Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京メトロ6000系6105Fとの再会

2013-02-28 23:59:14 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
屋外留置車両を見学した後は、今回来訪した本命でもある東京メトロ6000系6105Fが留置してある場所に案内して
頂く事にします。もう数日早く訪問していればデポックに配給された6127Fも同時に見れたのですが・・・・・

工場裏手の側線にて留置中の6105F、一昨年に来た時はこの場所に203系が留置されていましたっけ。

緑の多いマンガライ工場内において、緑色の帯が微妙にマッチしておりますね。

バックに留置されている車両は、数年前から休車中のKL-97系HITACHIの残骸。

最後に正面から撮影!!この後6105Fもデポック電車区に回送され、現地化工事が開始されました。

そしてパクアン急行氏のブログによりますと、数日前に試運転が行われたとの事ですので、末長い活躍を期待したい
ところですね

オマケ、6000系が留置してあったバックの建屋の扉が開いてたので覗いてみたところ・・・・

日本ではあまり見ない形のアントらしき入換車が留置されておりました。
コメント

東京メトロ6000系6127F配給回送!!

2013-01-15 23:54:26 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
マンガライ工場から出場して来た6000系6127Fは、工場入出場線の途中にて留置中のようでしたので、まずは様子
を見ながら近づいてみる事にします。すると、工場敷地外のこの場所は駅構内とは管轄が異なるためか、煩く言っ
てくる輩も居らず、落ち着いて撮影出来ました。グリーンのカーペットの上で佇む6127F!!この編成とは9月に、
海老風雷氏と共に廃車回送を見送って以来の再会でしたので、感慨もひとしおです。

まずは最後尾の6127から撮影開始!!因みにこの場所にも、たまに工場の警備員が巡回にやって来ましたが、
コチラの行動に対し特に気を留める様子も無く、以前と同じように至って平和に撮る事が出来ました。

続いて先頭部まで行くと6027はD30100形DLに繋がれたままの状態です。何時発車するのか車内に居たスタッフに
聞いてみたところ、ブキットデュリ電車区から牽引車が到着次第、直ぐに発車するとの事でした。

しかし、その後も牽引車は一向に現れず、再度時間を聞いてみるもスタッフすら何時来るかは解らないそうで・・・

炎天下のなか1時間半ほど待った後、やっと”DjokoTingar "がブキットデュリ電車区から到着しました。

到着と同時に、DLの牽引により6127Fの入換作業も開始され、ヘロヘロの入出場側線をゆっくり進みます。

タナアバン寄りの側線終端に到着後、ポイントが本線に切り換ったので、ここまで牽引車が来るのかと思いきや。

何と、ここからはDLによる推進運転となるようで6127が先頭に立つ事になりました。

DLとトランシーバーで連絡を取りながら、本線を低速でゆっくり進む6127F。

自力じゃ無いのが残念ですが、千代田線姿のままで先頭に立つのはこれが最後になるかも知れませんね。

そして”DjokoTingar "の待つマンガライ駅構内に無事到着!!到着後さっさと撮って退散すれば良かったのですが
ついつい欲が出て6000系同士の並びを狙うべく、出発時間まで粘って長居をしてしまいました。

発車時刻直前、構内外れから望遠レンズで見ていると、何故かKAIの制服を着た一団が現われ6000系を視察中??

すると、その一団の後ろからセキュリティー2人と何処かで見た風貌の男がコチラに向かって来ます・・・・・。
これはマズい!!と思いつつ、念のため撮影済みのSDカードを交換し素知らぬ顔して立っていると、案の定、若い
セキュリティーに呼び止められると同時に、先程の男がいきなり強い口調のインドネシア語で捲くし立てて来ました。
口調が早く、何を言っているのか全く理解出来ませんでしたが、意味は容易に推測出来ます。これはセキュリティ
ー事務所まで連行されるかな?と思い、長丁場も予想し「トイレに入って来る」と言い一瞬その場を離れ、用を足し
再び戻って来ると、呆れて帰ったのか?先程の男の姿は無く、若いセキュリティー2人だけしか居りませんでした?

