ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

1842年第1実践記録より(2)

2018年01月14日 | 研究余話
(承前)
Messieurs, votre confiance m’a appelé à la fois aux incurables hommes et femmes, et je n’ai pu m’occuper que des premiers; j’ai douté, non de ma méthode, mais de mes forces, et je les ai concentrées sur un seul point.Ce parti était d’autant plus necessaire que, ne pouvant passer plus de quatre heures par jour auprès des enfants, je dois vous avouer que cela ne suffit pas. Sans doute, et je me fais un devoir de vous l’affirmer avec reconnaissance, j’ai trouvé le concours le plus empressé dans M. le directeur des Incurables et la bonne sœur qui sert de mère aux pauvres idiots; mais je n’ai pu trouver un homme actif et intelligent qui continuât mon action et mon enseignement en mon absence. Huit heures sur douze sont donc perdues par des enfants infiniment arrièrès, tandis que les enfants ordinaires travaillent deux fois plus: quelle disproportion ajoutée à celle que la nature a fatalement établie entre eux! Donnez-leur un sunveilalant viril, et vous pourrez en peu de temps transformer presque tous ces malheureux en ouvriers plus ou moins intelligents, j’en réponds. Pour moi, je puis déjà doubler le nombre de mes élèves sans nuire aux progrès des premiers; dans trois moins je pourrais en diriger quarante, et, avant la fin de l’année, un bien plus grand nombre. Mais pour dix comme pour cent il faut que la surveillance soit comme le travail, de tous les instants; c’est moins une education qu’une incubation; je l’ai entreprise et ne demande qu’un peu d’aide pour réussir: bien sûr, Messieurs, que vous saurez apprécier une œuvre d’intelligence et de charité. FIN

 皆様方のご好意によって、私は、男子不治者救済院と女子不治者救済院に同時勤務を命じられましたが、前者の方にしか身を置くことができませんでした。我が方法にではなく、我が力量にためらいがあったからです。それで私はただ一カ所に集中しました。この選択は、子どもたちを1日4時間以上は見ることができないので、十分ではなかった、とあなた方に正直申し上げなければなりません。間違いのないことなのです。つまり、私はあなた方の承認をしっかりと得ているのですから、事に当たる義務はあったのです。不治者救済院管理者氏と哀れな白痴たちの母親役を務める善良なシスターのもとでの非常に熱心な貢献がなされているのを、私は見てきております。しかし私は、私が留守にしている間、私に代わって私がすべき活動や教育に携わる活動的で知性ある男性を、一人として、見いだすことができませんでした。12時間のうち8時間は、知的に遅れのある身体障害を持つ子どもたちに時間を必要とするのです。それは、普通児が学習する2倍以上です。こうした問題に加えて、本性が子どもたちの間に宿命的にもたらしている問題もあります。彼らに男性の看護人をつけてください。そうすれば、これら哀れな者たちのほとんどすべてに、あまり時を必要とせず、多かれ少なかれ知的な働きに変化が現れるはずです。私はそう申し上げます。根源的な進歩を損なうことなく、教える生徒数を2倍にすることができると、私は確信しています。3ヶ月以内に、私は40人を指導することができるようになるでしょう。そして、1年後にはもっとたくさんの生徒を指導できます。しかし、10人であっても100人であっても、どのような時の間も、保護観察は必要です。それは、教育というより孵化を待つことでもあります。私はそのことに取りかかります。ほんのわずかの援助をいただくだけでよいのです。皆様方が知性と博愛とを高く評価してくださることは、申すまでもありますまい。 終わり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セガンの食文化観 | トップ | セガン、1842年第2著書翻訳(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。