Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東武9000系元住吉検車区に現る!!

2011-08-31 23:39:21 | 東急線
つい先日、東京メトロ7000系が出現した元住吉検車区ですが、今週に入り、とうとう東武車が入線した!!
との情報が有りましたので、早速再訪してみました。

すると、いきなり目に飛び込んで来たのは、次世代の東横線を現したかのようなこの並び!!
東武9000系9051Fと東急5050系4101Fが仲良く並んでいます。

そのお隣では目黒線3000系、3001Fとの並びも。

10両編成の電車が東横線に入線したのは、歴史上この東武9000系が初めてとなりますね。

しかし東武車と東急車の並びって、田園都市線の車両が直通先の南栗橋や北春日部で東武車と並んで
いるせいか、正直あまり違和感を感じません。

これがもし西武車だったら、相当なインパクトが有る事でしょう!!

また直通後の去就が気になる東急9000系ですが、ラストナンバー9015Fが全検を受け帰って来ました。

お隣の1000系も、東横線用の編成は前面手すりが撤去されておらず一安心です。

副都心線への直通運転開始まで残すところ約半年、ますます目が離せなくなって来ますね。
コメント (2)

池上・多摩川線 ワンマン車の前面が・・・・?

2011-08-30 23:02:12 | 東急線
昨日、沿線在住の友人O氏より、池多摩線ワンマン車の前面が微妙に変化をした!!との情報を頂いたので
早速、蒲田駅に行ってみると、元トップナンバー7910Fが入線・・・・・一見、特に変化は無いような??

と、思ったのも束の間、前面横にあった昇降ステップが台座を残し消えております。

改めて良く見ると、前面ライト横の手摺や貫通扉の手掛けまで撤去されている様子。

しかし一体何のため?? 他の車両達はどうなっているのだろう??

と思い、暫く蒲田駅で待ってみると、この日の運用は7700系ばかり。

やっとやって来た7600系の前面は、やはり7700系同様に撤去作業が行われております。

続いて入線した1000系に至っては・・・・・・・(涙)

モールドを削ったGMの前面パーツのように、マヌケな表情になってしまいました。

そして、この一連の作業は、何と最新鋭の7000系にまで波及してます。

これじゃ、もうヘッドマークも付けられませんね。

突如行われた手摺の撤去作業、コトの発端は、先日、こどもの国線内にて小学生か中学生が、
ワンマン車後方車両の前面手すりに飛び乗る↓↓↓という悪質なイタズラをしたらしく
(※注 写真はジャカルタで、飛び乗っている人達も彼の地では特に問題ありません。)

ホームドアの無い、ワンマン線区の車両の前面手摺が一斉に撤去されたとの事でした。

しかし、いくら夏休みとはいえ、やって良い事と悪い事があるのでは?こんなくだらない事で、
全車の前面手すりを撤去する事態になるとは!!何とも抑えようのない怒りが込み上げて来ますね。
コメント (6)

去就が気になる ことでん1080形・1070形

2011-08-29 23:47:15 | 京浜急行1000形
先週からお伝えしていた琴電1300形ですが、数日前、琴電内にて1305編成の試運転が行われたようですね。

となると気になって来るのが離脱予定車、1080形・1070形からそれぞれ1編成づつ廃車が出るとの事で
どうやら1080形は、この1089編成(元京浜急行1000形 デハ1047+1045前面・デハ1048)が

そして1070形は1075編成(元京浜急行600形 609+612)が置換え対象になってしまいました。

元京急のクイーン600形が、1070形として琴電に譲渡された際は、京阪5000系のような顔になってしまい、
少々ガッカリしましたが、2扉のまま残る側面は快特として京浜間を行き交っていた頃を彷彿とさせますね。

そうそう高松といえば、久しぶりに行ってみたいところが何カ所か・・・・・・
琴電陶駅から徒歩3分のところにある”赤坂うどん”

元々製麺所なので、至って質素な店内ですが、ここのうどんは絶品でした。
醤油を掛け過ぎると怒るオバちゃんは元気でしょうか?

琴電瓦町駅から徒歩1分のたぬき横丁にある洋食”おなじみ”

うどんに飽きてきた頃、たまたま遭遇したお店ですが、ここのオムライスが、これまた最高でした。
でも何故かオムライスの提供は火曜・金曜のみ??

