ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

草稿:「第二の誕生」を考える ーある歴史を切り開いた人の実相から (8)

2018年10月15日 | 研究余話
承前

 セガンは、人々に交じって、革命演説に耳を傾け、そして行動に立ち上がった。ドミトリーでの馬鹿騒ぎをパリの街路に持ち出したのだろう。彼の手には、軍隊と闘うにふさわしい武器が携えられていたのであった。後年、セガンは、ソルボンヌ広場でのサン=シモン教徒による伝道集会に参加することになる。
 ただ、セガンは、この辺りの事情、出来事は一言も自著に綴っていない。しかし、1830年革命でルイ・フィリップ立憲王誕生に功績のあった者の褒章授与の勅令集および被授与者名簿に、功労賞受賞者の一人として、オネジム=エデュワール・セガンの名を見出すのである。授与式典は1831年5月13日、パレ・ロワイヤルで行われた。先に示した年譜にあるように、この時セガンは、すでに、パリ法学部に学籍を置いている。1830年11月のこと。特級コレージュ・サン=ルイ特別進学クラスの課程修了をすることもなく、超エリートへの階段を下りたのである。これは、間違いなく、7月革命への参加が直接の引き金となったのであった。
 父親ジャック=オネジム・セガンと同じ職業世界(医学界)に生きる意志をまったく示さない法学部、そして、この時以降に公刊したセガンの各種論文・著書の著者名、またセガン自身が起草する公的請願書等に、「オネジム(Onesime)」の名を欠落させてもいる。それは、父親と息子とをつなぐファーストネームの一部である。
 こうして、若鳥は、親の育み(羽包み)から飛び立った。セガンの少年期は、ここで終止符を打つ。それにしても、なぜ「法学部」に進路を定めたのか。あるセガン研究開拓者は「セガンが人権に目覚めたからだ」と私に断言したが、それは虚妄による虚言としか評しえない。この時代の「法学部」は、ナポレオンI世の実学主義教育改革の目玉の一つであり、人権という思想哲学とは無縁の法律処理術修得の場として、古典法学主義の場「法学校」を改組して創設されたものである。課程修了しても、せいぜい法廷弁護士か地方自治体の中間役人の職、あるいは新興産業 のサラリーマンぐらいしかその進路はなかった。セガンの後年の白痴教育とかかわらせて「人権に目覚めた」というのは、あまりにも早計な断言だろう。
 やはり、なぜ「法学部」なのかの解は見出すことはできない。なお、セガンは学籍簿上で理解できることは、法学部を修了していない。にもかかわらず、 1841 年の妹の結婚にあたっての立会人宣誓署名に「弁護士」との肩書をつけている。明らかに 虚偽なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 草稿:「第二の誕生」を考え... | トップ | 「セガン教具」に思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。