潔淨精微、易之教也

占いに関する一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009年講座 《中国占術思想の理論基礎 - 河図と洛書》

2009-07-03 23:28:58 | Weblog
中国占術思想の理論基礎 - 河図と洛書
(中国占術理論の数理基礎)

・講座内容
 1.河図洛書の理論
 2.八卦と河図洛書の関連
 3.天干地支と河図洛書の関連
 4.河図洛書による律呂生成及び干支系統への応用 - 納音の原理
 5.風水術の理論基礎 - 九星盤とは河図洛書の一つの表現
 6.四柱推命の原理 - 干支組合せの理論意義  

・講座日程 9月12日(土)~13日(日)
・場所   水道橋 

詳細は易道( http://www.ekidou.com/ )をご参照
コメント (1)

唯心と唯物 ― 中国易文化についての雑談

2009-01-31 01:38:51 | Weblog
今までの世界の哲学には大きく分類したら二種類で分けることができます。唯心論と唯物論というものである。
宗教を代表としての唯心論と西洋科学を代表としての唯物論は数百年の間に論戦、戦って、今現時代では西洋科学を代表としての唯物論の方がリーダしているのは事実です。
しかしこの事実ができた基礎は何千年で神権社会に主導している宗教現象を代表としての唯心論の認識を積み重ねた質変であり、「無」から急に唯物的な認識ができません。
人類の認識の過程に「無」から「有」の間に唯心と唯物の二段階があると老子思想の精華の一つである。
唯物なら皆さん理解しやすいけれども、唯心が一体どんなものか理解しにくくて、ちょっと不適当かもしれませんが、イメージでいうと、唯物の角度から見ると、数学の範囲にすべての数学的に証明できないものは唯心の部分です。ですからある意味で言うとすべての「公理」「公設」(無条件で正しいとの認識)が実は唯心によるのもので、唯物的なものではありません。
例えば:数学の非欧幾何が出る前に「1+1=2」が絶対正しいと認識されたんだけど、非欧幾何が出たら、“「1+1=2」が正しい”という認識も絶対な真理ではなくなるでしょう。それと同じ、非欧幾何の中にいつくかの「公理」も実は「1+1=2」と似ているもんです。それはまた数百年後に認識されると思います。
単純にいうと、認識の過程にまずは唯心の結果、その次は唯物の発展、そして一段階になったら、また唯心、また唯物……
これは人類の認識が必然な通る道です。

ここで一つの問題が目の前にあった。
認識が無限なことですが、その無限な認識をどうしたら‘終点’まで到達できるのかの問題です。これは西洋科学にあるすべての問題より大きいテーマです。唯心→唯物、そしてまた唯心→唯物……のような積み重ね……つまり、この発展の道の‘方程式’がどう表現する問題です。
西洋科学の角度はこの問題に意識もしません。意識をしても入手の解決のドアもありません。

易思想は唯心と唯物を分けて見るものではありません。
老子曰:「故常無欲,以觀其妙,常有欲,以觀其徼。」
無欲という部分が人自体から離れる状態で、唯心の段階です。
有欲という部分が人が自己中心から見出す状態で、唯物の段階です。
そして老子は唯心と唯物が向く方向も解説していただいた。まとめて言うと「道が内に探し、行が外に表す」とのお話でした。その中に‘道’というのが本質のイメージ(公理、唯心)で、‘行’というのは外見と反応のイメージ(証明できる結果、唯物)です。理論上のシミュレショーで表現してみたら陰陽と五行の関係がその一つです。
易思想により、唯心から唯物までの通路が表示できるけれども、唯物から唯心までの通路が表示できないことが分かります。つまり人間の認識の方向が時間と空間と同じような一方通行です。
「陰陽の模型が本質としたら、必ず五行の形で表現が出てくる」
去年に縁がある方に陰陽と五行の間に転換する時の精密の計算方法を教えたので、それよって陰陽から五行までの流れが逆転できないことをはっきり理解できるでしょう。陰陽が裏の内容で、事の見えない部分です。五行が表見える表現です。陰陽から五行までの道が一本しかないけれども、五行から陰陽までの無二の道がなく、無限な可能の道があるということが見えます。
陰陽から五行までの計算方法も唯心と唯物の間の関係を見る時の一つの基本工具です。

仏教によく「大智慧」というんですが、その大智慧というのは一体何でしょうか?
―→「大智慧」とは‘唯心+唯物’という人の思想発展の全程の角度からの話で、一番の根元である。

雑談ですが、易を代表としての中国文化に興味を持っていただいた日本の研究者と愛好者の皆さんに中国文化への認識と理解にすこし力なれれば嬉しいです。
コメント (1)

