Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャカルタで遭遇したレアな行き先(笑)

2012-07-12 23:54:57 | インドネシアの鉄道
現在はLEDの故障や幕の交換により、日本時代の行き先を表示する車両も、少なくなってしまいたしたが、
入線して間も無かった頃には、各形式共に日本で表示するのも稀なレア幕を、時おり見せてくれました。

東急8607F九段下行き、種別幕にはR様が製作された"ボゴル"の表示が掲出されております。

東葉高速1000系1061F原木中山行き。今じゃ見納めとなってしまった東葉高速カラーの1000系ですが、

この塗装に赤いスカートは全く違和感が無くマッチしておりました。

東急8604F「快速 青山一丁目」夜9時、真っ暗闇のコタ駅に到着し不安でなりませんでしたが、この表示の
8500系がやって来ると不思議と心強くなったのを思い出します。

因みにこの前日は、「急行 北千住」を出して走っておりました。

東急8039F「A31・各停 武蔵小杉」、これは私がスタッフの方にお願いして表示して頂いたものです。

東急時代晩年の8039Fは朝の運用に封じ込められ、朝ラッシュが終わるとこの表示で車庫に戻りました。

東急8612F「急行 神保町」、「九段下」と並びまたまたレアな行き先ですね。

8612Fや8604Fは東急時代〇Kマークを付けた東武非乗り入れ車でしたが、LEDのロムは共通だったようで
直通車と同じ行き先も表示出来ました。

8618F「45T 急行 東武動物公園」。8618Fは8613Fと並び2本しか譲渡されなかった元東武直通編成です。

マンガライの駅でこの表示を見た時は何とも言えない気持ちになりましたね。
何時の日かメトロ7000系の「快速 西武球場前」との共演を夢見ているのですが・・・(笑)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 一昔前の東急大井町線 | トップ |  嘉義笨港港口宮に保存中のDT651 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
希少な行き先表示 (野津田車庫)
2012-07-14 21:02:31
こんばんは。

最近は行先方向幕も大分撤去が進んでいるようですが、日本時代にも滅多に使われなかった行き先が表示されている姿を見れなくなるのは残念ですね。それにしても、この行き先はスタッフの気紛れで表示しているのでしょうか?
時々、前面と側面の表示が一致していない写真も見るのでいつも気になっているんですが…。
希少な行き先表示 (Kucing)
2012-07-15 00:48:15
野津田車庫 様

こんばんは。

最近は現地仕様の方向幕化が進み、こうした表示を見る機会も残念ながら少なくなってきましたね。因みにこれら行き先ですが、現地のレールファンやレールファンのスタッフが設定しているようです。そして前面と側面の表示が一致していないものは、前面幕の蓋を開け手動で変更したためとの事でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インドネシアの鉄道」カテゴリの最新記事