Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋葉鶏排!突然の閉店・・・・

2011-04-26 03:01:48 | 台湾夜市巡り
台湾を旅すると夜市や屋台で必ず遭遇する、排骨(パイクー)と鶏排(チーパイ)

排骨は豚肉、鶏排は鶏肉をそれぞれ揚げたものですが、八角を始めとした香辛料がスパイシーな味付けが特徴で
学生のおやつからお弁当のおかずまで、多くの台湾の人達に愛されている伝統的な料理の一つです。

その鶏排が日本でも食べられる!!!

一昨年の秋、秋葉原駅前に突如オープンした「秋葉 鶏排」では、その名の通り現地と変わらない味で、
日本に住む台湾好きにとって、ささやかな夢を叶えてくれたお店でした。

チーパイとルーロー飯と、ビーフン

日本でこんなに八角を効かせて良いのかな?と思う位、忠実な味付けで流行るかどうか心配だったのを思い出します。

コスパ抜群だった¥500のお弁当

秋葉方面に仕事で出たついでに買って帰り、会社でお弁当の容器を開くと懐かしい台湾の香りが・・・・

台湾のコンビニでお馴染の台湾風煮卵「茶葉卵」も有り、五香粉の効いた味付けはチーパイ共々本場の味付けでしたっけ。

何度か通ううちにお店の方ともすっかり顔見知りになり、沖縄出身で台北で修業した店長さんや、高雄出身の小姐(お姉さん)と
チーパイが揚がるまでの暫しの間に、台湾グルメや中国語の話をするのも楽しみの一つでした。

ある日、店長さんに「鉄路弁当」を作って欲しい!!とお願いし、台湾に行った際、
台北駅で買って帰ったお弁当を、成田からの帰りに差し入れに持っていったら

数週間後、容器まで拘った正真正銘の台湾弁当が出て来て驚きましたっけ(笑)

そんな愛すべきお店も、東日本大震災の影響で中国・台湾からの留学生が激減した煽りを受け、
今月14日をもって突如閉店してしまいました。

最後にもう一度、あのチーパイやお弁当が食べたかったのですが、それも叶わぬ夢となってしまいました。

1年数カ月の短い間でしたが、日本で台湾の味が気軽に楽しめたのは本当に嬉しかったです。
スタッフの皆さん、本当に有難うございました。またいつの日か何処かでお会い出来ると良いですね。
コメント (2)

田園都市線桜散歩

2011-04-22 02:01:50 | 東急線
もうすっかり散ってしまいましたが、今年も関東各地で美しく咲いた桜達。
先週は、東急田園都市線沿線に桜と東急8500系のコラボレーションを撮りに行って参りました。

ホームの外れに大きな桜の木が有るこの場所では、今年も見事に咲いています

まずやって来たのは青帯8637F、この編成は前面からもシャボン玉が消えてしまいましたね。
この後、節電ダイヤで日中の本数が少ないにも関わらず、某社5萬5拾系が狙ったかのように何本も続き・・涙

暫し待つ事、数十分、やっと来た8500系は、伊豆急カラーの8614F伊豆の夏号です!!
つい先週まで「早春の伊豆号」のヘッドマークを付けていたのですが、残念ながら既に外されていました。

以前おっとっと様から教えて頂いたこのアングル、桜と8500系を収める事が出来、とてもお気に入りです。

その後、長津田工場にて入場中の8606Fを見た後、帰ろうとすると

そろそろ先ほど撮った8614Fが戻って来る時間になりましたので、後打ちで桜を撮れるスポットへ。

散り行く桜の花吹雪を浴びながら走り去る8614F、そういえば本家伊豆の”神津桜”と伊豆に嫁いだ8000系達を
毎年撮ろう撮ろうと思いつつ、未だ実現出来ていません。来年こそは、是非とも撮りに出かけてみたいですね。
コメント (2)

ボゴール電車区の猫

2011-04-21 01:19:53 | インドネシアの猫
以前は自由に入れたインドネシアの電車区ですが、昨年から入場するのに鉄道局発行の許可証が必要となり
一番ガードが緩かったボゴール電車区までも、通常はゲートが締められ入場出来なくなってしまいました。

