ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

今日はセガンの命日

2018年10月28日 | 研究余話
 今日は、通称エデュアール・セガンの命日。彼は1880年10月28日、赤痢罹病のため、アメリカ、ニューヨークの自宅で死亡した。死亡を届け出たのは、結婚してほどない新妻エリーゼ。セガンの教育・研究の助手を務めた人だ。

 添付したのはセガンの死亡届(証明書)。私にとって興味深いことは彼の届け出氏名。Edouard O. Seguinとある。
 アメリカ生活の中でセガンが署名に使っていたのはEdward Seguin。フランス時代にはEdouard Seguinをもっぱら使っていた。
 では、セカンドネームの省略表記O.は何か?彼の父親のファーストネームの後綴りの頭文字。・・・

 ヒトの名前にはその人のすべてが込められている。親の願い、本人の使用思想、遺族の聞き伝え…。そんなことなどをあれこれ「空想」させてくれる人、セガン。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「セガン」をパワポで表現し... | トップ | セガンをパワポで表現してみる⑤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。