ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

セガンをパワポで表現してみる⑦

2018年10月31日 | 研究余話
 朝、病院に出かける前に、これまでの講演パワポを点検。昨日作成の面は、どうも気に入らない。法学部校舎がまったく意味をなさないでいる。それで、作り変えることにした。タイトルも「第二の誕生」ではなく、まさにエリート街道から降りたこと、そしてその実態の表示。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セガンをパワポで表現してみる⑥ | トップ | あの人は半可通で学者だとか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。