ことでん訪問は、こうした沿線の食堂に足を運ぶのも楽しみの一つですね。
コメント

ことでん沿線で出遭った猫達

2011-08-28 23:27:28 | 京浜急行1000形
今まで幾度となく通った琴電沿線ですが、猫と遭遇出来たのは、ほんの数回のみ・・・
そんな琴電沿線で出遭った猫達の写真です。

2003年12月撮影、朝ラッシュが終わった長尾線花園駅にて

旧型車による朝の増結運用を撮った後、ホームで待っていると、何処からともなくやって来たトラ猫の
駅長さん、デビューしたての”ことちゃん”と並び、何だか嬉しそうな表情です♪

2006年8月撮影、夕方の志度線屋島駅前にて

蒸し暑い夏の夕方、駅前の坂道を歩いていると、車の下には涼しげな顔をした三毛猫の姿が・・・

2006年8月撮影、屋島ケーブル屋島登山口駅跡付近にて

廃止となった屋島ケーブルの駅を目指し移動中、石材屋さんで遭遇したトラ猫。

もっと沢山の猫達に沿遇したような気もしたのですが、実際写真を撮っていたのはこれくらいでした。
まあこの当時は、猫よりも旧型電車の写真を撮る方が必死でしたね(笑)

オマケ

前回訪問した2006年8月には、まだ元京浜急行230形である30形27+28が健在でしたっけ。
あれから約5年、まさか大型車である1070形・1080形の廃車が出ようとは夢にも思いませんでした。
コメント

京浜急行1243編成、1305編成・ことでんへ その⑨ 船積み編Ⅲ

2011-08-27 23:29:49 | 京浜急行1000形
1306号車を見送った後は、大黒大橋から埠頭に戻り、最後の1両となった1305号車を見送る事にします。

すると1306号車が積み込みれている間に、陸送用の台車を履いたようで、手際良く移動が開始されました。

今までの車両達と同じく、トレーラーに牽かれ船の横まで移動した後は

ワイヤーが掛けられ

クレーン車により吊り上げ開始!!

流石に手慣れてきたせいか、一連の作業開始までとても速く感じました。

ゆっくりと宙を舞う1305号車、バックは大黒大橋です。

もう少し後方から撮影していれば、橋とのコラボレーションが撮れたのですが・・・・

徐々に姿が消えて行くのを見るにつれ、1000形との様々な想い出が頭をよぎります。

そして、全車の積み込み完了!!

大雨の影響でトラブルに見舞われた今回の搬出作業でしたが、致命的な大きな損傷被害も無く
無事に積み込みが終わり安心しました。

もうこの雄姿が見れないかと思うと少々寂しいですが

最後まで残った1000形達が、今後も琴電で活躍してくれるかと思うと嬉し限りです。

オマケ
川崎駅前でのレンタカー返却後、京急川崎駅から乗ったところ、こんな場面に遭遇しました。

ヘッドマークを付けた1500形の乗務員室には子供の姿が??

どうやら子供向け夏休み企画の「見習い車掌・駅係員体験」のイベントが行われていたようで、

子供達が1500形のドア扱いをする、微笑ましい光景がみられました。

きっとこの子達が大きくなる頃には、この1500形が琴電に譲渡されているかも知れませんね。
コメント

京浜急行1243編成、1305編成・ことでんへ その⑧ 船積み編Ⅱ

2011-08-26 23:46:36 | 京浜急行1000形
1307編成の搭載が完了した後、小休止を挟み少し時間をおいて、次の1305編成の作業が始まりました。
1305編成は台の上に留置されていた為、陸送用台車の取り付け作業から開始されます。

まずは1306号車が吊り上げられ、トレーラー牽引用台車に履き替えられました。

履き替えが完了すると、トレーラーに牽かれ移動開始!!

対岸には”横浜のそごう”の看板も!!この電車がこれから向かう高松の瓦町にも、
かつて”コトデンそごう”が、有りましたね(今や黒歴史になってしまいましたが・・・汗)。

船の横に到着すると、1307編成同様に手際良くワイヤーが固定され

クレーンにより吊り上げ作業が進められます。

夏休みで賑わう”みなとみらい”をバックに、長尾行き電車が空を飛ぶ!!

対岸に居る人達は、同じ時間に京浜急行が宙を舞っているとは、夢にも思わなかった事でしょう(笑)

徐々に降下が開始されてゆく1306号車

みなとみらい地区のシンボル、ランドマークタワーともこれでお別れですね。

近未来的なみなとみらいのビル群を眺めながら、仲間の待つ船底へと消えて行きました。

この電車が一番輝いていた1980代、この周辺一帯は、まだ工場や造船所のドックばかりでしたっけ。

もし電車が話せたら、毎日見守って来たこの一帯の変遷を、雄弁に語ってくれたかも知れません。

コメント

京浜急行1243編成、1305編成・ことでんへ その⑦ 船積み編

2011-08-25 23:41:02 | 京浜急行1000形
午前8時を過ぎた頃、一気に現場が慌ただしくなり、船積みに向けた作業が開始されました。
まずは昨夜からトレーラーに載せられたままの1308号車から移動開始。

船と平行になるよう90°向きを変え、ゆっくりとバックで横付けされます。

1308号車に続き1307号車も移動を始め、船積み後、直ちに移動できるよう後方に留置されました。

1000形の前面と側面が同時に並ぶというのも、こういった時でも無い限りありえませんね。

やがて船に横付けされた1308号車に、クレーンから延びるワイヤーがかけられ

四国に向かう船へと搭載作業が始まります。

2台の大型クレーンにより吊り上げ開始後、徐々に車体が浮き上がり

横浜港をバックに1000形が空を舞います。

その後、あっという間に船底へと消え、1両目の搭載は無事完了。

それにしてもこの船、電車と比べると小さく見えます。本当に4両も積めるのでしょうか?

