世田谷区議会議員・田中優子の活動日誌

「区議会議員って何をしているの?」がわかるブログです。議会報告、議員活動、趣味・日常・プライベートもアップ!

映画「東京オリンピック」とてもよかったです! !

2019年06月26日 | 議員活動

6月20日、「東京2020大会・400日前イベント」の映画

「東京オリンピック」上映会に行ってまいりました。


“記録映画”ぐらいの認識でそれほど期待していなかったの

ですが、とても良かったです!!


開会式はじめ、色々な競技のハイライトがふんだんに盛り

込まれている映画でした。


それだけでなく、応援している人々の姿、裏方で支えてい

る人たち、上皇・上皇后(当時の皇太子ご夫妻)が応援し

ている姿等々、貴重な映像がたくさんあって、観て良かっ

た!と思いました。


何度も鳥肌が立つような感動を覚え、東洋の魔女(バレー

ボール)の決勝の場面ではウルウルきてしまいました。


来場者にはオリンピック関連のバッジのお土産が。

左より、世田谷にある馬事公苑で開催される「馬術競技」

の記念バッジ、オリンピック・パラリンピックの公式バッジ

アメリカ選手団のホストタウンとしての世田谷区のバッジ。

 

友人曰く、

映画「東京オリンピック」は芸術映画ですよ~。
市川昆監督ですからね。
これに影響を受けて、クロード・ルルーシュ監督がグルノーブル
冬季オリンピックの記録映画「白い恋人たち」を作ったのは有名です。

だそうです💕


(ただ、当時は、あまりにも芸術的すぎて?人々がついていけなかっ

たのか、評判がよくなかたそうですね…)

  

  (←応援のクリックをお願いします!)

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

ひきこもり経験者が運営する渋谷エールシンポジウム(6月29日)

2019年06月25日 | お知らせ

私が議会で「ひきこもり8050問題」を最初に取り上げた

のは昨年の10月(決算委員会)ですが、続けて、今年3月の

予算委員会においても、実態調査を早急に行なうべきである

ことを提案しています。


その後、悲惨な事件が起きたことがきっかけとなり、社会の

関心が急に高まっています。


世田谷区においても、民生委員の方々に協力していただき、

ひきこもり実態調査をすることとなりました。

議会質問の一つの成果だと思いますが、しかし、まだまだ

やるべきことはあると思います。


そんな中、6月29日に「ひきこもり経験者が運営する渋谷

エールシンポジウム」というイベントが開催されます。

 

 

 

 

ひきこもり問題に関心のある方の参考になるのではないか

と思います。

 

  (←応援のクリックをお願いします!)

  ただいま、政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。


6月30日まで「石ノ森章太郎展」開催。(世田谷文学館)

2019年06月24日 | 議員活動

世田谷文学館にて「石ノ森章太郎展」が開催されています。


  6月17日 東京新聞

 

 

私は小学生のころ「サイボーグ009」が大好きでした💕

石ノ森章太郎さんの作品ですね。


それから、「マジンガーZ」と「デビルマン」。

この二つは永井豪さんの作品。


この3作品にはどっぷりハマっていました。(笑)

 

今月末(6/30)までですので、「石ノ森章太郎展」に興味

のある方は、この機会を逃すことのないようお出かけ下さい。

 

  (←応援のクリックをお願いします!)

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2位 です。


区議会最終日、あべ力也議員の「議決権の放棄」ともとれる行動により、本会議が4時間も空転しました。

2019年06月23日 | 議会報告

令和になって初めて、改選後初めての「世田谷区議会」

が、6月21日に終了しました。


その日(本会議最終日)は13:40に終了予定でしたが、

「原発ゼロ社会の実現を求める意見書」の採決直前に、

あべ力也議員が「反対を表明しておきながら本会議を

退席する」という、議員としてあり得ないことを押し

そうとして、「議事進行の動議」が出され、議会が

ストップ!!