しかしここはインドネシア、日本と違い良くも悪くも柔軟なお国柄、電車区スタッフに知り合いさえ居れば
稀にケースバイケースで入れて貰える事もあります。

人の出入りは厳しく制限されていても、猫達は未だフリーパスで入れるようで

何処からともなく、1匹の猫が電車区にやって来ました。

夕方のラッシュ時、慌ただしく電車が出区して行ったのを見計らい、線路の真ん中で一休み。

轢かれるよ~と思いましたが、きっと彼女は列車が帰って来る時間を私より熟知しているのでしょう・・・・・

思えば、ジャカルタの電車区で猫に遭った事が無いのは小高い壁が張り巡らされているデポックだけですね(笑)
コメント

北王子支線運休中

2011-04-18 00:39:35 | その他
毎年桜が咲くと行きたくなるのが、王子駅から延びる東北本線北王子貨物支線の終点・北王子貨物駅。
DE10の牽引する貨物列車が都内で見れるのは、今やここと越中島貨物線位になってしまいましたね。

石巻にある日本製紙の工場から送られてくる紙製品を積んだ列車が、1日4往復ほど発着していたのですが・・・

その石巻の日本製紙の工場が東日本大震災で被災してしまったと聞き、動向が気になっておりました。


この影響を受け北王子線も運休では?と思いつつ、王子駅から徒歩で北王子駅へ向かってみます。

レールにはうっすら錆びが浮いているところをみると、やはり運休中の様子ですね。

そして北王子駅に到着するも、踏切にはゲートが閉まり構内にも貨車の姿はありません。

でも桜の花だけは何時もと変わらず咲き乱れておりました。

失業中の日通スイッチャー達。

もぬけの殻と化したヤードに咲き誇る桜の花は、何処となく寂しげですね。

いつもなら、忙しく貨車の入換えをしているスイッチャー達の汽笛が聞けないのは残念でなりません

北王子駅のヌシ、北陸重機君も失業中です。

一日も早い復旧を願いたいところですが、工場の被災状況を見ると操業まで暫く時間がかかりそうに思えます。

来年の春には、美しい桜とDE10の共演が再び見れる事を願います・・
コメント

東急8606Fリバイバルカラー??

2011-04-16 01:23:57 | 東急線
一昨日、田園都市線沿線にて桜の写真を撮った後、恩田駅から長津田工場へ行ってみると
東急8500系最後の原型編成である8606Fが重要部検査で入場中でした。

構内に留置してあるのは8606からの渋谷方5両のみ、長津田方5両は工場建屋内でしょうか?

工場ゲート近くまで行き、デハ8606方5両を正面から見てみると・・・・・

( ゜д゜) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゜д゜) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …!?

おっおっおっ帯が無いっ!! 

怪しげな脚立も置いてあるし、これはひょっとして、オレンジ色のスカートが付くフラグなのでは?

などと妄想は尽きませんが、実際は単なる帯の張り替えだった様子です。
どうせ張り替えるなら、貫通扉の車号を銀色にでも復元してくれれば嬉しいのに(笑)

オマケ 2009年にデポック電車区で見た全検中の8608Fです。

果たして8606Fも仲間達が活躍するジャカルタに行く日は来るのでしょうか?

8000系の帯無しは格好良いのですが、8500系だと何度見てもイマイチですね。
コメント (4)

今年も桜の季節がやって来ました

2011-04-15 01:06:27 | その他
新しいPCへ移行したため、またまた更新が遅れてしまいましたが、首都圏では今年も桜の季節がやって来ましたね。
今年は大災害に見舞われ気持ちが沈みがちですが、満開に咲いた薄紅色の花弁を見るだけでとても元気付けられます。

この時季、毎日の通勤で楽しみなのが中央線の車窓から見える、市ヶ谷のお堀の桜達。
例年より少し遅く、今週になりやっと満開になりましたのでカメラ片手にお散歩して参りました。

飯田橋駅から線路沿いの遊歩道はお花見する学生達で大賑わい!!
今年は自粛ムードが囁かれていただけに、何時もと変わぬ光景に一安心です。

こちら側の土手には桜と共に菜の花も咲き、黄色い電車とのコラボレーションも

この構図は今回初めて発見、何でもっと早く気付かなかったのだか・・・・

紫色の花はスミレでしょうか?

