ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

歴史の一コマの謎解き

2018年11月30日 | 研究余話

 1839年6月20日の日付の入った『子息の教育についてのO氏への助言』(邦訳題)と題する小冊子がある。エデュアール・セガン27歳の第2著作物だ。この書の解題的なことは拙著『知的障害教育の開拓者セガン 孤立化から社会化への探究』(新日本出版社、2010年)第3章に譲る。以下は今も持ち続ける課題意識。

 書名タイトルにあるO氏とは実在の人物を指して言っているのか、それとも匿名人物か。実在の人物とするならば、それは誰のことか?未だどなたも考察なさっていないから、世界のセガン研究史上、大した問題ではないと扱われてきたのだろうな。
 「白痴の子ども」は、救済院(精神病院)に「捨てられる」か、家庭内で養育されるかしかなかった時代背景。家庭内養育事情の多数は禁治産から逃れるために「白痴の子ども」にその制度対応の能力育成が必須となる。
 セガンの白痴教育実践の「成功」(1839年発表「第1著書」)はヨーロッパ世界を驚かせ、喜ばせた。それまでは、「執事」等の手によって何とか禁治産を免れるためにあれこれ画策してきたが、教育によってそれが可能になる!という「喜び」の発見でもあった。跡取りの子ども自身に家名・財産継承宣言を公的に行わせることができる!
 そういう有資産階級の某人からの我が子の教育内容と方法とを綴ったテキストをかいてほしい、という要請がセガンになされ(当然、相当額が支払われたはずだ)、セガンがそれに応えて著したのがくだんの小冊子ということになる。

 この点から言えば、O氏は実在の人物であり匿名者でもあろう。実在の人物だとしたらそれは誰か?セガンをサン・シモン教徒として入門機あれこれと濃密な教育をしたオランド・ロドリグ最高神父であろうと、推察している。セガンが、知的障碍者の社会的自立に取り組んだ「労働者の権利クラブ」の中に、「オランド・ロドリグの息子」がいる。彼は知的障害者であったと強く推測されるのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 誤訳、誤読、低学力、権威主... | トップ | 思い出:フランス・パリ生活... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。