世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

学校は避難場所にもなるところ。エアコン、あった方がいいと思います!

2015年02月22日 | 政治&社会情勢

先週、所沢市で住民投票が行なわれたことが話題となりました。

「小中学校のエアコン設置」 の是非を問う住民投票でした。

 一度、「設置する」と決まっていたのに、市長が取り消したため、

反発する住民たちが立ち上がり、住民投票となったようです。

【正式名称】

防音校舎の除湿工事(冷房工事)の計画的な実施に関する住民投票

 

以下、NHKニュースより。

2月15日に投開票が行なわれました。 

 

この、「東日本大震災を経て、快適で便利な生活を見直すべき」

というのは、ナンセンスだと思います。

「東日本大震災」の教訓から言えば、小中学校は避難所となる

ので、むしろエアコンがあった方がいい、と思います。

小中学校のエアコンの設置は、児童生徒のためだけでなく、

いざ災害という時には、一般市民にとっても必要なもの、では

ないでしょうか。

 

 

投票結果は、 「住民投票の条件」をクリアできなかったようですが、

しかし、昔とは違い、ヒートアイランドと化した日本列島ですよ。

そのうえ、亜熱帯気候となってしまったような暑さ!!

それにもかかわらず、窓を締切で授業を受けろというのは無理難題

ですよねー。

 

 

ちなみに、東京都の小中学校のエアコン設置率は99%です。

所沢市長はどう判断するのでしょうか…。

 

 

政治家(市区町村)人気ブログランキング、481人中、第2位です!    

応援ありがとうございます!引き続きクリックよろしくお願いしまーす  にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ  

    ぜひこちらもクリックを  


日本ブログ村バナー

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村