ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

粋生倶楽部増尾通所リハビリ

2016年02月29日 | 日記
○6時半起床、起床時室温11度。何度も目覚め。熟睡できず。
○雨上がり。燃えるゴミ出し。
○粋生倶楽部通所リハビリ
 自転車30分。約5キロ半走ったことになる。歩行訓練30分。前後歩き、横歩き、その他いろいろ。フットマッサージ、全身マッサージ、あったか姫、その他いろいろ。今日の訓練は、昨日の疲れが残っていたため、終盤は手抜き脚抜きをさせて貰いました。発声訓練でまだ構音障害が残っていることが判明。威張る問題ではないな、ちょっと落ち込み。
○幻戯書房に書籍送料払い込み。
○翻訳書落手挨拶
 郷里の友人辻出君。「川口くんの名とともに残り、読み継がれていくでしょう。」 
 埼玉大学時代のゼミ生O君。型はめ教具を作ったことがあるとか。特別支援教室教員として「原点に戻って学習します」とのこと。
○翻訳書落手書状にて いずれもご丁寧な書簡 
 元職同僚の岩崎先生
 日生連仲間の西口先生
○総括書 「想」を超え、確かな歴史を綴る、に対する感想 旅の仲間の竹田さん
○悠平君から3月11日の自主ゼミのお誘い。新宿御苑でピクニックとのこと。連続する歩行に困難を覚えるので、残念ながら参加は見合わせる、と返事。自主ゼミのメンバーそれぞれのことが大変気にはなるし、会って話しをしたいのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本橋、三重テラス行き

2016年02月28日 | 日記
○8時起床、2度寝。起床時室温10度。夜中の目覚め3度。
 昨夜の夢も健康なぼく。しかし舞台は荒れた自然光景を難渋苦渋して歩いている。
○トドちゃんに支援をいただいて、日本橋三重テラスへ。かなり歩けるようになっている実感はするものの疲労が強かった。総武線快速が、日曜日のせいもあり、ほとんど座ることができなかったのが主なる原因だろう。通所施設で3月から復活するコーヒー淹れの豆を仕入れた後、三重テラスへ。2階のイベントコーナーでは真珠の生産工程や製品などが展示されていた。三重県立水産高校が展示コーナーを持ち、生徒の真珠加工作品や教師のそれが展示されていた。生徒複数名と少し会話。高校3年生だという。ぼくが高校生の頃〔50年以上前の話だが〕、あんなにキラキラ輝いていたかなあ。オクトパスのペンダントが秀逸だった。その後レストランに入り乾杯、そしてイセエビパスタで昼食。一人の女子店員のやる気なさについに「君はプロ客は素人!」と怒鳴った。が、何のことかもわからないだろう。店の質も落ちたものだ。その後、いろいろな品の買い物。今回もながもちを購入した。帰宅4時半。
○翻訳書受け取りあいさつ
 埼玉大学ゼミ生の敏子ちゃん。メールがラインに入っていた。自動でつながるものなのね。
 高知の元小学校長Y先生。
○N君より、総括と書評を読んでの寸感が寄せられた。「 昨日、書評と総括が届き、昨晩のうちに読み終えました。一先ず、先生のセガンとの関わりの変遷を改めて私の中で整理できたと共に、藤井力夫先生の書評等で、改めて、先生の御研究の意義を噛みしめられました。」
○ミニエッセイ
 翻訳書完成(セガン研究の終焉)のささやかな祝杯を支援者トドちゃんと、日本橋三重テラスで。セガン研究のプロセスを知り抜いているお方であり、研究の最終局面では他の仲間とともにフランスに足を運んで、セガン研究の足跡をたどって歩いてくださったお方。
 お料理の方は写真がうまく取れなかったので乾杯ビールのみ。「熊野古道麦酒」という銘柄です。お味はぼくにはわかりません、普段、飲まないので。グラス半分で頭くらくら状態。でも、気分はおいしかったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粋生倶楽部増尾通所リハビリ

2016年02月27日 | 日記
○6時15分起床、起床時室温9度。夜中の目覚め1回。3時頃目覚めたがなかなか眠りにつけない。明け方タビチョが部屋の荒らし巡回。タビチョが部屋から出て行ったあとうとうとと眠りに入った。見た夢、大学に所用のため出向いたが、未知の大学だった。久しぶりに脚の不自由のない歩行を楽しんでいたな。感覚は忘れていないみたい。現実のぼくは布団の中にいると左脚の痛みを毎夜毎夜覚えているのだけれど。
○粋生倶楽部増尾通所リハビリ。自転車30分、歩行訓練(膝上げ、爪先立ちを主に)30分、全身マッサージ、あったか姫、フットマッサージ、滑車その他。今日は数人の方個別にかなり会話ができた。
○学習院関係者:Cさん、N君、Hさん、S君から翻訳書落手の挨拶。S君は銀行マンになるとのこと。今銀行は厳しいぞlでも君らしい洗濯ではありますね。
○埼玉大学関係者:H君、O君、コケちゃん、こんちゃんより翻訳書落手の挨拶。コケちゃんにはセガン研究のプロセスをお話ししてきたから、それを受けての感想も綴られている。ぼくは「やっと自由になった」と返信した。
○通所施設の仲間に差し上げた方々から、読み進めている、とのご挨拶 ありがたいことです。
○翻訳書献呈のお返しに、自家製のキンカンのはちみつに、ゆずのジャム、大きなレモンその他。有さんより。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確定申告の書類作り準備