 

あべ力也議員は、これまでも、ひんぱんに退席を繰り

返し、傍聴に来た区民の方から「とんでもない議員が

いる!」と指摘されていますが、まさか議決の時まで

退席とは?!(それって議決権の放棄ですからね)

 

一人会派なのだから、会派内で意見が分かれることも

ないのに、いったい何なのですかね。

 

このあべ議員のご都合主義のせいで、議会が4時間も

空転しました。

20年も議員をしていながら考えられない行動です。

(怒💢💢💢


この「原発ゼロ社会の実現を求める意見書」(議員

提出議案)は、私も提案者の一人となっていますが、

賛成多数で可決されました。

(反対したのは、自民党、公明党、あべ力也議員、

青空こうじ議員)


 

それに関して、もう一つ、呆れたことが。

保坂区長がツイッターで、以下のようにつぶやいていた、

のです。


 


何なんですかねー、この、保坂展人区長の、自分が何かを

成し遂げたような書きぶりは。

これ、区長とは関係なく、議会でやったことなんですけど。 

 

  (←応援のクリックをお願いします!)

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2位 です。


議員控室のベランダに鳩が巣を作っています。でも卵ひとつ放置…(涙)

2019年06月22日 | その他

区役所第2庁舎の5階に、各会派の議員控室が並んでいますが、

先週から、うちの会派の控室のベランダにハトが巣を作っている

のを桃野芳文議員が発見!!

その時は、母ハトは奥の方で巣を作っていたようですが、生まれ

たてのような小さいひなと、卵が、まさに放り出された状態だっ

たそうです。

 

議会事務局の職員にお願いして、そのひなと卵を母ハトがいる奥

の方に置いてもらったのですが、、、再び卵は放置されてしまい

ました。ネグレクトですね、、、

 

この写真の奥に母ハトがいるの、わかりますか?

 

 

その後、数日経って、ひなはだいぶ育ってきました。


でも、もう一つの卵は、このように悲惨な状態、、、

  


こんなところにハトが巣を作って子育てをするなんて、驚きです!!

私たち、一応、毎日、観察しています。 

 

  (←応援のクリックをお願いします!)

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2位 です。


五輪チケット、偽メール注意!!

2019年06月21日 | 政治&社会情勢

昨日(6/20)はオリンピックチケット抽選の発表がありましたね。

私は1枚も申し込んでいないので関係ないのですが、

友人が「全部で200万円分ぐらい申し込んだけど全てハズレた。

全部当たってたら破産したけどね〜」と言っていました😱💦

 

早速、オリンピックチケット詐欺が発生しているようなので、

皆さま、お気をつけください!!

 

以下は、6月20日の東京新聞の記事 

 

  

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


7月13日〜15日「竹田市フェア」のお知らせ〜農家がプロデュースする 野菜専門店MERCATOさん主催

2019年06月20日 | お知らせ

7月13日(土)〜15日(月祝)、農家がプロデュースする

野菜専門店MERCATO()さん

(自由が丘駅北口徒歩3分)が「竹田市フェア」を開催する

そうです。


友人の内田かなこさんが、美味しい食べ方のレシピを監修

しています。


大分県竹田市の特産品が並ぶフェア、すっごく魅力的です!

これは行きたい!!

 

 

 

そもそも、私は(恥ずかしながら)竹田市、と聞いても、どこに

あるのかわかりませんでした。

大分県、なのですね。

しかも、「たけだ市」だと思ったら、「たけた市」なのですね。


なんとか時間を作って行ってみたいと思います。


ちなみに、竹田市の岡城址は、NHKの全国放送「日本最強の城

スペシャル」で日本一に輝いたそうです。

今月16日(日)午後4時10分から再放送されることが決定した、

と、市長のブログにありました。

https://www.city.taketa.oita.jp/mayor/blog/?id=743

録画して見なくちゃ!と思います。
 

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


「あやめマルシェ」毎週火曜日、世田谷線三軒茶屋駅前にて開催!採れたて野菜が安価で美味しい〜❤️

2019年06月19日 | 議員活動

毎週火曜日、三軒茶屋駅前で「あやめマルシェ」やってますよ🥦🥬🥕🍅🍆

(7月30日まで)