Intentional Ignorance and Deliberate 陳 光ショウ

2008-03-21 20:57:27 | Weblog
Let me start my points from a true story. A couple of years ago, on a World Conference on Women, many Tibetan women also attended the meeting. These Tibetan women are mainly from the two groups; the woman delegates from the Tibetan autonomous region of China and the woman delegates from an NGO on behalf of the “Free-Tibet” which is financially supported by the major western powers.
As usual, the woman delegates from the NGO claimed that the Tibetan culture is being destructed and the only way to rescue the Tibetan culture is to reverse the history to let the Dalai Lama come back to lead an “Independent Great Tibet” or “Highly Autonomous Great Tibetan Area.” The voiced out their claims in English, so that their claims were easily passed and quoted by the reporters of major western countries.
When the Tibetan women from the Tibet Autonomous Region of China tried to discuss the Tibetan Cultural Destruction issue with the Tibetan women from the “Free Countries,” and they found there was no way to communicate directly between them because the Tibetan women from the “free countries” do not speak Tibetan while the Tibetan women from Tibet do not speak English.
Thus, we saw two groups of Tibetans; though they are common on similar faces and having the similar costume styles, the difference between them is the group of Tibetans from “Free Countries” can speak English only but not Tibetan while the group of Tibetans from Tibet can speak Tibetan but not English. When the two Tibetan groups are arguing on the Tibetan issues, the English spoken Tibetans took advantage of the Tibetan spoken Tibetans since their can voice out directly to the journalists of “free countries” while none of the reporters from the “free countries” speaks Tibetan. Nevertheless, the reporters from the “free countries” never bothered to listen to what the Tibetan-spoken Tibetans’ voices through the interpreters. Then, ironically, on the major media and newspapers of the “free countries” the claim of the “Tibetan culture is being destructed” by the Tibetans who have already forgotten how to speak Tibetan are widely quoted while the voices of Tibetan spoken Tibetans were ignored by the journalists of “free countries.” The ignorance is actually an intentional ignorance.
Recently, some Tibetan mobs, actually a number of organized Tibetan terrorist groups indiscriminately killing the civilians in Lhasa as well as in some other Tibetan areas. The victims also include many ethnic Tibetans. A Tibetan young girl was burned dead together with other four girls of other ethnic Chinese when the mobs surrounded their shop and burn them alive. A middle school that many Tibetan children are attended was set on fire by the mobs too. Facing the bloody facts of terrorist activities, the journalists of the “free countries” that had been keen on “Anti Terrorist War” are showing their capricious reacts.
When the local police of Lhasa took actions to suppress the criminals, the western media described police action as “suppressing the demonstration” so that in their reports, the criminal mobs become demonstrators and the terrorist activities become peaceful demonstrations; and the civilians killed by the criminals all become the victims of the police suppression.
The media of the “free countries deliberately” deliberately refer the mobs as the Tibetans and refer the policemen and civilian victims as Chinese, though many policemen and the local government officials are ethnic Tibetans, and the civilian victims of the riots include Tibetans, Muslims, Hans and many other religious and ethnic Chinese. By their description, the event of the terrorists indiscriminately killing the civilians is deliberately worded as the conflict between ethnic Tibetan and other ethnics of Chinese.
Though many local policemen in Tibet are ethnic Tibetan, the majority of the local officials in Tibet who are leading the police suppressions are also ethnic Tibetans; the western media intentionally ignored this fact and deliberately describe them as Chinese officials and Chinese police. Since the Tibetan is an ethnic group of Chinese, describing a Tibetan as a Chinese is the same as describing a New Yorker as an American may be logically correct. However, their purpose to deliberately use the wording is to confuse and mislead their readers as if the event in Tibet were not a terrorist attack by criminals to the civilians but a conflict between the ethnic groups in China, and hint that the ethnic problem is cause by Chinese police suppression.
Actually, the criminals involved in this riot are not only ethnic Tibetans, there are also other ethnics of Chinese including Hans funded by the foreign organizations. The civilian victims also include many ethnics, many of them are Tibetans, all of them are so innocent and the badly violation of their human rights by the criminals are ignored by the media of “free countries” who have been chanting human right all the time. Just because this riot is a terrorist attack by the criminals in the name of Dalai Lama and Free Tibet funded and supported by the “free countries.”
The media of free countries are taking advantage of ignorance of the most audiences about Tibet so as to spread the biased publicity in favor of the Tibetan terrorists. That is why we can see some western newspapers “mistakenly” use the pictures of clashes between Tibetan demonstrators and Nepal police to describe that the Tibetan demonstrators are beaten by Chinese police, and we can also see many western newspapers “carelessly” ignored the fact that the Tibetan middle school was set on fire and the Tibetan girls were killed, and described the criminals as “demonstrators.”
Now we finally understand that the media of the “free countries” are so free that they can freely define any phrase and any event by intentionally ignoring some facts and deliberate use different wordings so as to mislead readers. The truth is always irrelevant for the media of the “free countries.”
コメント

2008年 中国易学と易学思想の基礎講座

2008-02-04 01:20:53 | Weblog
http://www.ekidou.com/eki/eki_index.htm

2008年 中国易学と易学思想の基礎講座 之一
   -《五行闡微と干支本義》 観象、辨形、知音、発用 

2008年 中国易学と易学思想の基礎講座 之二
   -《先天と後天-生死之玄関》

2008年 中国易学と易学思想の基礎講座 之三
   -《周易帰蔵法-地易帰蔵》
   -《帰蔵法之応用之1-大小遊年帰蔵図と輔星水法帰蔵図》
   -《帰蔵法之応用之2-太易玄空帰蔵法》

