Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

侯(石同)猫村の近況

2013-03-29 23:39:31 | 台湾の猫
先日台湾に訪問した際、少しだけ時間が有りましたので、久しぶりに侯硐の猫村に寄ってみたところ、昨年行われ
た駅ホームの屋根張替工事に続き、今度は駅と猫村を結ぶ跨線橋の掛け替え工事が行われておりました。

新しい跨線橋は独創的なデザインに!!以前のボロボロな跨線橋も趣きがあって好きだったのですが・・・・。

以前は擦れ違うのも困難な程狭かったのですが、掛け替え後は広くなり跨線橋上には椅子まで設置されました。

これなら雨宿りも出来そう!!このペースで工事が進むと春の観光シーズンまでには間に合いそうですね。

一方で、猫村と反対側では瑞三礦業公司のホッパーピンが、相変わらず朽ち果てた状態で健在です。

その前の引き込み線跡は跨線橋掛け替えの資材置き場となり、着々と作業が進められておりました。

因みに掛け替え工事に伴い現在は、更に狭い架設橋が掛けられ、入口も変更されているので要注意です。

跨線橋を抜けると、今日も猫達がお出迎え。暫く来ない内に猫達の顔ぶれがすっかり変わってしまった様子??

工事中の跨線橋を尻目に、まったりと寛ぐ侯硐名物黒白猫。この猫は見覚えがあるような・・・。

猫達も新しい跨線橋の完成を首を長くして待っているようですね(笑)

観光地として躍進して行くのは嬉しい事ですが、炭鉱跡地独特の侘しさが薄れて行くのは少々残念な気もしました。

コメント (2)

東急9000系9001F長津田工場へ・・・・・

2013-03-28 23:53:24 | 東急線
渋谷地上駅最終日、朝の運用終了後に相次いで長津田へ向け回送されて行った9000系3編成ですが、9010F・
9005Fに続き、最後まで8連のまま留置されていた9001Fが、本日5連化のため長津田工場に回送されました。

3月15日の午後、長津田検車区へ向け田園都市線を回送される9001F。前日に発生した機器不具合により途中
入庫したため、最終日は運用に就けなかったのが何とも残念です。

そして本日、長津田工場へ向かう直前に、直前に甲種輸送されて来たばかりの5050系4110F「Shibuya Hikarie号」
と9001Fが一瞬並び、まるで東横線の主役の座を明け渡しているかのような光景が見られました。

それにしても5050系4110F「Shibuya Hikarie号」のカラーリングはインパクト抜群です。

やがて子供の国線に転線され、長津田工場へ向け8連最後のラストスパートをする9001F。

5連と8連の組成を繰り返した9001Fですが、もう二度と8連に復帰する事が無いかと思うと寂しい限りですね。

オマケ
9000系がデビューした1986年、脱線事故から復帰したばかりの9001Fと渋谷駅の様子です。

当時まだ小学生でしたが、渋谷駅で何時間も待ちやっと9000系がやって来た時、本当に嬉しかった事を昨日の事
のように思い出します。何時までも新車のイメージのあった9000系の引退もさることながら、まさか渋谷駅の高架
ターミナルまで東横線から消える日が来てしまうとは・・・・正直、未だ実感がわきません。
コメント (8)

その後の渋谷駅に訪問

2013-03-27 23:55:02 | 東急線
廃止から丁度1週間が過ぎた先週末、「TOYOKO LINE SHIBUYA Station Park」と称して3日間に限り、旧渋谷駅が
公開されるとの事でしたので、東急7200系の”鉄道コレクション”を買いに行きがてら、訪問してみました。

入場券を買うのに長蛇の列を並んだ後、会場に入ると一部線路には蓋がされるなど、短期間の施行にも関わらず、
すっかりイベント会場らしい様相に様変わりしておりました。

そして会場中央にはステージまで設置され、某写真家先生のトークショーなども行われ沢山の人で大賑わい。

人の多さにウンザリしつつも1番線を歩いて行くと、柵の向こうに手付かずの光景が残っておりました。

4番線も同様に先端には入れないかと思ったのですが、バラスト詰め放題(笑)の袋を買えば入れるとの事でした
ので、早速500円のバラスト詰め放題袋を購入し、ホーム先端に入れて貰う事にします。

営業最終日の深夜、最終列車で到着し下車した4番線の降車ホーム、あの喧騒が嘘のようですね。

4番線ホームの足元には、古い注意書きもまだ残されておりました。

これは一体、何時頃から有ったのでしょうね??

先端から線路に降りて行くと、今まで見られなかったこんな光景が出現!!