昨日、区政相談で区民の方にお会いするため三軒茶屋に出かけたら、

世田谷線を降りた所(八角堂)で採れたて野菜を売っていました。

昭和女子大、明治大学、世田谷区産業振興公社等々の関わりで運営

されている「あやめマルシェ」だそうです。

  

 

 

朝採りのブラウンマッシュルームは生のまま食べられるというので、

 夜、帰宅後、ブラウンマッシュルームとビーツのサラダを作りまし

 た。

 

オリーブオイルと塩とブラックペッパーで和えただけですが、これ

 が(どちらも生で食べられ、)すっごく美味しかったです。

 

主催団体のホームページに詳細、載っています。

 


  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


7月1日応募受付開始(〜31日)!!「世田谷246ハーフマラソン」はふるさと納税で出場できる可能性が高まります。

2019年06月18日 | 議員活動

7月1日〜31日、「世田谷246ハーフマラソン」の申し込み

を受け付けます。

いつも競争率が4倍くらいの激戦ですが、 我こそは!と思う

方、ぜひ、エントリーしてくださいね。


 

 

もう一つ、お知らせですが、世田谷区にふるさと納税をすると、

優先的に「246ハーフマラソン」の出場権が得られる、とな

っています。(先着200名)

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


久しぶりの快晴!富士山と月が綺麗でした。

2019年06月17日 | 趣味&ホッと一息

一昨日は大雨で、深夜には雷も鳴っていましたが、昨日は

久しぶりに気持ちよく晴れましたね。

しかも真夏の暑さでした。


昨日は、赤堤小学校で「ともだちつくろう ふれあいサンデー」

開催されていたので、行ってきました。

(その報告は後日あらためて)

 

さて、快晴の日が暮れようとしていたころ、自宅マンション

のベランダから、西の空に、久しぶりに富士山がはっきりと

姿を現しました。


夏の富士山は黒くてちょっと怖い感じがするので、少し雪

が積もっていた方が好きではありますが…、

でも、富士山って、やっぱり、見えるとラッキー!という

気分になります。


同じ夕刻の時間帯、反対側に月が美しく輝いていました。


富士山の空は夕焼けでオレンジ色。

月が出ている空は青く、同じ時間帯の同じ空なのにこんな

違うんだ〜、と、あらためて感動しました。

 

自然が織りなす色は、神秘的で素敵ですね。


日頃、知らず知らずのうちに感じているストレスが癒される

ような気がしました。

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


「マタニティスイミング」の同窓会 ”親子コンサート” に行ってまいりました♬

2019年06月16日 | 日常生活&プライベート

6月9日(日)、TAC(東京アスレチッククラブ)のマタニティ

スイミング教室の恩師、金澤直子先生主催の ”同窓会” のような

”親子コンサート" に友人たちと行ってまいりました。


私、シンクロナイズドスイミングでデュエッのパートナーだった

友人(国際審判員の資格も持っている小川みゆきさん)、高校の

同級生の村松聖子さんとお嬢さんとお孫さん二人、という6人で

参加。


”親子コンサート” では、子どもたち向けの楽しい手遊びや童謡を

歌い、次に、お母さんお父さんたちのなつかしの歌の時間があり、

と、楽しいプログラムが満載です。


右にいらっしゃるのが、マタニティスイミングの恩師、金澤直子

先生。今年、84歳になるとは思えない、お元気です!!

 


途中で「体を動かす時間〜!」と、突然のご指名があり、私が登場!

元体育の先生だったから、のご指名だと思いますが、みんなで簡単な

リンパを促す体操をしました。


マタニティスイミング卒業生のみんなで先生を囲んで記念撮影

   


高校同級生のお嬢さんとお孫さんたちと。

長い髪が同級生のお嬢さん。彼女が赤ちゃんだった頃からもう30年

以上経つのかと思うと、愕然とします、、、

お孫ちゃんたち、とっても可愛い!!

