Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴンダンディア駅高架下の屋台村

2014-02-18 23:52:47 | インドネシア料理
マンガライ駅からホテルのあるゴンダンディア駅に戻った後、夕食を食べる事にします。しかし、以前良く行った駅前の屋台はことごとく撤去されてしまったようで、気軽に食べられそうなお店は有りませんでした。それでも諦めずに探していると、中央線ガード下の店から伸びる怪しげな路地を発見??勇気を出して入ってみたところ・・・。

何とその先には、以前ゴンダンディア駅の改札口付近にあり、立ち退きの憂き目にあったであろう食堂や屋台が集まり、フードコートのような屋台村が出来ておりました!!

無くなった筈のお店を見つけ大喜びしつつ、まずは飲みたかったシルサックのジュースを購入!!日本ではまず食べられない不思議な果物シルサック、1年ぶりに頂きます♪

濃厚かつ自然な甘さで、これはクセになりますね~!!

続いてメインディッシュは、アヤムゴレン屋さんで頼む事にします。
料理の名前が解らないので、食べたい物を適当に指差して注文したところ。

店頭に盛られた物がそのまま出るかと思いきや、きちんと油で揚げ直してくれました。

注文したモノが出揃うと、こんな豪華な夕食に~♪♪
これだけ色々頼んでも値段は日本円で300円程度!!

但し屋外なので、時おり飛んでくるハエを追い払いながらの夕食となります(笑)

昨年、パクアン急行氏から教えて頂いた、「レレッゴレン」こと揚げナマズ!!
小骨が多いですが、淡白な味で自家製サンバルとの相性も抜群です。

一緒に頼んだアヤムゴレンも、テンペも美味しく選んで正解でした。

それにしてもこの屋台村、KAIから正式な許可を取って営業しているとは思えず、
再び立ち退きに遭ってしまうのでは無いか?と心配になります。
次回訪問時にも、この場所で営業していてくれれば良いのですが・・・・。


コメント (2)

東急新1000系(仮)J-TREC出場

2014-02-17 23:52:23 | 東急線
昨年3月に日比谷線直通が廃止されて以降、地方譲渡を含めた去就が注目される東急1000系ですが、先週、J-TRECへと回送され入場中だった編成の一部が遂に出場する?との情報を聞き、甲種回送当日、久しぶりに逗子まで行って参りました。

神武寺駅から側線を見ると、確かに1000系は居ますが、一見何の変化も無さそうです??どうやら中間車は手付かずのままで、長津田へ帰る様子ですね。

改札を出て平行する道路から側線を見ると、中間車に挟まれる形で、赤帯が剥がされ3連となった編成を発見!!かねてより、東横線の1000系を池上・多摩川線へ転用させる?といった噂がありましたが、これでより確実なものとなりました。

まずは品川寄りに連結されていた1503号車、種車はクハ1000かと思われますが、新7000系と同じ機器構成に改造されたとすれば、Mc化されているかも知れません??

デハ1603号車、種車はM車のデハ1200でしょうか?屋根上のダブルパンタが目を引きますが、床下に目を移すとVVVFインバータ制御装置が交換されているのが解ります。

そして幕式だった側面の行先表示も、7000系に準じフルカラーLED化されておりました。

ラストはクハ1703号車。こちらも種車はクハ1100がベースかと推測されます。前面種別幕のスペースには7000系と同じ新フォントの車番が入り、側面の車番も全て新フォントの車番に変更されました。

側面には3号車の札が掲出されていましたので、きっと蒲田寄りのTcですね。

その後、逗子駅前のいつもの踏切に移動しDE10に牽引された1000系を待ちますが、
祭日だった影響もあり既に大混雑・・・、無難に歩道橋上から狙ってみました。

18m車とはいえ、やはり12両は思った以上に長いですね・・・・。

最後にダブルパンタ化されたデハ1600の屋根上を撮ってみました。

増設側はヒューズ箱1個のみのようですね。妻面の取り回しも気になるところです。

遂にベールを脱いだ新1000系(仮)。これで7700系や7600系の置換えが決定的となり、今後は池上・多摩川線が要注目で目が離せませんね。
コメント (4)

103系でマンガライ駅へ!!

2014-02-16 23:51:26 | インドネシアの鉄道
暫く更新が滞ってしまい恐縮です。さてボゴール駅から乗車した103系E21+E22編成ですが、折角ですのでMT55のモーター音を堪能すべく、中間に封じ込められているクモハ103-105に乗車してみる事にしました。

現在のジャカルタでは両端が終日女性専用車となっていますが、幸いにも中間に封じ込められた先頭車だけは除外されており、女性専用車ラッピングの車両でも堂々と乗車する事が出来ます(笑)

