるを応援してくれる俳句が、さとる宛に届けられた。

「さとる君といったかな。君に、俳句をプレゼントします。

  ミノムシや身にまといたる枯れ葉かな

 君の俳句、つらい思いで読みました。心ない人がたくさんいます。でも、そんな人たちは、心が不自由な人たちなのです。せっかくパソコンで俳句を作って自由になろうとしているのに、心の不自由な人たちに負けてしまっては、ばかばかしいと思いませんか。
 ミノムシみたいに、枯れ葉なんか、自分を守る服にしていきましょう。」

4.
  ミノムシは身を乗り出して天を見る   さとる

                        (著作権は日本標準に移譲)
(追記)今日の「インターネット」ではなく「パソコン通信」が主流の時代の出来事であるが、機能原則は変わらないので表現を改めている。
コメント

週末の「旅」の準備等の買い物

2017年06月20日 | 日記
○3時30分起床。起床時室温23℃。3時過ぎに強烈に脚が攣り目覚め。そのまま起床。6時間睡眠。
72.3
○6時~7時 児童公園で運動リハビリ
 今日の児童公園には、軽やかな足取りのジョギング婦人、カクカクと公園を真四角に歩く姿勢正しき紳士、まあ、歩きましょう、という正しき運動態度の紳士などと出会ったが、互いに他が存在しないがごとき関わりで終始。オラ、ちゃんと、お早うございます、と挨拶言語を送ったがや。世の中、小林旭の「さすらい」みたいな精神状況なのね。間違いなくご近所様なのに、「しーらぬたーこくを~ なーがれなーがれて~ おーれはいーくのさ~ あしおーとおともなーく~♫」 気楽でいいですけれどね。
 今日もラジオ体操と遭遇しました。ご婦人が加わっておりました。ぼくは避けました。
*ボール遊び ボール投げ・ボール拾い ちゃんと膝折拾いと腰曲げ拾いとを試みました、左右とも。さすが、麻痺左はきついっす。倒れずにすみました。
*竹棒振り回し等棒体操 左手で素振り、左手でボール打ち(ノック)、単純な棒体操
*鉄棒近辺で屈伸
*砂場およびその近辺、左足裏着地訓練、ならびに左膝筋肉強化訓練
*歩行訓練

○明日から雨模様だということで、今日の内に外出して旅の準備などを整える。9時30分から11時。郵便局、新柏東武ストア。明日いただこうと思い、天然有頭エビ。ちょい、贅沢を。
○今日のお昼。冷蔵庫の残りラム肉を甘辛煮にして、コンブたっぷりの讃岐うどんにトッピング。ラム肉はちょっと硬いけど、それがまた、いいんだな。おいしかった。

○7月中旬に予定されていた三志会の鬼怒川温泉行きはキャンセルとのこと。次回がいつになるのか、次回はないのか、それも現時点では不明。やむを得ない仕儀による。
コメント