 

 

このマタニティスイミング教室では中学校の同級生も偶然一緒

だったし、本当に多くの知り合いが、金澤先生にお世話になっ

た、と言っています。

  

金澤先生のすごいところは、次々やってきて次々卒業していく

マタニティスイミングの生徒(プレママたち)のことをとても

よく覚えていらっしゃるところです!


学校の先生のように、受け持った学年とかクラス、というもの

があるわけではなく、誰がいつ誰と同じ時期にいたかが混ざり

合っていて、何年度卒業というものもなく、常に入ったり出た

りしているのに、本当によく覚えていられるなぁ〜!!と思い

ます。


金澤直子先生の著書 『ヤンババの出産・子育て知恵袋』 

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


6月22日「久保田早紀(現:久米小百合さん)チャリティーコンサート♪」東京新聞に掲載されていました!

2019年06月15日 | お知らせ

6月10日のブログでお知らせした「わんぱくクラブ」のコンサート
   ↓          ↓          ↓
久米小百合(あの異邦人が大ヒットした久保田早紀さんの)コンサート♬6月22日(土)by わんぱくクラブ育成会

のことが、6月13日の東京新聞に大きく掲載されていました。


   

♪異邦人♪ 好きだったなぁ〜 、という方、貴重なチャンスです♬

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


6月17日(月)17時〜、FM世田谷(83.4MHz)で代表質問が放送されます。

2019年06月14日 | 議会報告

6月17日(月)17時〜、FM世田谷(83.4MHz)で、12日の

代表質問が放送されます。お時間があったら聴いてください📻

 

 

  


 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


「給食費の無償化」は所得制限付きの「一部補助」に過ぎず、「就学援助」は半分が置き去りにされている、という問題〜代表質問より

2019年06月14日 | 議会報告

6月12日におこなった会派代表質問より、

「給食費の無償化」は、所得制限付きの「一部補助」に過ぎず、「就学援助」は半分が置き去りにされている、という問題、の部分を以下に掲載します。


  • 「保坂区長の取り組むべき基礎的課題」について、まず、「財政規律と財源確保」の問題から伺います。
  • 保坂区政になって、8年が経ち、また新たな4年が始まってしまったわけですが、保坂区政の一つ特徴的なことを申し上げると、財政規律の問題も、財源確保の問題も、その「出どころ」、もっといえば「こじらせ元」とも言えるのは、そのほとんどが教育委員会にたどり着く、ということです。
  • 新教育長は、これらの議会での議論はどれほどご存知でしょうか。
  • 平成26年に明らかになった、予算書にもその説明書においても記載のない、保坂区長のオランダ視察旅行。その後の説明では、教育委員会の「教職員研修費」の中にあるという極めて不自然なものでした。保坂区長は教職員なのでしょうか?
  • しかも、保坂区長はそのオランダ視察の成果を全国紙のデジタル版で発表し、原稿料をもらっていた、という続きもあって、税金で取材旅行ではないか、と問題になりました。
  • また平成30年には、同じく教育委員会でイタリア海外視察が行われましたが、突然、予定にはなかった教育長の参加が、理由もなく追加され、支出項目に困り、予算計上していない「近接地外旅費」で押し切りました。 
  • 区長や教育長のこのような突然のワガママな行動に税金が使われている問題を、私たちの会派は指摘してまいりました。トップのこんなところから財政規律の緩みは始まります。
  