代官山方面に向けては、架線もレールもそのままで、今にも電車が入って来そうな錯覚を覚えます。

駅側を振り返ると、車両パンフレットや鉄道書籍でもお馴染だった渋谷駅の光景を、初めて見る事が出来ました。

どうせなら、ここに8000系や7000系、5000・5200系などといった東横線を代表する車両を並べてくれたら最高の
演出になった筈なのですが・・・・。残念ながら、夢のまた夢ですね。
コメント (2)

マンガライ工場(Baraiyasa Manggrai)訪問2012 その⑥

2013-03-25 23:50:16 | インドネシアの鉄道
ここ数日多忙につき、更新が滞り気味で恐縮です。以前お伝えした05系107Fを見学させて頂いた際、ついでに
周辺に留置されていた車両についても撮影する事が出来ましたので、簡単にご紹介致します。

まず森に埋もれた05-107Fのお隣には6000系6126Fが留置中。東京メトロ6000系グループの中でも最初にジャ
カルタ入りしたこの編成ですが、台車に不具合が有るらしく、永らく休車中との事でした。

同じく森に埋もれる「元祖Djokolelono」ことKL3 76~84系リニューアル車とメトロ7000系の中間車(番号失念)。

暫く入場したままの「Djokolelono」は、これからどのような改造が施行されるのでしょうか?
既に”今年6月で非冷房のエコノミー全廃”とのリリースが出ていますので、もしや冷房改造されるのかも??

続いて客車修繕建屋の内部でもメトロ車の中間車を発見です。

どうやら6125Fの外された中間車のようで、10両化運転に備え検査入場かも知れませんね。

そして死屍累々と並ぶHOLECと共に留置されていた、全検待ちの都営6000系6201Fと203系マト52編成。

因みにこの編成は6126F共々不具合があるらしく、試運転のみでまだ営業にすら就いていないとか・・。

マト52編成はフル編成だと通路を塞いでしまうらしく、左右に分割され留置中でした。

しかし床下も車体もピカピカなのが、何とも勿体無い!!無事検査を終え、営業開始が待たれるところです。

更に奥に留置してあった車両も撮りに行きたいところでしたが、タイムオーバーとなり、ここで見学は終了に!!

少々後ろ髪引かれる思いでしたが、案内して頂いた方にお礼を言い、工場を後にしました。

前回訪問した1年前に比べ、留置車両のラインナップが変わっていて驚きましたが、もしも本当にエコノミーが
廃止されてしまったとすると、来年は更に車両のラインナップが変わって(増えて?)いるかも知れませんね。

コメント (2)

虎尾製糖の原料輸送列車・今季の運行終了

2013-03-21 23:56:52 | 台湾の鉄道
またまた更新が滞ってしまい恐縮です。今週は昨日まで虎尾製糖の原料輸送列車を撮影するため、台湾・虎尾へ
再訪問して参りました。しかし毎年3月20日頃まで運行される原料輸送列車でしたが、今年は少し早い終了となっ
た様子で、私が訪問した前日の17日をもって今季の運行を終えてしまったそうです。

念の為、踏切横の檳榔屋さんに運行状況を聞いたのですが、やはり「昨日で終わってしまった」との事でした。

何処から列車の運行終了を聞いたのか、路地裏併用軌道内は既に駐車場と化しております(笑)

この光景だけ見ると、何年も列車の走っていない廃線跡を見ているかのようですね。

一方で虎尾製糖内のヤードには、原料を積んだ貨車がシートを掛けられ留置中。

構内を入換する徳馬牌(DIEMA)DLが来ないか?暫く粘ってみたのですが、残念ながら現われませんでした。

毎年のように「今季が最後」と言われつつ、はや数年が経過した虎尾製糖の原料輸送(砂糖きび)列車。果たして
来シーズンも運行はあるのでしょうか?工場用地の再開発?といった話も聞かれるだけに少々気になります。

今年も12月の収穫シーズンと同時に、DIEMA製DLが再び元気に走り出してくれれば嬉しいですね。
コメント

惜別!!東横線・渋谷地上駅

2013-03-16 23:53:42 | 東急線
本日より東横線と副都心線との直通運転が開始され、渋谷新駅で行われた華々しいテープカットと共に走り始め
ましたね。一方で1000系・9000系・メトロ03系といった馴染み有る車両達が消えてしまったのは残念でなりません。

前日に発生したブレーキ不具合のため、9001Fこそ運用に就きませんでしたが、9000系は2編成が朝運用に・・・。

30ウに充当された9010Fが渋谷地上駅に入線した最後の9000系となりました。

祐天寺駅で並んだ1000系1005Fと東京メトロ03系、有り触れた日常だった光景も過去帳入りに。

1005Fだけは、結局最後までスカートが取り付けられませんでした・・・。

最終日夕方以降は駅全体が人で溢れ、移動するのも困難でしたが、大きな事故も無く最後を迎えたようです。

もうこのホームに電車が入線する事が無いとは、未だに信じられませんね。
コメント (6)

東急8000系8039F・渋谷行き??