彼らから「来て下さい」と言われたので、大人しく一緒に歩いている途中「何で許可証を取りに行かなかったので
すか」と質問されたので、「さっきの電車を撮るために日本から来た。許可証を取りに行っていたら、撮影出来な
かったでしょう」と答えたところ、彼も理解したらしく、すまなさそうな口調で「今は許可証が居るようになってしまっ
たので、これから取りに行って下さい」と言い、私をコタ行きの電車に乗せるよう命令されているとの事でした。
とは言え、結局彼らに連行されたのは駅の改札までで、改札を出て切符を買い直し再び入った時には既に居らず、
早くも自由の身に(笑)、でも目的はもう達成したので、ここは大人しくコタ駅に向かう事にします。

その後、コタ駅に到着し駅のセキュリティーにR氏のオフィスに案内して貰いましたが、私の予想した通りR氏は
月曜日までお休みとの事で、許可証の申請も発行も月曜までは出来ないとの事でした。
何ともやり場のない怒りが込み上げて来つつも、案内してくれたセキュリティースタッフが「駅長室へ案内するから
、駅長にも聞いてみてはどうか?」と助言してくれた為、お隣の駅長室にお邪魔し駅長さんにご挨拶した上で、許可
証の件やマンガライ駅で言われた事を話してみたところ、コタの駅長さんの見解としては「趣味で写真を撮る場合に
限り、許可証は不要」だそうで、例え提示を求められても、あくまで趣味で撮っているなら大丈夫との事でした・・。
(まあ大丈夫じゃなかったから、わざわざ来たのですが・・・・汗)

今回の一件、色々な面で正直かなり頭に来ましたが、混迷している会社の実情をそのまま浮き彫りにしているよう
にも見えました。今思うとマンガライ駅でやたら許可証に煩かったのは、写真から察するに上層部による浄化作
戦後の駅構内の偵察が有り、その場にカメラを持った外人の私が居ると何か不都合が有ったのかも知れません??
と、私の勝手な想像ですが、そう仮定するとやたら「コタ駅へ行け」と言っていた理由も何となく納得出来ますね。

コメント (8)

東京メトロ6000系・6125F試運転列車に遭遇! 

2012-10-15 23:56:42 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
ブカシ電車区を訪問後、コタ方面に戻るため05系に乗っていると、空いている車内は程良く冷房も効き、聞き
慣れた05系のチョッパ音を聞いていると、心地良くてついついウトウトとしてしまいます。
しかし気持ち良く眠っていると、突如電話が!!寝ぼけながら出ると、KCJスタッフのSさんからで、「これから
6000系61○○Fが行く」との事!!この時、勘違いして船で航送中だった6000系の陸揚げがこれから行われる?
のかと思い、焦りながらマンガライ駅に行ってみたところ、スタッフも居らずその気配は有りませんでした。

改めてS様にSMSで確認してみると、この日は6000系6125Fの試運転が行われ、それを知らせてくれたのを、
私が勝手に早とちりしてしまっていたようです。

せっかく下車したマンガライ駅、まだ陽も高いので構内のボゴール寄りで撮影をしていると、今じゃ日常の光景
とさえ言えそうな6000系同士が並びました。何気なく撮ってみたところ、ボゴールからの編成は何か違います??

まだ綺麗な車体に床下、そして側面の行先表示は「準急 本厚木」。

これはもしや!!と思い、走って後を追っかけてみると。

前面の表示は「97E 準急本厚木」のまま、どうやら竣工したばかりの6125Fのようで

幸運にもS様が教えてくれた試運転列車が、マンガライ駅に戻って来たところに遭遇した様子でした。

マンガライ駅に暫く停車した後は、コタ方面に引き上げて行った為、すかさず追いかけてみたところ、

構内外れにあるヘロヘロのマンガライ工場・入出場線に入り、フランジ音を軋ませながら進みます。

側線の終端部に到着すると同時にエンド交換が行われるため、暫し停車。

この間、写真を撮っていると乗務員室から私を呼ぶ声がしたので、ふと振り向くと営団のヘルメットを被った
顔見知りのスタッフの方も乗っており、発車までの僅かな間ですが、乗務員室に入れて頂きました♪

「出発の時間だから降りろ~」と言われ、降りると同時に6125Fはゆっくりとした足取りでマンガライ工場へ。

撮影時は気付かなかったのですが、よくよく考えてみると女性専用車のラッピングが無い上に、東京メトロ
時代と同じ10連に組成されたままでの試運転だったので、貴重なシーンだったのかも知れませんね。

パクアン急行様もブログに書かれておられてましたが、6125Fと言えば今年3月1日にパクアン急行様、
海老風雷様と一緒に、新木場CRから東京木材埠頭まで陸送を見送りに行った思い出の編成でした。

この時も「97E 準急本厚木」で大いに盛り上がったのですが、同じ行き先のまま、まさかジャカルタでも再会
出来るとは思わず感無量です(そして、パクアン急行様とも、まさかジャカルタで再会する事になるとは・・笑)。
コメント (4)

東京メトロ6000系6111Fインドネシアへ

2012-09-11 23:52:09 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
先月末、リンクさせて頂いている海老風雷様より、新木場の6000系にシッピングマークが貼られ搬出間近!!
との情報を頂き、新木場駅前の食堂で昼食を食べた後、久しぶりに新木場CRに行ってみたところ・・・・