  • さらには、予算審議を大きく揺るがした「旧北沢小学校スクールバス事件」というものも、ありました。学校統合を決めるべき時に決めず、あいまいな先送りをした結果、地域をこじらせ、その挙句に、教育行政として、公正・公平性が問われた事件であり、また後日、スクールバスの需要がほとんど無かったことも明らかになりました。
  • これなどは、行政失態を税金で覆い隠そうとした典型であります。 
  • あのジャズトランペッター日野皓正氏による暴力事件も舞台は教育委員会でした。
  • 言うまでもなく、区政をチェックするのが私たち区議会議員の役割でありますが、これまでの経験から、おかしなこと、或いは事件となるものには、必ず財政規律の乱れ、議会のチェックできないところでの処理、自治法の想定範囲を超えた行政の身勝手な思い込み、というものがつきものです。
  • 今回の学校給食費の無償化についても、私たちの会派では、そのやり方、手法において、大きな疑問を持っております。 
  • 誤解のないように申し上げますが、義務教育における給食費の無償化は歓迎すべきことだと思います。
  • そこで、給食費の無償化をやるなら、「子どもの医療費の助成に関する条例」と同じように、条例を根拠としてやるべきである、と考えます。
  • 今、区が提案しているのは、条例ではなく要綱で定められている就学援助の中で、給食費の無償化を行おうということです。しかし、要綱は保坂区長の裁量の範囲であり、議会の議決は不要です。給食費の無償化のような大きな事業を要綱でやってしまおうということに、大きな疑問を感じます。
  • また「子どもの医療費」に所得制限が設けられていないのに、「子どもの給食費」には所得制限を設けるというのも公平、公正の観点から、なぜ?と、バランスを欠いていると思いますし、そもそも、所得制限のあるものを「無償化」と言っていいのかどうかも疑問です。それは「補助」に過ぎないのではないでしょうか。 
   
 
  • それから、もう一つ、大きな疑問は、就学援助の申請利用者は、対象者の5割とのことです。つまり、半分にしか行き渡っていないのです。その中で、給食費無償化をやろうということは、最初から、半分の申請しかないだろう、ということを見越していて、財源はそんなに必要ない、という安易な姿勢が見え隠れします。
  • つまり、就学援助の5割申請を逆手にとっての提案ではないでしょうか。強い言い方をすれば、最初から申請していない5割の区民を見放しているのです。
  • もちろん申請者が増えれば、それなりの増額補正予算はするのでしょうが、数字には現れない予算の考え方の根底には、「ちょこっとやてしまおう」という安易な発想が伺えると同時に、「本当はしたくないんだけど」という財政当局の本心も感じられなくもない、というものです。
  • 新たに就任された渡部教育長は「ひとりの子どもも置き去りにしない」とおっしゃっています。であれば、本来、保護者の教育負担軽減の「本丸」である就学援助が、申請主義のもとで、半分にしか行き渡っていない、ということを問題にすることが、先ではないかと考えます。これは答弁は求めませんが、以下、4点、伺います。

  

   

 

  • 世田谷区の就学援助費は平成29年度決算ベースでは、約4億9千万円です。
  • 第一の質問は、今回の所得制限を入れた就学援助での給食費無償化予算を入れた場合、年間ベースでどのくらいになるのか?伺います。

 (答弁)6億6779万円  

  • 第二に、その場合、世田谷区の全児童生徒の中でどれぐらいのパーセントが適用されることになるのか伺います。

 (答弁)30%   

  • 第三に、さきほども申し上げましたが、就学援助には申請主義という「壁」があります。現実に5割の申請しかありません。これを要綱ではなく条例にして、申請なしで、つまり全児童生徒の学校給食費無償化にした場合の予算額の推計を伺います。

 (答弁) 25億円 

  • 四点目、最後に、条例化にする考えはあるのか、伺います。

 (答弁) 今後の検討課題とする 

 

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


代表質問、終わりました!!議会中継速報板がアップされています。

2019年06月13日 | 議会報告

選挙後、初めての世田谷区議会定例会が昨日より始まりました。


私は会派の代表質問を担当し、

「保坂区長の取り組むべき基礎的課題」について問いました。

(区長答弁、具体例がなく、相変わらずでした)


 

議会中継速報板としてアップされていますので、

「議会質問ってどんな感じ?」と思った方、ちょっと

覗いてみてください😊
    ↓
こちらをクリック!

 

 

  政治家(市区町村)ランキング、全国 第2 です。

  (←応援のクリックをお願いします!)


日本ブログ村バナー

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村