2008年 中国易学と易学思想の基礎講座 之四
   -《道家四柱推命簡論-命式の干支組合と風水方位の関係》

2008年 中国易学と易学思想の基礎講座 之五
   -《時空の瞬間定位-善易者不占》
コメント

離間課

2008-01-31 20:14:18 | Weblog
昨夜零時になった時、息子は多分夢で寝ながら‘孫悟空’と呼んでいた。
私ちょうどその時最近の事を考えているので、それを外応としてみてみました。

丁亥年丑月庚午日子刻
甲 天後丁亥 伝送甲申 申

離間課…三陽一陰天後水は女の象意、申申とは遮断、鬼動破身内剋外、寅亥合を沖破し、外部を遮断する象意になる。

申亥、下から上への害、内部から起きること……

でも、僕は太歳になっているから
面白くないこと、無意味なことをやめてほしい。
コメント

《易道》:2006年後半の講座案内

2006-07-07 22:53:26 | Weblog
1.東洋占術の理論と応用の概説

2.原本講習会-原本の通訳と解説
 ①四柱推命《子平真詮評注》(全部15回の予定)
 ②古本《精校三元総録》之上巻「宅元」(陽宅)、中巻「婚元」(男女相性、婚縁)(全部10回の予定)

3.集中講座
 ①《金鎖玉関》 (二日間の12時間程度)
 ②《象数干支風水》 (二日間の12時間程度)
 ③風水学の時空システム: 落宮九星と宮位砂水の組合わせによる吉凶の判断 (二日間16時間程度)

4.《金鎖玉関》、《象数干支風水》の研究会と実践会 (《金鎖玉関》、《象数干支風水》の集中講座に出席した方限定)

5.断易応用-陽宅断法 (一日8時間程度)

6.六壬神課金口訣(六壬陰兵法)入門と常規解断 (20回の予定)

詳しくは: http://www.ekidou.com/annai/an03.html まで御覧ください。
コメント

易道: http://www.ekidou.com

2005-10-06 02:28:25 | Weblog

忙しくて、なかなかHPを作る時間がないですが、だいたいの形ができました。
これからすこしずつ更新して、内容が豊かになるように頑張りたいと考えております。
ご覧に来ていただいた方ぜひよろしくお願いします。

易道(東洋占術の学習、研究、応用): http://www.ekidou.com

乙酉年乙酉月癸亥日丑時

------
文字の表示がおかしいでしたらぜひご一報いただきたいです。
よろしくお願いします。
コメント (4)

ホームページ

2005-07-22 02:36:57 | Weblog
何人の先生と生徒さんから協力していただいて、
近い内に占術のホームページサイトを立ち上がりたいと思います。

サイトの名前は
《易道》-占術の学習、研究と実践
とします。

順々に基礎の知識、中国本来の占の思想と技法などの内容を解説する予定です。
具体的な占術は以下の通り:

四柱推命 *
道家太極神数 *
周易、象数易学、地易帰蔵の紹介
六爻断易 *
八卦象数占法 *
象数干支風水術、過路陰陽風水訣 *
玄空学の紹介
六壬神課、六壬神課金口訣 *
飛宮小奇門の紹介
道家咒符術の紹介など…

(*:中心として解説したい項目)
コメント (4)

やってみます~

2005-06-11 02:36:52 | Weblog
乙酉 壬午 丙寅 丙申   戌亥空 水空


壬 辰  酉 亥
壬 辰  寅


卯辰

3(15)、4(16)、10、12   
コメント (1)

参伍以変、錯綜其数

2005-06-10 00:11:34 | Weblog
先週、三歳の息子が来日で、うれしいですが、夜11時までにパソコンほとんど使えなくなってしまった…

最近、六爻断易の講座に紹介した扶抑断易法はその核心が八卦を基本単位でいろいろ推理して最後各爻の喜忌の性質が判断するものです。易の研究家ならたぶんこの点に疑問が出るかもしれません。その原因は今よく使っている易の占法が大衍筮法(いろいろ形あるけれども、基本てきには大衍筮法の応用)で、六十四卦を立ったからです。つまり一爻一爻で卦を立つ方法です。
しかし、我々知っている通り、大衍筮法で順序に完璧な六十四卦を推演し、得るのは考えにくいでしょう。実は易の正宗筮法は大衍筮法ではありません。《周易》にある話が大衍筮法でまったく実現できません。
ということは今まで公開してない易の正宗筮法があることです(筮法の名前は書かないこと許してください)。この筮法は扶抑断易法の基礎だけではなく、奇門遁甲筮法もそれの一つの応用です。遁甲筮法の中に‘九宮+後天八卦+八卦の性質を持って回転する八門’のいろいろやり方は易の正宗筮法の一部分の形です。

易《説卦伝》:
参伍以変、錯綜其数。通其変、遂成天地之文;極其数、遂定天下之象。
この話には遁甲の源点が入ってあります。
コメント (5)