Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

内湾線・合興駅の保存車両

2013-09-30 23:23:43 | 台鉄・糖鉄保存車巡り
一昨年開業した六家線との直通運転開始より一気に近代化が進んだ内湾線ですが、一方で非電化区間として残
る竹中~内湾間は、平渓線・集集線同様に観光路線としての注目も集まり、週末は客家料理店や老街が建ち並ぶ
内湾駅を目指して、多くの人で賑わっております。

そんな内湾線ですが、一昨年乗車した際に途中駅で保存されていた旧型客車を見かけ、ずっと気になっておりま
したが、今月訪台した際、竹東まで行く用事が有りましたので、ついでに訪問してみました。

内湾から数駅新竹寄りに戻った合興駅にて下車すると、ホームの反対側にはこんな光景が出現します。

永らく都市圏を中心に活躍した通勤客車が2両、長閑な駅で余生を送っておりました。

まず内湾線のホームに横付けされた形で留置されていたのは、インド製通勤客車の40TP32200型32210号。

簡易的なものながら、きちんと屋根も架けられ、車体の状態も悪く無さそうでした。

車内は待合室として使用されているようで、座席が一部撤去されております。

但し床材は劣化してしまったらしく、頑丈そうな縞鋼板に貼りかえられていました。

続くもう1両の通勤客車は35SP32275号、こちらも裾の折れ具合からインド製のようです。

この車両はカフェとして使用されている様子でしたが、訪問した日は祭日でしたので残念ながら休業中でした。

それにしてもこの合興駅、山間にある何も無い駅の割には、観光客が多いな~?と、ふと疑問に思ったのですが、

どうやら縁起の良い駅名で有名らしく、日本で例えるなら「愛国駅」のような存在だそうで、旧客をバックにした
こんな看板まで設置されています(笑)。なるほど駅構内が公園として整備されている理由も納得ですね。

構内の外れには、既に役目を終えた合興駅の旧駅舎も現存!!現在は売店として再活用されていました。

かつて側線が多数有ったであろう駅構内には、まだまだ余裕が有りそうなので、客車だけでは無く、間もなく役目
を終えそうな、R20型DL辺りを是非保存して欲しいところですね。
コメント

JR埼京線205系・インドネシアへ

2013-09-26 23:58:48 | インドネシアの鉄道
KCJのサイトにて180両もの導入が正式発表されて以降、予定されていた時期を過ぎても、譲渡へ向けた動きが無
かったJR埼京線の205系ですが、先週になり急展開を見せた様子で、譲渡回送第1段となるハエ15編成を皮切りに
本日はハエ7編成が船積み先の新潟港へ向け回送されて行きました。

EF81に牽引され、新潟を目指すハエ7編成。良く見ると編成順序が変更されております。

芒も茂り、すっかり秋めいて来た上越線を行く埼京線205系、新しい職場は1年中夏ですね(笑)

203系の時とは異なり、JRマークや6ドア車マークなどは付いたままでの回送となりました。

続いて新潟東港に到着し、ズラリ並べられ船積みを待つハエ15編成です。

こちらは側面のJRマークなどが撤去されていたので、港に来る前に撤去するのかも知れません。

フェンスの外より望遠レンズにて撮影し、シッピングマークを拡大してみたところ・・・・・・。

譲渡先はPT KERETA API 譲渡数は180両と書かれているので、埼京線から18編成の譲渡が行われる様子ですね。
メトロ車の不調により車両不足に悩むKCJにとって、果たして205系は救世主となるのか!?現地での活躍が今から
楽しみな一方、103系や都営6000系などの車両は置き換えられてしまう公算も高く、導入後の動向も気になります。

コメント (6)

DR2800型自強号・台北口より撤退!!

2013-09-23 23:56:08 | 台湾の鉄道
またまた更新が滞ってしまい恐縮です。

先週は25日に行われる台鉄ダイヤ改正を控え、再び台湾に行っておりました。
今回のメインは普悠馬(プユマ)号の本格営業開始に伴い、台北口から撤退する、ディーゼル自強号のDR2800型を
撮影する事だったのですが、訪問初日は運用に就いておらず、翌日汐止駅で撮影を試みるも、絶妙なタイミングで
韓国車に被られてしまい、最後に撮影する事は出来ませんでした。

※写真は昨年撮影したものです。

DR2700型譲りのコルゲート車体が特徴的だったDR2800型、今後は花東線や南廻線で自強号としての最後の活躍
を続けるのでは?と思われますが、花東線の電化が完了した後は区間車への格下げの可能性が濃厚ですね。

もしそうなると、南廻線に残る旧型客車や花東線のDR2700型が玉突きで置換となる可能性も有り、次のダイヤ改正
時には相次いで、台鉄の名車達が引退してしまう事になりそうですね。撮影や乗車はお早めに!!
コメント (2)

東急8590系8691Fは今??

