ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

「セガン」をパワポで表現してみる④

2018年10月27日 | 研究余話
 特級コレージュ、サン=ルイ校での教育・学習・生活の姿はどのようであったのか?サン=ルイ校は「監獄」との異名を持っていることは調べた。フランスにおけるエリート養成は、明日の将校をモデルにしているから、規律厳しく、画一的で、強制・脅迫的であることは間違いない。それをセガンの言葉で語らせる必要がある…、。
 1846年著書の末尾部に「万力」という表現を使って教育批判をしているし、1875年著書に、フランスのコレージュ全体に見れる傾向として、自由性なき管理教区を批判している。それの具体をどこにどのように見出すか。
 寄宿学校である特級コレージュの全体傾向を見るには、共同寝室(ドミトリー)に対するセガンの記述を見出せばいい…。
 次のようなパワポ頁となる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「セガン」をパワポで表現し... | トップ | 今日はセガンの命日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。