Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

衝突実験後の103系

2010-07-16 23:10:30 | 想い出の国電
北へ向かった103系を撮影した数ヵ月後、たまたま国立の駅で降りる機会が有ったので
駅から延びる連絡線を辿りJR総研へと寄ってみました。

当時、構内に取り込まれていた101系や103系を敷地外から撮影しようと試みたのですが、建屋に取り込まれており撮影は失敗。

諦めて帰ろうとすると、資材置き場に置かれていた怪しげな物体が目に止まります。

この補強材の断面はもしや!!と思い正面に周ると

亡霊のように浮かび上がるブタ鼻シールドビームに運番幕、行き先幕、高い運転台・・・・・・

塗装が剥離されているものの、間違い無くクハ103ATC車のなれの果てでした。

直ぐお隣にはマンションが有り、ちょうど掃除をされていた方が居られましたので許可を頂き、マンションの階段から撮影。

置かれた鋼体は4体ですが、ドアは1個ずつしかなかったので1両のみだったのかも知れません??
屋根と床には衝突の際に付いたと思われるダメージが残り痛々しかったです。

きっと苗穂の実験と合わせ、車両の強度や歪み等を計測したのでしょう!!
新車のイメージが強かったATC車の無残な最後を目の当たりにし、当時はかなりの衝撃を受けました。


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 北へ向かった103系?? | トップ | 速報!!8039F全検出場 »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (松永)
2010-07-18 23:14:25
 初めて実験後の車両を見せてもらいました。実は2年前に鉄道総研に行った際には211系の輪切りがおかれていました。日経新聞によると強度試験に使われていたとのことでした。103系の試験後にはE217系などの衝撃吸収の材料に活用されたようですね。
Unknown (Kuching_kampung)
2010-07-21 06:15:09
松永様

コメントどうも有難うございます。
211系という事は、廃車になったサハの事でしょうか?
そんな新しい車両まで強度実験に供されていたとは驚きです。

実験後の車両達の無残な姿を見かけた時は絶句致しました。
でも、これら車両達から得た衝撃吸収のデータが次世代車両の製作時に反映され、より安全な車両の設計へと繋がって行くのかと思うと、止む終えませんね
Unknown (松永)
2010-07-21 17:36:16
 そうですね。車番とかがわかりませんでしたが、そうだろうと思います。
Unknown (Kucing_kampung)
2010-07-22 00:30:47
松永様

こんばんは
車両が実験に供される前、車番は意図的に消されていたのかも知れませんね・・・・

鉄道総研では、以前事故で廃車となったJR九州の815系らしき鋼体も目撃されたらしいので、どのような車両が取り込まれているのか興味深いです。
Unknown (Kucing)
2012-11-27 00:41:06
S様

ご指摘ありがとうございます
確かに813系でしたね。謹んで訂正致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

想い出の国電」カテゴリの最新記事