2013-09-12 23:57:03 | 東急線
6月の運用離脱以来、長津田工場での留置状態が続いていた8590系8691Fですが、秩父鉄道7800系7802Fが出場
した事から、そろそろ何らかの動きがあるのでは?と思い、町田まで行く用事のついでに、久しぶりに恩田へ向かい
長津田工場の入場車をウォッチして参りました。

8692F・8693Fを見送って以来の恩田詣となりましたが、デヤ7200は相変わらずテクノの敷地に留置中、一時噂された
某私鉄への譲渡の話は流れてしまったのでしょうか・・・・・。

そして気になる8590系8691Fは手付かずのまま、3連に組成され前回と同じ位置に留置中です。

お隣には、こちらも去就が注目される1000系1005Fの姿も!!秩父鉄道7800系の作業終了後は、8691Fの工事より先に
こちらの転用改造工事がテクノで開始されるのかも知れませんね。

手前のデヤ7200が邪魔でしたが、発送間近な秩父鉄道7800系7802Fとの3ショットも見られました。

改めて見比べてみると乗務員室扉をはじめ、色々なパーツが先頭車から引き継がれているのが解ります。

完成状態で留置中だった秩父鉄道7800系7802F、先週おっとっと様が撮影されてから既に1週間近くこの場所に留置
されており、果たして秩父への搬入は何時頃になるのでしょう??

そうそう秩父鉄道7800系といえば、未だに現地で活躍する姿を見ておりませんので、この編成が搬入される頃を見計
らい、久しぶりに秩父鉄道にも行ってみたいと思います。
コメント (2)

新営製糖・八老爺駅に残るSP32300型客車

2013-09-11 23:18:10 | 台鉄・糖鉄保存車巡り
台湾で一番長い距離を走る観光列車で有名な新営製糖ですが、トロッコ列車に長時間揺られ到着した終点、柳営・
八老爺駅には製糖鉄道とは関係の無い意外な車両が設置されており、食堂として活用されておりました。

トロッコ列車を降りると突如出現するこんな光景!!パッと見、車体のみを活用した施設にも見えますが・・・・??

早速ホームに上がってみたところ、活用されているのは20mクラスの平快客車SP32400~32600型のようでした。

車内は大規模に改装され、屋根まで青く塗られてしまっていますが、車体は良く整備され状態も良さそうです。

一方、こちらの車両も一見すると、同じ客車に見えますが、良く見るとウインドシル・ヘッダーらしきモノが付き、
側窓にはRが無く、車体長も若干短い感じがしました。

これはもしや!!と思い、改めて全体を見てみると、やはり17mのSP32300型客車です。
現在では事業車に改造されたBK32353型1両のみとなった台鉄17m客車が、まさかこんな所に現存していたとは!!

側面には台鉄マークと車番らしきモノも描かれておりましたので、確認してみたところ。

全く関係無いDR20041(笑)と描かれており、何故か気動車(付随客車)の車番になってしまっています。

台車や床下機器が残っているかも気になりましたので、お店の裏に回ってみる事に。

しかし、木々が生い茂り判別するのは困難そう・・・。草をかき分け確認したところ床下機器は一部のみ残置
されている様子。

そして台車は、2両共にオリジナルとは異なるTR10系列のモノに交換されていました。線路は無く地面に直に置かれ
ていた為、沈下してしまったのか、後年設置されたと思われるコンクリートの土台と支柱が車体を支えています。

現存するのは極少数と思われる貴重な17m客車、古い物を大切にするお国柄、こうした活用というケースにて、既に
消えたと思われた車両が、今後も見つかるかも知れませんね。
コメント

去就が気になる埼京線205系??

2013-09-10 23:57:23 | インドネシアの鉄道
毎週のように配給されて来るE233系に代わり、着々と数を減らしつつ埼京線の205系ですが、一時の疎開留置回送
から一転し、ここ最近は長野に回送の上で続々と解体されている様子ですね。
数ヶ月前、KCJの公式ホームページにて9月のジャカルタ到着がアナウンスされたものの、その後は一向に動きが
無く、解体も始まってしまった事から、本当にジャカルタに行くのかすら懐疑的になって来ました。

恐らく何らかの理由で、譲渡交渉が滞ってしまっているのでは?と邪推しますが、インドネシア側の条件に見事合致
した界磁添加励磁制御の車両が、みすみす解体されて行くのは残念でなりません。

205系は203系や6000系のような電機子チョッパの車両に比べ、旧来の抵抗制御、直並列組合せ制御を基本とした
電圧制御のため、メインテナンスも容易で、譲渡が実現すれば文字通り最強の助っ人になったと思うのですが・・。

当初180両が譲渡されると発表された205系、このまま解体が進むと180両を下回ってしまう公算も高く、その場合
譲渡自体が中止となってしまうのか?または別の線区の205系が譲渡されるのか、今後の動向が注目されます。

コメント (8)

侯硐猫村・第2回猫ランタンフェスティバル(猫燈節)開催

2013-09-08 21:23:13 | 台湾の猫
台鉄・猴ドウ駅で「猫ランタンフェス」記念入場券発売/台湾・新北
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201309070001.aspx
(台北 7日 中央社)第2回猫ランタンフェスティバル(猫燈節)が9月7日、8日の2日間、新北市瑞芳区の
猴ドウ駅前で開催され巨大ネコランタンがお目見えする。また、チャリティーイベントのほか、台鉄・猴ドウ駅
の「ネコのお守り」入場券が数量限定で発売される。(ドウ=石へんに同)