まだ昼過ぎだというのに、この日搬出分のクレーンによる吊り上げ作業が既に終了しておりました(涙)
呑気に昼食なんて食べず、現地に直行していれば・・・・って後の祭りですね。

ガッカリしつつも様子を見ていると、先頭車の6111のトレーラーへの搭載が完了した直後だったらしく、
ゆっくりとした速度でトレーラーに載せられた6111が、こちらの方へバックして来ます。

いつもの事ですが、広幅貫通路車はビニールシートによる養生が厳重ですね。

そして、深夜に行われる陸送に備え、1列に並び線路脇に留置されました。

今回、色々と忙しく陸送や船積みは撮れませんでしたが、この6111Fを載せた船は、先週無事に東京港
を出港したそうですので、恐らく今月末にはジャカルタに到着するのではないか?と推測します。
現地で往年の仲間たちと再会し、この先も末永い活躍を続けてくれれば嬉しいですね。

最後に情報を下さった海老風雷様・I様には、改めましてお礼申し上げます。
コメント (4)

東京メトロ6000系6107F・6123F・6125Fインドネシアへ④ 

2012-04-15 23:38:10 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
新木場CRから搬出され、東京木材埠頭に留置されていたメトロ6000系ですが、その後6123Fから
順に船積みされ、ジャカルタへ向け旅立って行きました。

海老風雷氏から連絡を受け、東京ゲートブリッジに到着すると、既に搬出作業中です。

200mmレンズにテレコンを付け、400mm換算のレンズで撮影してもこの小ささ・・・・・

更に強風が吹く上、大型トラックの通過でも橋が揺れ、なかなか厳しい条件での撮影となりました。

中間車が何両か船積みされた後、昼休みを経て、先頭車6123号車の船積み開始。

良く見るとバックには”りんかい線”の高架も見えます。

目一杯トリミングをしてみましたが、この大きさが限界。

三脚と600mm程度の望遠レンズが無いと、この橋から船積みを撮影するのは厳しいです。

6123号車の撮影後は大急ぎで、以前の撮影スポットに移動。暫く待たされた後で、6107Fの船積み
も開始され、6007号車が積み込まれて行きました。

ジャカルタに到着するのは今月末頃でしょうか?これで6000系の在籍数は7編成となり、
このまま05系を抜きKCJの主力車両となる日も、近そうですね。
コメント

東京メトロ6000系6107F・6123F・6125Fインドネシアへ③ 

2012-04-09 23:52:12 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
つい先日、開通した”東京ゲートブリッジ”この橋の開通によって、離れ小島だった若洲地区と
お台場地区が結ばれ、併設された歩道からは東京湾を眺望する事が可能となりました。

先月の初め、私も行ってみたのですが、新木場駅前のバス乗り場は昼過ぎにも関わらず長蛇の列
が出来、若洲キャンプ場行きのバスは臨時便まで運行され、ガラガラだったのが嘘のようです。

バスを降りると、若洲海浜公園の駐車場も満車状態で、驚くほど多くの人達で賑わっておりました。

またまた行列のエレベーターで橋の上に登ると、強く冷たい風が吹きつけます。

猛烈に寒かったですが、その眺めは素晴らしく、スカイツリーまで一望出来。

今までずっと待ち望んでいた東京木材埠頭を俯瞰する事も可能です!!

400mmの望遠レンズで覗いてみると・・・整然と並べられた30両の東京メトロ6000系の姿を発見♪

しかし、この場所から木材埠頭までは想像した以上に離れているようで、肉眼で留置されている
車両を確認するのは難しく、景色を眺めていた殆どの人がその存在に気づいていない様子でした。
きっと、こんな所に地下鉄が止まっているとは、夢にも思わなかった事でしょうね。
コメント (4)

東京メトロ6000系6107F・6123F・6125Fインドネシアへ②

2012-04-06 23:46:43 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
6123Fを皮切りに、続々と東京木材埠頭への陸送が開始されたインドネシアに向かう東京メトロ6000系、
今回は6107Fに続いて、6125Fの陸送にも遭遇する事が出来ました。

新木場CRを出る6125F、CRの前は道幅が狭いため巨体をくねらせ、ゆっくりと引き出します。

無事に道路に出ると、一端停車し陸送スタッフにより各部の再点検。

突如出現した”千代田線”に、通りがかった人も思わず足を止め、見入っておりました。

中間車6325の窓には「23F」の文字が??

行き先は何故か”準急本厚木”???

