ガタゴトぷすぷす~外道教育学研究日誌

川口幸宏の鶴猫荘日記第2版改題

雨模様につき、終日在宅

2016年04月13日 | 日記
○7時起床。起床時室温16℃。学生、教員、OB三者共同の行事が終わった後の総括集【報告集】づくりをどうするか、というくだらない夢。
○ビニールゴミ出し。雨が降っているらしいことは地面が濡れている、傘をさしている人もいる、ということで分かる程度。鶯の声は届かない。雨戸開けは西側半分だけ。
○朝のうちの運動。今日は左脚の動きが活発ではない。時には引きずってしまう。つま先上げも小指が床についてしまう。「寒さ」故の機能不活発なのか。廊下を幾度も往復。脚上げを強く意識し、時に高くゆっくり、時に早く大幅で。階段を使って段踏み70回×2。両足屈伸10回。かかとが上がらないように強く意識して。
○夕刻。雨が上がったので、外で。外階段昇降20往復。四股踏み片脚30回計60回。右脚を上げ左脚を静止するのがなかなか難しい。棒体操いろいろ。
○パリ・コミューン議会1871年3月29日第1回議事録検討。執行委員会、各種委員会名簿作成。<意気盛んな>研究書によっては、委員会システムを、内閣、各省制度と理解し、「三権分立」であったと強弁するが、さて、どんなものか。3月28日の第一回議会で、パリ・コミューンをヴェルサイユ政府に対する軍法裁判の場(軍法会議)だと強く主張する者がおり、「司法」が独立しているという認識と実践は無いとみなすこともできよう。
○志摩書簡入力作業続き
コメント