懐かしいブレーキ緩解音と共にグングン加速して行く103系、相変わらず激しく揺れますが、車内は冷房の効きも良く快適です。

電車が遅れていた影響か?帰宅時間帯に都心方面へ向かう列車にも関わらず、途中駅からもどんどん乗客が乗り込み、この後車内は満員に・・・。

103系らしい混雑した車内で吊り革を掴みながら、ふと天井を見上げてみると、
何と扇風機にはJR東日本のロゴが未だに健在でした。

ここ最近、譲渡車に残る日本語表記の撤去が急速に進んでいるので、こういう痕跡を探すのも難しくなってきましたね。

やがて電車は夕暮れ間近のマンガライ駅に到着!!ここでかなりの人が下車し、私達も降りる事にします。沢山の人で埋め尽くされたホームを行く103系、やはりこの電車にはこんな光景が一番似合う気がします。

このカットの撮影時、あえて警備員の真横でスマホを構えてみましたが、特にお咎めは有りませんでした。やはりケースバイケースのようですね??

つづく


コメント

103系でボゴール出発!! 

2014-02-06 23:57:45 | インドネシアの鉄道
幸運にも出区して来た103系に撮影した後は乗車するために2番線ホームへ、直ぐに出発するかと思いきや?お隣に入線して来た営団5000系の方が先発するとの事でしたので、警備員の目を気にしつつも構内で暫く撮影する事にします。

ヨーロッパ風の上屋が特徴的な2番線に停車中のE22編成。ATC車の東海色もすっかり板に着いて来ましたね。しかし行き先が白幕なのが何とも惜しい・・・・。

反対側は低運で唯一運番窓の残るクハ103-597を先頭にしたE21編成。

お隣には営団5000系59F編成が並びます。同年代に活躍し顔を合わせていた103系と5000系、まさかこんな異国の地で再会するとは、夢にも思わなかった事でしょう(笑)

出発まで少々時間がある為か、ブタ鼻の上に雀がやって来て冴えずっていました。

雀は日本もインドネシアも同じ様子ですが、鳩は見かけませんね?

やがて、復旧したばかりのジャカルタ方面から営団6000系6106Fも到着。

すると直ぐに5000系が出発して行ったので、慌てて車内へと乗り込みます。

しかーし!!時既に遅しで、早くも椅子は満席状態・・・・・(涙)

仕方なく立って吊り革に摑まり行きますが、それも103系の醍醐味かも知れません。

コメント

ボゴール駅・新改札口へ

2014-02-04 23:55:05 | インドネシアの鉄道
旧改札口から出て賑やかな商店街を通り過ぎ、踏切を渡ると、国道沿いに建つ真新しい駅舎へと辿り着きます!!昨年から開始されたICカードの使用に伴い、新たに設置されたボゴール駅の新駅舎で、現在ではこちらが本駅舎になっているとの事でした。

パクアン急行氏のブログによると、この駅舎の使用開始に伴い、本来の玄関口である旧駅舎の改札が完全に閉鎖されていた時期があったそうですが、流石に不評だったのか?現在は新・旧両方の駅舎から、出入り可能となっています。

旧駅舎と比べ広い構内が特徴的ですが、コンコースにはまだ何も有りません・・・。

いずれはコタ駅のような”駅ナカショップ”が設置されるのかも知れませんね?

改札に近づくにつれ、ここでも一区間用のシングルチケットを求め窓口に並ぶ沢山の人達の姿が!!チャージ可能なマルチトリップチケットさえ持っていれば、専用窓口も空いており、並ばなくて済むのですが、このシステムはあまり浸透していないようでした。

この時は倒木事故で抑止中でしたので、改札前がいつも以上に混んでいる様子。

改札の先では、かつてエコノミーが発着していた6番線、7番線、8番線ホームと直結され、ラッシュ時間帯の客捌きには大いに威力を発揮しそうな構造ですね。

撮影後、新たに設置されたスカブミ行き列車の専用ホームに行く予定だったのですが、遠くから聞き覚えのあるモーター音が近づいて来ます。

これはもしや!!と思い慌てて改札を入ると、これから全線で運転が再開される様子で、ボゴール電車区に入区中だった103系E21+E22編成が出て来ました。

幸運にもやって来た103系!!折角なので乗車してジャカルタ方面へ戻る事にします。
コメント

埼京線205系ハエ30編成・インドネシアへ

2014-02-02 23:45:09 | インドネシアの鉄道
またまた暫く更新が滞ってしまい恐縮です。年末以降動きの無かったインドネシア向け埼京線205系ですが、先週になり、ハエ30編成が搬出先となる新津車両製作所へ向け配給されて行きました。

ハエ30編成は元山手線の小窓車でハエ31編成に続く譲渡となりますが、6ドア入りの他の編成が長野に回送されるなか、まさか6ドア無しのこの編成が譲渡されるとは・・・・。

10連時代の山手線の雰囲気を色濃く残したこの編成、きっと現地でもデビュー当時と同じ6ドア無し10連の編成美を見せてくれる事でしょう。

一方で埼京線で活躍中の205系は残り4編成、昨日よりさよならヘッドマークも取り付けられたそうで、いよいよ終焉が見えてきましたね。
コメント (2)