2013-03-14 23:28:24 | インドネシアの鉄道
早いもので東横線・渋谷地上駅に電車が入線するのも、明日残り1日を残すのみとなってしまいましたね。
副都心線との直通を控え新旧車両の交換や代官山駅での切り替え工事など、気になる点は多々有りますが、
沢山の思い出の詰まった、あの大きな高架駅に二度と電車が来なくなってしまうかと思うと、やはり寂しいです。

そこで、今となってはちょぴり懐かしい元東急8039F旧色時代の写真から「渋谷行き」を選んでみました。

ジャカルタのランドマークタワー「モナス」を横目に”急行 渋谷”行きが通過中(笑)

続いて、ブカシに向け快走中の17ウ”特急 渋谷”行きです。

この当時は運番も残存しており、適当な運番表示で通過し、戻って来たら何故か17ウ表示になっていました(笑)

最後はインドネシア独立記念日を数日後に控え、国旗の横を通過する”急行 渋谷”行き。

現在では現地仕様の行先になってしまったため、これら表示も見納めとなってしまったのが何とも残念ですね。
コメント

東急9012F・1001F運用離脱??

2013-03-12 23:25:58 | 東急線
東横線と副都心線の直通運転開始まで、いよいよ数日を残すのみとなりましたが、残念ながら最終日を待たず
して9000系9012Fと1000系1001Fが相次いで運用を離脱してしまったとのニュースが飛び込んで来ました。

先週は元気に運用中だった9012F、最終日まで9000系4編成体制で行くかと思っていたのですが・・・・・。

そして1000系は、まさかのトップナンバーが一足先に東横線から引退です。

1003Fに続き総合車両製作所に回送されるものと思われますが、果たしてどのような改造を受けるのでしょうか?
今のところ公式情報が上がっていない1000系に関しては、日比谷線直通廃止後の去就がとても気になりますね?

コメント (10)

2013台湾ランタンフェスティバル

2013-03-10 23:55:34 | 台湾の鉄道
毎年2月後半から3月始めに行われる台湾ランタンフェスティバルですが、一度は行ってみたいと思いつつ、なか
なか行けず仕舞いのままでした。特に昨年は交通が不便な鹿港での開催な上、交通規制も厳しくバスに乗るにも
一苦労だったそうです。しかし今年は新幹線"新竹"での開催となりましたので、前回の虎尾帰りに寄ってみました。

新幹線を降り、徒歩0分でランタン祭りの会場へ!!交通の便は良かったのですが、唯でさえ少ない駅構内の
コインロッカーが既に一杯だったため、重いトランクをゴロゴロ頃がしながら会場入りです。

会場内は予想以上に広く、駅前がメイン会場になっており、そこからテーマごとのブロックに分かれておりました。

全て見るのは時間的に不可能だったので、とりあえず台鉄ランタンコーナーを探す事にします。

テーマは、台鉄とバットマン?だそうで、アメリカンコミックスのキャラクター達の隣で”普悠瑪号”を発見。

デビューしたばかりの看板列車だけあり、ランタンも大人気です。

そのお隣には”太魯閣号”も登場、普悠瑪とは微妙に造詣を変えている辺りに拘りを感じますね(笑)

しいていえば、前面ガラス部をもう少しフラットに出来たら、より似た表情になったのですが・・・・。

こちらはCK101と駅長さん、そして踏切も(笑)

踏切の形をしたランタンというのは、本邦初かもしれません!!

えっEMU500形が何故???と一瞬思いましたが、新幹線・新竹駅に乗り入れる六家線がこの電車だからですね。

普悠瑪・太魯閣に比べ、一番完成度が高かったのが何とも皮肉でした。

他にも寺院や地域交流、台湾原住民族をテーマにしたランタンなども有り、帰りの新幹線の時間ギリギリまで楽し
めました。今年は本日をもって終了してしまいましたが、機会があればまた来年も訪問してみたいと思います。
コメント (2)

在りし日の東急9000系!!その④ 

2013-03-05 23:39:44 | 東急線
今日は所用で東横線に乗る機会があったのですが、渋谷駅のホームに上がったところ、平日にも関わらずかなり
の人がカメラを構えており驚かされました。構内に設置された直通開始へのカウントダウン表示は、あと11日・・。
沢山の人達が行き交う大きなターミナルが、僅か数日後には姿を消してしまうとは、俄かに信じられません。

9000系全編成、今回は9011Fから!!8000系と新幹線とのコラボを狙って環状2号線から撮影してみたのですが、

お目当ての8039Fはこの日入庫・・・。でもこの後で、8019Fと新幹線のコラボは撮影出来ましたっけ。

続いて2006年頃、菊名~妙蓮寺の定番スポットで撮影した9012F。

バックに横浜線205系が写っている事を、今になって発見です(笑)

9106Fと共にTOQ-BOX号だった9013Fは、無意識のうちに有名撮影地”亀屋万年堂”にて撮っていました!!

続きのデータを見ていると、肝心の8000系は被られ見事撃沈した悔しい思い出が・・・・・。

この時期、同時に5050系も適当に記録していましたので、気付かぬ間に全編成撮っているかも知れませんね(笑)
コメント