ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

ぶんぶんぶん 蜂が飛ぶ♫

2018年11月07日 | 研究余話
 千葉県市川市、法華教寺にて、秋探しの一日


 残念ながら、銀杏の木は台風による塩害の被害を受け、「半身」が無残な姿。他の木々も、高揚処ではない、という感じ。
 寒々として、我が研究の心のよう。
 改題の片隅の菊の花々に、蜂など、小生物が集まっていた。蜂の飛翔ぶりの撮影。残念ながら後ろ姿。それでもきれいに写せたと自画自賛。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あの人は半可通で学者だとか | トップ | セガンをパワポで表現してみる⑧ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。