埠頭に入る本厚木寄り先頭車の6125、運番もきちんと97Eになってます(笑)

16000系の導入により、今年度も6000系の廃車が発生する模様ですが、果たして一体何編成が譲渡
されるのでしょう?他の譲渡車の動向も含め気になるところですね。
コメント (4)

東京メトロ6000系6107F・6123F・6125Fインドネシアへ

2012-04-05 23:49:48 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
昨年度までに4編成が譲渡され、KCJにて活躍中の東京メトロ千代田線6000系ですが、今年度も
継続して増備が続けられ、6107F・6123F・6125Fの3編成が東京港より旅立って行きました。

新木場CRからトレーラーで搬出される6107Fの中間車6607。

10両全ての搬出は不可能なため、何日かに分け行われるとの事です。

低床車の荷台に積まれた本厚木寄り先頭車の6107。

長い船旅に備えてか?連結器にはカバーが取り付済み。

取手寄り先頭車の6007。工事現場の明かりで、一瞬だけ前面が照らされます。

バックに見える葛西臨海公園の観覧車ともお別れです!!

埠頭に向かい、東京湾ゲートブリッジへと続く道路を走る6007。

新木場CRから埠頭までの僅かな距離ですが、公道を走る電車の姿は迫力有りますね(笑)

撮影にあたり海老風雷様をはじめとした皆さま、今回も色々お世話になりましたm(_ _)m
コメント (2)

東京メトロ6000系・6112Fとの再会!!

2012-02-01 23:43:48 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ

検修庫内で6106Fに再会した後、建屋横にある留置線へ移動してみると、かつての同僚であるJR203系
マト69編成と、メトロ千代田線6000系6112Fが共に並んで整備中でした。

黄色帯を纏った203系を見た瞬間、”東西線仕様の203系だ~!!”と思ったのですが、ナウなヤングの
海老風雷様にはピンと来なかった様子・・・この辺でやはりジェネレーションギャップを感じます(笑)

反対側の前面では203系のラッピングが完了し、続いて投石除けの設置が開始されておりました。

車両に取り付けられている投石除けを良く見ると、何故かサイズも形もマチマチ・・・・
もしかすると、その場その場の現物合わせで製作されているのかも知れません??

6112Fの車内に入って見ると

広告が撤去された以外は、まだそのままな様子です。

普段は見れない回送運転台のカバーも開けられたままでした。

7000系同様マスコンにガッキーのステッカーが貼ってあるかな~と思ったのですが、今回は有りません。

まだ手付かずかと思われた6112Fですが、側面では手摺の設置作業が既に開始されており、

今頃は他の編成同様にKCJカラーに変更されているものと思われます。
コメント (4)

東京メトロ6000系・6106Fとの再会!!

2012-01-30 23:54:31 | 東京メトロ千代田線6000系インドネシアへ
マンガライ工場にて103系との再会をした後は、エコノミーに乗車してデポック電車区へと向かいます。
いつもはゲートで苦労しますが、Krsana君が取得してくれた許可証のお陰であっさり入る事が出来ました。

ゲートを入り電車区内を歩いていると、後方からゆっくりと8500系が入区して来ます。

単なる入区かな?と思ったのですが、8607Fの後方にはJALITAこと8613Fが連結され、堂々16両編成で
構内を走行中。どうやら8607Fが故障しているらしく、検修庫まで8613Fに推進されている様子でした。

やがて電車区終端付近にある、検修庫に着くと現地仕様になったばかりの05系と並ぶ6000系に再会!!

05系もこの04編成からは投石除けが黒に塗られ、より洗練されスタイリッシュな表情になっております。

また6000系6106Fは、日本時代そのままの姿でパンタを上げ通電中。

こうして見ると、まるで新木場か綾瀬の検車区に居るかのように錯覚してしまいます。

05系と並ぶ6000系、どちらもKCJでは最新鋭の車両となりますが、05系に比べ6000系のカラーは7000系と
区別がつき難く正直イマイチです・・・・なので、もう一工夫して欲しいところですね。

とは言っても、赤と緑帯では似合わなさそうですね。ならば、いっそこのままで営業を開始すれば良いのに(笑)

到着したばかりのこの編成は、LEDの行き先表示も健在で、今は亡きこんな行き先も設定出来ました。

私が高校生だった頃、当時LED化されたばかりの6000系の行き先には「LOCAL EXPRESS HONATUGI」という
英字が併記され、準急って"SEMI EXPRESS"じゃ無かったの?と不思議に思った記憶が蘇ります。

因みに検修庫内では、メトロ6000系、KL76~84系、メトロ05系、東急8500系と日本製の車両が勢揃い!!

よくよく考えてみると、千代田線・東西線・半蔵門線で活躍したこれら車両達は、かつて大手町駅で毎日の
ように擦れ違っておりましたっけ。それが一同に顔を合わせ、まさか同じ路線で活躍を始めるとは!!
日本での現役時代は夢にも思いませんでしたね。
コメント (2)