2016年02月26日 | 日記
○7時起床、起床時室温9度。3時過ぎに目覚めて後はよく眠れず。同調圧力、場を読むことの意味に苦しめられる思考
○マイちゃんが勤務高校が決まり、昨日挨拶に行ってきたとのメール。何高校か記してないので3月2日に教えてくれるのかな。
○9時過ぎから11時前まで外出。郵便局でN君宛総括と書評投函。引き続いて朝の散歩。主として東武ストア。A4紙他購入。やっぱりぼくの御用達の店だ。
○書評掲載誌、幻戯書房より届く。献本送付作業は完了したとのこと。ありがとうございました。

○確定申告に必要な書類を整える作業。電子申告を心づもりしている。昨年はいとも簡単だったから。今年はもっと簡単なはずだ。
 一時間間固定姿勢を取ることが苦痛なのは困ったものだ。結局具体的な書類づくりは明日の午後に回すことにした。
○昨日のN君の書簡の続きを・・・。
「私自身、後年の人生において先生の伝記、若しくは先生の「研究」を編著等の可能性も模索しつつ著せればなどという望みを持っております。関係無い話に脱線してしまうので、後日、お会いした時に改めてお話ししましょう。」
 N君の「後年の人生において」なすこと(なそうとすること)の中にぼくの「伝記」や「研究」の編著を入れるというご希望を、誰も抹殺することはできない。ただ、ぼくの存命中の仕業であるというのなら、止めてください、と懇願する。ぼくが死んでからのことはぼくにはまったく無縁のこととなりますな。お節介ながら申し述べると、N君のお心の中に川口何某のことを世に伝え広めるというのがあるとするならば、「世」の方は無視を決め込むことだろうと断言致します。アヒルの水かき人生など、興味持たれませんって。というより、「世」に何らかの意味を提言するrことは無いのが川口何某の生き方なんじゃないかなあ。まあ、語り合いましょうぜ。
○幻戯書房から献本した方々から落手のご挨拶が届き始めた。大学の後輩〔弘美君と同年〕の教育学者のN君、学習院着任すぐの受講生で哲学者のKさん。最近知己を得た三重の平和活動家にして詩人のTさん。いつもながら丁重な方たちだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も、何をして過ごそうか、探す一日

2016年02月25日 | 日記
○6時半起床、起床時室温9度。夜中の目覚め1回。左脚甲と土踏まずにかけて、伸びをした時に痛みが走る。しかし以前ほどにはその痛みは強くない。大学驚異の夢。どうしようもないボランティア指導。
○燃えるゴミ捨て。雑木林の木々の葉がうっすらと雪化粧。冬はこれで終わりだろう。
○昨日入力した書評の校正。ページレイアウト調整、印刷、宛名書き、投函作業。
○午後、約40分、「庭」並びに「外階段」等で運動。階段の上り下り、階段1段を使って「踏み台」訓練、洗濯干しの支柱を頼りにしてストレッチ、脚の前後左右揺さぶり、相撲の四股、竹の棒を使って棒体操あれこれ、止めに支え無しの歩行〔移動せず〕、走行(あくまでも気持ち程度だろう)。体をよく動かしました。運動すると、やっぱり、体全体が軽くなります。
 そうそう特記事項!左足で空気がかなり抜けたビニールボールを蹴る運動もやったが、この時に、たんに転がすだけじゃなく、一段高いところに蹴り上げるという恐ろしい試みをやってみた。できました!!あと、支え無しの片足立ちのチャレンジ。右は難なくできるけれど、左は相当難しい。一回だけ10数えて立った。
○N君からゆうパック〔箱〕が送られてきた。手紙と旅のお土産。気持ちの優しい青年です。ありがとう。ぼくの今回の翻訳書入手希望が綴られ、ぼくのセガン研究のプロセスに心を添わせてくれている。体は大変な状況のようだが、声が明るい。うれしい春の兆しだな。
N君からいただいた手紙の中から、邦訳書上司祝いに関して、載せておきたい。カッコ書きは省略多々。
「御著書『初稿 知的障害教育論 白痴の衛生と教育』を完成為された事をブログの方で知りました。先生が、さる御方からの依頼を受けて以降、「一次史料を用いた研究の徹底」やさる御方との「決別」等を経、時には文字通り御命をすり減らしてまで、追究し続けてきたセガンという人物(青年)についての研究の御到達の一つであると、日頃先生から伺っていた御言葉などを踏まえつつ受け止めている次第です。すなわち、一次史料・当時の文化社会的背景を踏まえた、このセガンの1843年論文の一(又は零)からの邦訳が、セガンの今までの研究ともいえない「研究」を批判・書き換えていく御研究として、です。
 私自身がその辺りの事は不勉強な為、また、先生の研究者人生を全て理解・咀嚼し尽くせていると自信を以て言い切ることができない為、有意義な言葉を述べることはできません。しかし、先生が御在職中から継続的意欲的に、御退職後には御身体に迫る「リミットと向き合いつつ、コツコツと研究を積み重ねられてきた事を、会話させて頂いたりブログ等を拝見したりする中で知ることはできました。だからこそ、感情的にこのような書状をお送りしてしまいました。
 改めまして、御著書の完成に言祝ぎを申し上げます。
 また、お体の方、今後ともご自愛くださいますよう願っております。・・・・・」
 ありがとう。「リミット」のこと、ご心配おかけしています。何とか迫ることがなく上梓できたこと、心より、喜んでいます。が、まだ迫ってくるのか迫ってこないのか、分かりません。無理をせず、楽しく、日々を過ごそうと思っています。、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加