世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

ヤングケアラー問題に通じる映画 『私だけ聴こえる』 とても勉強になりました

2022年06月30日 | 政治&社会情勢
先日、友人に誘われて映画『私だけ聴こえる
 
を観ました。
 

 

パンフレットにもあるように、

「耳の聴こえない親を持つ、耳の聴こえる

子どもたち」の日常や苦悩を描いたドキュ

メンタリー映画です。

 

タイトルの『私だけ聴こえる』とは、そう

いう意味だったのですね。

 

耳が聴こえない親たち、聾の世界の人たち

と手話で話し、通訳をし、常にその役割が

期待されている子どもたち。

 

自分は健常者でも、健常者の仲間には入れ

ない…。居場所がない…。

 

これは、いわゆる「ヤングケアラー問題」

に通じるものと思いました。

 

また、私が議会で取り上げた「障がいのあ

る兄弟姉妹のいる子どもたち」の孤独

悩とも共通していて、とても勉強になりま

した。

 

東京は、シアターイメージフォーラムにて

上映中です。

関心がありましたら、ぜひ、ご覧ください。

 

  (←ぜひ応援のクリックをお願いします!)

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第3 です。

  田中優子Twitter → https://twitter.com/setagaya_tanaka


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大活躍している友人の翻訳本... | トップ |  『私だけ聴こえる』 が下高... »
最新の画像もっと見る

政治&社会情勢」カテゴリの最新記事