Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kampunbandan駅で途中下車

2013-12-17 23:54:07 | インドネシアの猫
未だ休止中のタンジュンプリオク線と環状線が交差するジャンクション、カンプンバンダン駅、ジャカルタコタ駅のお隣に位置するこの駅は、線路を境に大型ショッピングモールのビル群と小さなバラック街が建ち並ぶ不思議な空間です。今年1月に訪問した際、パクアン急行氏のご案内の元、この駅で降りてみる事にしました。

コタ駅からのチョン行列車に乗車し降りると、丁度ジャティネガラ行きの203系が到着。

運転再開が遅れに遅れているタンジュンプリオク線ホーム下のコンコースを歩き、改札口へと向かいます。改札にはセキュリティースタッフが居りましたが、カメラを持っていても特に何も言われませんでした。

この駅に訪問すると、必ず猫の姿を見かけましたが、この日もやはり居りますね(笑)。

改札を出て、一歩駅の外に出てみると・・・・そこは路地裏のバラック街です。

右も左も分からず一瞬躊躇していると、パクアン急行氏から「こっちですよ~」との声が!!

はぐれないよう、後を付いて行くと、狭い路地にこんな感じの建物が延々と続きます。

日本人が珍しいのか?行く先々で好奇の目で見られますが、皆さん笑顔で危険な印象は全く受けませんでした。

路地裏には沢山の屋台が出ていましたが、何故か放し飼いのニワトリの姿も・・・(謎)。
彼も数日後にはアヤムゴレンになってしまう運命なのでしょうか??


やがて路地が少し開けた場所から少し歩くと、やっとバス通りに到着。パクアン急行氏の案内無しでは辿りつけない迷路のような駅前連絡道でしたが、いかにもジャカルタらしい情緒ある雰囲気は、なかなか魅力的でしたね。何時までもこの雰囲気のままでいてくれれば良いのですが。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« EMU100型アヒル臨・運行ダイ... | トップ | 地上時代の目蒲線目黒駅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カンプンバンダン (道楽)
2013-12-21 01:57:52
こんにちは。
この駅は、環状線とコタからの折り返し電車との乗り換えで訪問時に1回は利用していますが、周囲が何か薄暗い雰囲気で、改札口を出るのをためらっていました。
外はどうなっているんだろうという好奇心はあったのですが、今回のエントリーで解決して頂きありがとうございます(笑)
でも、次回訪問時にここに1人で降りるかどうかとなると自信はありませんが…。
今、タンジュンプリオク線のホームはどうなっているのでしょうか。復旧工事中は線路のかさ上げなどですごいことになっていましたが、運転再開の目途が立っていない中、また元のスラムに戻るのではと心配しています。
カンプンバンダン (kucing)
2014-01-11 21:25:44
道楽 様

こんばんは。
ご返信が遅くなってしまい大変恐縮です。

カンプンバンダン駅ですが、私も以前も改札から出た事が有ったのですが、迷路と周辺のカオスぶりに呆気に取られ、大人しく切符を買い直し電車で帰りました(笑)。
またタンジュンプリオク線のホームですが、相変わらず直通の目処は立っておらずそのままな様子ですが、階段の途中にはロープが張られ、一応入れないようになっておりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インドネシアの猫」カテゴリの最新記事