1308号車の搭載完了後、スタンバイしていた1307号車も直ぐに作業が開始されました。

こちらも手際良くワイヤーがかけられ。

吊り上げ作業開始。

2台のクレーン車の息もピッタリで、迅速かつ安定した作業が続きます。

降下が開始され、徐々に消えて行く1307号車

大黒大橋の上から見下ろすと小さく見えた船も、こうして地上から見ると、やはり大きく感じますね。

さようなら1243編成!!京浜急行での永らくの活躍、お疲れさまでした。
コメント

京浜急行1243編成、1305編成・ことでんへ その⑥ 

2011-08-24 23:41:14 | 京浜急行1000形
陸送を撮り終えた後は、少し早い朝食を取るために横浜中央卸売市場へと向かいます。
しかし行く予定だった、名物店秋葉屋市場食堂は何故か営業しておらず、仕方なく水産物部の方へ

すると、夜明け前の早朝にも関わらず、もう一つの名物店「もみじや」さんが営業しておりました♪

朝ごはんにしては豪華すぎる「おまかせ定食」を頂く事にします♪♪

水産市場内にある食堂だけに、新鮮なお魚が盛り沢山で大満足!!
まだこの時間なので私達しか居ませんでしたが、お昼時には行列も出来る人気店なのだとか・・・

食後、レンタカーの車内で数時間仮眠を取り、再び大黒埠頭へ。
すっかり夜が明けた埠頭内では、船積みに向け最後のチェックが行われておりました。

どうやらトレーラーに乗ったままの1307+1308から積み込まれる様子です。

一方で1305+1306は台に載せられ、TH1000形台車の後ろに留置中。

同行した京急ヲタファン歴30数年のMT氏によりますと、同じ1000形でも製造ロットの違いから1305
(元1305)と1307(元1243)は微妙に表情が違う!!との事ですが・・・私にはイマイチ違いが解りません。

今回のコトデン1300形導入につきましては、四国新聞にて詳細なニュースが掲載されております。
西日本特派員の友人K氏のインタビューも掲載されておりますので、是非ご拝読下さい(笑)
コメント

京浜急行1243編成、1305編成・ことでんへ その⑤ 大黒埠頭編

2011-08-23 23:00:26 | 京浜急行1000形
新町検車区を出発すること約1時間、トレーラー牽引による陸送で横浜大黒埠頭に到着した琴電1300形は、
翌朝の船積み作業開始まで暫しの休憩となります。

永年通い慣れた横浜最後の夜は、みなとみらいの夜景を眺めながら・・・・

綺麗に並べられているせいか、大黒大橋から見下ろすと2両しか居ないようにも見えますね。

三脚を用いたバルブ撮影を試みましたが、車が通る度に橋が揺れ、ブレずに撮るのは一苦労。

埠頭内では前日に出発した1305(元京急1305)+1306(元京急1308)が左奥に、

(敷地外から撮影)

少し離れた場所に1307(元京急1243)+1308(元京急1250)が留置中でした。

後方には、高松まで1300形を艦載して行く船が既にスタンバイ中です。
翌朝の船積み作業は、朝8時からとの事でしたので、私達も現場を離れ一休みすることに。

つづく

コメント

京浜急行1243編成、1305編成・ことでんへ その④ 陸送編Ⅱ

2011-08-22 23:56:59 | 京浜急行1000形
1307号車が出発後、直ぐに相方の1308号車もトレーラーに牽かれ新町検車区を出発。

検車区の前は狭い道なのですが、絶妙なハンドリングで切り返します。

続いて2000形電車が見守るなか、検車区の踏切を通過し国道15号へ。

電車が車道側で踏切を渡るって、何とも不思議な光景ですね!!

その後、先回りして大黒埠頭へと続く大黒大橋のたもとで待つ事に

すると先導車を従え、そこそこのスピードでやって来ました。
感度を最大に上げ撮影してみましたが・・・・・やはり夜間の手持ち撮影は難しいですね。

大黒大橋のたもとから、徒歩で埠頭内に移動しトレーラーの到着を待っていると

まず1307号車が到着!!バックには前日搬出された1305・1306号車の姿も。

続いて1308号車も到着し、明朝の船積みへと備えます。

カメラの性能が良いお陰か?今回は暗闇での手持ち撮影にも関わらず、そこそこ撮れていて驚きました。
陸送というジャンルには、今まであまり縁が有りませんでしたが、いざ撮影してみると、なかなか魅力的ですね!!
コメント