Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅 その2

2009-10-31 01:06:38 | ”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅
先週は本業が多忙だったため、更新の間隔が開いてしまい誠に恐縮です。


Ange駅を通過した”WIJAYA KUSUMA”は環状線内回り方面に向けひた走ります。
この辺も不法住宅が立ち並び、複線の線路間で寝ている人の姿も!!


暫くしてBB304型DLの単機回送とすれ違い。TanaHabang機関区に向かっているのでしょうか?


高速道路と併走しながら保線作業中(汗)の鉄橋を渡ると、そこはバタビア地区


車窓右手にジャカルタでは数少ない観光名所である、オランダ統治時代の跳ね上げ橋が見えます
(写真は別の日に反対側から撮影しました)。


JakartaKota駅からやって来たEkonomiを待避させ、KanpunBndan駅へ。


右がKanpunBandan駅方面、左は貨物駅への側線です。


この駅と秋葉原駅の構造は似ている(笑)などとKRL Mania方々と話していたらあっという間に通り過ぎ、
KanpunBndan駅通過を撮り損ねました・・・・・orz

ショッピングモールが入った大型ビルとバラック民家の平行する不思議な光景を抜けると


Anchol方面への乗換駅Rajyawaliを通過!!


続いてKemayoran駅に到着する直前で、KRLMniaの方々から「オ~ オラン ジュパン マニア~」の歓声が!!

なっ何と、たまたま数日前にManggrai駅でお会いした”おっとっと様”が偶然撮影されておりました(笑)

この時の様子はおっとっと様のブログ”地味鉄庵”http://wind.ap.teacup.com/ottotto/1414.htmlにて
”WIJAYA KUSUMA”の雄姿を捉えた見事な写真と共に掲載されております。

やがて踏み切り係のオジサンに迎えられ、列車はKemayoran駅に到着。


この駅で暫し運転停車をしますが、その間も注目度は抜群!!
”どんな人が乗ってるのかな~”といった感じで色々な人が覗き込んで来ました。


つづく

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周... | トップ | 惜別!!北陸鉄道・加賀一宮駅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待ってました! (おっとっと)
2009-10-31 11:12:26
 こんにちは、先週の鉄道模型ショウでは大変お世話になりました~m(_ _)m そういえば、当日話題にしました抵抗制御車リニューアルバージョンですが、その全体を写した画像が、フリッカーに昨晩アップされておりました。どう見ても「のび太」にしか見えない (笑) その面構えを、↓からさっそくチェックして下さいませ~(^^;

ttp://www.flickr.com/groups/irp/pool/

試運転を済ませたということで、もう来週には営業運転投入でしょうか。落書きされなければ良いな……と。結局非冷房のままですので、エコノミーという種別も延命でしょうか?!
 
 それはさておき、待ってました! Angkeから先の迷宮ゾーン (?) の画像! こうして見てみますと改めて、ドゥリ~カンプンバンダン界隈が如何にカオスな雰囲気かをひしひしと感じます (^^;)。とくに、ジャカルタ・コタ駅北東側の線路配線の複雑怪奇さは圧倒的でしたが、画像を拝見してもやっぱり訳が分からない……(笑)。
 この点、跳ね橋の脇の鉄橋付近は束の間のホッとする空間ですね~。ここの線路は跳ね橋側の道路からすぐに侵入できるようになっておりまして、私も跳ね橋を見物した際に「撮ろうかな」と思ったのですが、タンゲラン線の電車が来ない時間で、回送列車がいつ通るとも知れず、余りの暑さに諦めました (^^;
 クマヨラン界隈は、日本人的視点からみるとカオスですが、こうして他の区間と比較するとやはりほのぼのとしていますね~。私が複々線や下町をバックに仁王立ちしているシーンを、全身モザイクがけでアップして頂いても良かったのですが……(笑)。
 というわけで、究極のカオス=パサール・スネンをはじめ、続きを楽しみにしております!

>待ってました! (seri8039)
2009-11-01 23:22:30
>おっとっと様

こんばんは。
こちらこそ鉄道模型ショウでは有意義なお話をさせて頂きどうも有難うございました。

おおっ太魯閣号(笑)とうとう新運転開始ですね
教えて頂いたサイトの写真を見ながら友人と「実はこれは空港アクセス特急用に製造した新車じゃ無いのかな?」などと話をしていたのですが、側面を見る限り正しくRheostatの生まれ変わり。
カラーリングも造詣もカッコ良すぎですね~♪
近江鉄道のあかね号を見て以来の衝撃でした(笑)
ここまで頑張って改造しておきながら、冷房が無くドアも開けっ放しというのが、いかにもインドネシアらしいです(^^)。

ドゥリ~カンプンバンダン~コタのトライアングルは本当に複雑怪奇ですね。
これでコタ~アンチョールが開通すると更にカオス度が増しそうでとても楽しみです。
コタの跳ね上げ橋、実は私も今年の3月に行った時に何処かで撮れないかな~と彷徨ったのですが、ポジションが決まらずにウロウロしているうちにタングラン行きの103系が行ってしまい(涙)
こういう時に限って定時に通過するんですよね・・・。
続いてスネン・ジャティネガラ・マンガライと順次アップさせて頂きますので、是非またお立ち寄り頂ければ幸いです。

仁王立ちされている”おっとっと様”のご雄姿。後ほど掲載させて頂きますね ( ̄ー ̄)ニヤリッ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

”WIJAYA KUSUMA”で環状線1周の旅」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事