猴ドウ駅の「ネコのお守り」記念入場券は台湾鉄路管理局による印刷発行で、「猫橋記念版」と「三福猫記念版」
の2種類。デザインはイラストレーターの猫小Pが手がけたもの。額面価格6元で2日間のイベント中、獣医師公会
クイズで1日1種類、それぞれ800枚ずつを賞品とするほか、猴ドウ駅で7日昼12時より1人1セットで1000セットが
限定販売される。

今年の猫ランタンフェスティバルでは高さ1.5メートル、幅2メートルのネコのメインランタンのほか、アーティ
スト数名による彩色ネコランタン、10名のイラストレーター制作のネコちゃんイラスト看板も登場、また、正し
いネコの飼い方についての紹介もある。

なお、7日午前11時半からは日本のイラストレーターPEPEさんのライブ、生態教育公園ではお汁粉を提供、
風景ガイド、ゲーム大会などが催される。


去年は5月に行われた侯硐猫村・猫ランタンフェスティバル(猫燈節)ですが、今年は9月の開催となり記念入場券
まで発売されるなど、去年以上に充実した内容で開催されたようですね。

(写真は去年5月に行われた、第1回猫ランタンフェスティバルの様子です。)

私は残念ながら行けませんでしたが、きっと去年以上に盛り上がった事でしょう。

しかし、ほんの数年前まで廃墟同然だった場所が、多くの人が集まる観光地になろうとは、夢にも思いませんでした。

猫村が有名になる一方で、端三鉱業の施設は徐々に自然崩壊が進み、現在では見るも無残な姿に!!

猫と猿と炭鉱の街として、今後は炭鉱施設の改良についても期待したいところです。


コメント

東急8590系富山へ向け出発!!(長津田駅でのお見送り)

2013-09-04 23:46:40 | 東急線
富山への旅立ちを前に長津田駅構内で佇む8590系8692F・8693F、入換終了から夕方の出発までかなりの時間が
有りましたので、DE10の機回し&田園都市線の車両達との最後の顔合わせを記録してみました。

まずはDE10の機回し直前にやって来た8694Fとの顔合わせ。もう少し早く機回しが行われれば・・・・・。

やがてDE10が切り離され、横浜線ホームを八王子方面へと回送されて行きます。

DE10といえば、青ガエルが譲渡されていた頃から長津田に来てましたね。果たして後何年使い続けるのでしょう?

機回しが完了した頃、夕ラッシュ運用に就く大井町線の9011Fが長津田検車区から出庫して来ました

東横線、大井町線と永らく同じ職場で働き、製造年もほぼ同じな9000系とは最後の顔合わせです。

続いて38K運用に就いていた2000系2003Fが通過して行きました。

新車の導入が再開されるであろう来年以降、この形式もどうなるか分かりませんね。

こちらも引退秒読みとなって来た横浜線205系も入れ、こんな豪華な3並びも実現(笑)。

8500系と205系に関しては、某国でも同じような並びが見れそうですね。

日も傾き富山への出発の時間が迫る頃、最後にお見送りにやって来たのは偶然にも8695Fでした。

この後、定時丁度に出発して行った8692Fと8693F、今月から予定されている富山での活躍はどのような姿となる
のでしょう?そして増発試験が良い結果となり、東急に残る仲間達も続けて富山に嫁げれば良いのですが・・・。
コメント

プユマ号順調に増備中

2013-09-01 22:24:07 | 台湾の鉄道
先月は大幅に更新が滞ってしまい誠に恐縮です。先月も台湾に訪問していたのですが、うっかり現地で体調を崩して
しまい、帰国後暫くは病院通いが続きましたが、この週末でやっと全快致しました。また前回に続き今回も滞在時に
台風の直撃を受けるなど、天候にも恵まれずトラブル続きでトホホな道中とはなりましたが、いざ帰国するとまた行
きたくなるのが台湾の不思議な魔力ですね(笑)。

すっかり増殖したTEMU2000型”普悠瑪号”訪問時は8月頭に入線したばかりの第8・9編成が試運転中でした。

9月にも新たに2編成が入線する予定で、台東線が電化される2014年度までに全17編成が出揃う予定だそうです。
台東線が電化されると、台鉄各線に色々と影響が出て来そうですね・・・・。

最新の”普悠瑪号”が颯爽と走り去る一方で、こんな列車も相変わらずやって来ます。

高雄と花蓮を結ぶ荷物列車(回送車両連結)。この列車、毎日運行されているのですが、各駅の荷物の有り・無し
や、他の列車の遅延など日によって停車駅や運転時刻が異なるため、時間が全く読めず、撮影するには以外と
苦労させられました。今回はこの列車を台北の東西で追っかけてみましたので、近日中に掲載したいと思います。
コメント