103系や201系が健在だった頃に、もっと撮っておけば良かったと後悔しきり(涙)

割と有名な、市ヶ谷のお堀端からの1コマ

思えば前回私がここで撮影したのは十数年前、飯田橋貨物の最終日だった気が・・・

お堀に浮かぶ花弁を撮っていたら、ちょうどE257系がやって来ました。

桜の花を見るだけでテンションが上がるのは、やはり日本人だからなのでしょうね(笑)

来年の今頃は原発を始め諸問題が全て解決し、きっと復興に向け特需景気を突き進んでいる事でしょう!!
コメント

石巻の復興を祈って

2011-04-06 02:26:27 | 仙石線の103系
九州や関西に親戚が集中している私にとって、東北にはあまり馴染は無く、正直近くて遠い場所です。

そんな中、猫の島を一目見たくて興味本位の気持ちだけで訪れた”石巻”

Suicaも使える仙石線で都市仙台から1時間弱で到着し、とても近い印象でした。

町を一歩歩くと、

朝早い影響も有り、シャッターの閉まった商店ばかり。

猫の島"田代島"へ行くため、港を目指し歩いているとみかけた看板。

ロボコンやサイボーグ009といったお馴染のキャラが道案内。

商店街の一角には仮面ライダーも居ます。

このポーズは変身の最中かな?

レトロな建物が多かった石巻の街

戦前からと思われるモダンな建物も!!

街を抜け、港の近くに到着すると海面スレスレ。

あまりに海面が近すぎて、東京育ちの私は少々違和感を感じました。

港に沿った漁師街でみかけた古い自動販売機!!

お金を入れると食べられそう(笑)

良く見てみると・・・

ジュース1本70円って何時の時代だか??私が幼少の頃ですら既に90円だったのに???

さらに進むと現れた、石ノ森章太郎萬画館。

宇宙船をモチーフにした斬新なデザインが印象的ですね。

石巻駅から徒歩40分強、網地島ライン乗り場までは丁度良い朝のお散歩でした。

ここから網地島ラインのフェリー”ブルーライナー”号に乗って田代島に向いましたっけ。

あれから2年弱・・・・・まさかこの街が津波の犠牲になってしまうとは。
本当に悲しく、暫く信じられませんでした。

でも駅前に居た”仮面ライダー”は津波に流される事無く無事だったそうで、下記の記事のように
これから復興の象徴となれば良いのですが。
http://www.asahi.com/culture/update/0321/TKY201103210207.html
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110401/ent11040114200012-n1.htm
壊滅的な被害状況を見るにつれ、復興への道のりは決して容易では無いと存じておりますが、
もう一度元気な石巻の姿を見れる事を心より願っております。
コメント

故郷の味”かしわうどん”

2011-04-03 23:55:55 | 新日本製鉄くろがね線の車両達
新日鉄くろがね線を撮影した後、西鉄バスで到着した戸畑駅から、少し遅い昼食をとるため折尾駅へと移動します。

1997年以来、10数年ぶりの訪問でしたが鹿児島線のホームは変わっていない様子で一安心。
でも1階にあった筑豊本線ホームは、電化された折尾~博多と直通する福北ゆたか線と、折尾~若松間に非電化で
残る若松線が完全に分断され、かつて運転されていた若松駅から直方方面へ直通する列車は無くなってしまいました。

この駅の名物といえば、伝統ある駅舎もさることながら

ホームに有る東筑軒の駅弁"かしわめし"と"かしわうどん”

夕方だったので駅弁は売り切れでしたが、早速店内に入りかしわうどんを頼みます。

デフレ傾向が続く東京の駅ソバに比べると、値段は高めに感じますが”かしわめし おにぎり”(既に売り切れ)や
いなりずし(おにぎり形?)・おでんなど、豊富なラインナップが魅力的でした。

”かしわうどん”350円

”かしわ”から出る甘辛いタレと薄口醤油ベースのスープの組み合わせで、九州のうどんならではの絶妙な味が堪能出来ます。

東京で育った私にとって「かしわ」ってなんだろうと?と本気で疑問に思った時期がありましたが、駅で”かしわうどん”
を食べた時、今は亡き九州の祖母が作ってくれた甘辛い鶏肉の煮物の味を思い出しました。

あの絶妙な味付け、未だ関東では出逢った事がありませんね。
コメント