Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅 その4

2009-12-25 23:39:39 | ”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅
Gang Sentinog駅を出るとすぐ、CC20100型DL牽引の貨物列車とすれ違いました。
無蓋車の積み荷はセメントのよう?


続いてKramat駅をかなりのスピードで通過


この辺りは首都ジャカルタとは思えないほど豊かな緑で癒されます。


途中、線路を横断する学生さん達から歓迎を受けました(笑)


やがて沢山のDLが駐留する国鉄のJatinegara機関区を通り過ぎ


Jatinegara駅構内に進入します。 


Jatinegara駅ではスイッチバックのためエンド交換を行いTanaAbangへ向け出発!!



”WIJAYA KUSUMA”の第2エンドには展望席が無かったため、次回からは後部展望の様子をお伝え致します。
コメント

”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅 その3

2009-12-24 21:15:02 | ”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅
PCのクラッシュのため先月よりお休みさせて頂いておりましたが、データ復旧及び新しいPCへの移行が無事完了致しましたので、
本日より更新を再開させて頂きます。間隔が開いてしまい申し訳ございません。

Kemayoran駅を出発した”WIJAYA KUSUMA”はPasar Senen駅を目指しひた走ります。

この辺は緑が豊かな上、線路上を歩く人も少ないので安心して前面展望が楽しめます。

カーブを曲がると突然視界が広くなり、広大なPasar Senen駅が見えてきました。


構内ではジャワ島各地に向かうEKONOMI客車列車がお出迎え


大理石が張り巡らされた豪華なホームが特徴的なPasar Senen駅に到着。
この駅でも”WIJAYA KUSUMA"は注目度抜群です。

5分ほど運転停車をした後、Pasar Senen駅出発


駅を出てJatinegara方面へ走り出すと現れるのが・・・・・・


想像を絶するゴミの山に続き


上り線と下り線の間に建つ住宅、ここでも焚き火をしている人の姿が!!

この一帯はスラム街のようで、ずっとタイフォーンを鳴らしっぱなしで進みます。

スラム街が途切れるとSenenの市場を通り過ぎ



やがてGang Sentinog駅に到着。

ここは緑に囲まれた落ち着いた駅のようです。


次回へ続く
コメント (2)