Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫の島”田代島”に行く その2 

2010-06-11 22:46:42 | 田代島の猫達
田代島・仁斗田港に上陸後、仁斗田の集落を目指して桟橋を歩いて行いていると、対岸を歩く猫の姿を早速発見しました!!

船を降り僅か数分で3匹の猫達と遭遇とは、噂通りの猫口密度(謎)ですね。

途中漁港に寄ってみると、網の手入れをするおじさんの横にはトラ猫の姿も

この場所では毎朝、獲れたて新鮮なお魚欲しさに、沢山の猫達が集まり漁船の到着を待つそうです。

続いて出会った黒猫君、この子は警戒心が強くコチラの様子を伺っております。

その先には更にもう1匹の黒猫が居りますね

先ほど桟橋から見た、黒白君もこちらに向かってやって来ました。

人懐っこい猫へは思わず餌をあげたくなりますが、島外者による猫への餌やりは禁止されております。
最初、何故かな?と思ったのですが、後々思い知らされる事に・・・


続いて田代島きっての有名猫スポット、田代島漁協の建物へ行ってみます。

思ったより猫の姿が少ないな~?と思ったのも束の間

漁協の出入り口前にまず2匹が居り

ドンドンドン!!「 おーい お腹空いたぞ~」そんな会話が聞こえてきそう

建物の横には、生まれたばかりの小さな子猫達も居りました♪

しかし白い子猫を良く見ると、左目を怪我しており、どうやら失明してしまっている様子。
最近、島では猫の食べ残したエサを狙うカラスが増殖しつつあるそうで、この猫もカラスに襲われてしまった様子です。

猫への餌やりが禁止となった本当の理由は、こういう事だったのですね!!
妙に納得出来たと同時に、とても悲しくなりました。

さっきと反対側の漁協の出入り口に周ると、大量に猫が居ります。

模様が似ているところを見ると、家族でしょうか?

一家揃って団らん中(笑)と思いきや

でも良~く見ると?

さっきの毛先の長いチビトラが、なにやら格闘中(笑)

不思議な事に、この島には茶トラの猫が1匹も居ない様子で、黒トラや黒ブチ、黒猫の姿ばかりでした。

次回は仁斗田の集落で出会った猫をご紹介します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 惜別!!京浜急行1000形Part1... | トップ | 台北発!!日帰り台湾1周⑤普... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

田代島の猫達」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事