Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石巻の復興を祈って

2011-04-06 02:26:27 | 仙石線の103系
九州や関西に親戚が集中している私にとって、東北にはあまり馴染は無く、正直近くて遠い場所です。

そんな中、猫の島を一目見たくて興味本位の気持ちだけで訪れた”石巻”

Suicaも使える仙石線で都市仙台から1時間弱で到着し、とても近い印象でした。

町を一歩歩くと、

朝早い影響も有り、シャッターの閉まった商店ばかり。

猫の島"田代島"へ行くため、港を目指し歩いているとみかけた看板。

ロボコンやサイボーグ009といったお馴染のキャラが道案内。

商店街の一角には仮面ライダーも居ます。

このポーズは変身の最中かな?

レトロな建物が多かった石巻の街

戦前からと思われるモダンな建物も!!

街を抜け、港の近くに到着すると海面スレスレ。

あまりに海面が近すぎて、東京育ちの私は少々違和感を感じました。

港に沿った漁師街でみかけた古い自動販売機!!

お金を入れると食べられそう(笑)

良く見てみると・・・

ジュース1本70円って何時の時代だか??私が幼少の頃ですら既に90円だったのに???

さらに進むと現れた、石ノ森章太郎萬画館。

宇宙船をモチーフにした斬新なデザインが印象的ですね。

石巻駅から徒歩40分強、網地島ライン乗り場までは丁度良い朝のお散歩でした。

ここから網地島ラインのフェリー”ブルーライナー”号に乗って田代島に向いましたっけ。

あれから2年弱・・・・・まさかこの街が津波の犠牲になってしまうとは。
本当に悲しく、暫く信じられませんでした。

でも駅前に居た”仮面ライダー”は津波に流される事無く無事だったそうで、下記の記事のように
これから復興の象徴となれば良いのですが。
http://www.asahi.com/culture/update/0321/TKY201103210207.html
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110401/ent11040114200012-n1.htm
壊滅的な被害状況を見るにつれ、復興への道のりは決して容易では無いと存じておりますが、
もう一度元気な石巻の姿を見れる事を心より願っております。
コメント

松島名物!!めかかつバーガー

2011-03-30 23:39:39 | 仙石線の103系
仙石線を訪問した際、ついでに途中下車して寄ってみた日本三景・松島、湾内の美しい風景が印象的でした。

訪問した日は、平日だったにも関わらず沢山の観光客で賑わっていたのを思い出します。

観光が目的では無かったので、適当に散策して帰るつもりでしたが、偶然見かけたのがこのお店。
”松島さかな市場”と言うネーミングに魅かれたので入ってみると

そこはまさにお魚グルメ天国・・・・お土産から食事まで存分に新鮮な魚を堪能できる場所でした。

店内にはその場で食べられるフードコート形式のお店も有ります。

ここはお寿司のお店。

メニューを見る限り、どれも美味しそう♪

ミニ3色丼を食べたかったのですが、直前で売り切れになってしまいました(涙)

続いてお隣には、焼き物・揚げ物のコーナーが!!

ここでの名物は”松島カキバーガー”だとか?

牡蠣も美味しそうだったのですが、もっと気になったのがこの”めかかつバーガー”??

カジキマグロのハンバーガーって一体どんな味なのでしょう?

朝食を抜いていて、お腹も空いていたので本能の赴くままに食べたいものを選んで購入。

お店の2Fに有る食事スペースで頂きます。

マグロの握り寿司、8貫1050円

新鮮なネタはトロトロで、思わずほっぺが落ちそうなお味♪

つづいてあら汁、300円

値段からして大した事無いだろう?と思いきや、魚にキノコと、具沢山で美味しかったです♪♪

最後は、一番気になっていためかかつバーガー、350円

パッケージに描かれた妙にゆるいキャラが何とも・・・・・

中を開けるとバンズに対し、はみ出すめかかつ。

甘辛いソースにサクッとした食感のめかかつ、これまた絶品でした。
食後には、1Fで新鮮な魚介類のお土産を買うことも出来ます。


今回の地震で、松島一体も津波の影響を受けた模様ですが、他に比べ被害は軽微だったそうで少し安心しました。
松島さかな市場も津波の被害を受け、現在は一時休業中との事ですが5月中には再開する見込みだそうです。
仙石線が復旧し、松島へ観光に行けるようになったら、是非もう一度”めかかつバーガー”を食べてみたいですね。

↓再開へ向け、毎日頑張っておられる松島さかな市場さんのブログです。
http://matsushimasakana.da-te.jp/
コメント

仙石線早期開通の願いを込め・・・・RT-371編成

2011-03-25 01:29:23 | 仙石線の103系
東日本を襲った未曾有の大災害発生から2週間、ここ東京でも毎日余震が続き、電力不足による計画停電、
さらには原発から漏れた放射能による水道水汚染と、深刻なニュースばかりで落ち着かない日々が続きますね。

被害に遭われた地域の惨状から比べれば大したこと有りませんが、一刻も早く諸問題が解決し、
被災地の復興が円滑に進む事を心より願っております。

地震で破損したPCを修理するに辺り、久しぶりに古いDELLのPCを引っ張り出し代用機として使ってみたところ
スキャンしたポジフィルムの画像が何枚か見つかりましたので、掲載させて頂きます。

今回甚大な被害で出てしまった仙台市宮城野区にある、宮城野電車区にて車体洗浄中の103系RT-371編成です。
(2002年1月撮影)

比較的内陸に位置していた為、電車区自体は無事らしいのですが・・・・・

1997年に普通列車で青森へ出かけた際、郡山駅構内にてスカイブルーのまま留置中だったこの編成を見かけ
慌てて撮影していた筈なのですが、その時のポジフィルムを紛失してしまったらしく見つかりませんでした。

前面の銀帯が無くなってしまったのが惜しまれますが、このカラーリングは高運車にもマッチしていますね。

この時は、この編成ともう1本の高運車RT-299編成を撮りたくて訪問したのですが、日曜日だった事も有り
2編成共に入区中で、本線走行シーンを撮影出来なかったのが悔やまれます。

この当時はまだ103系の方が多く、日中停泊している車両も103系ばかりでした。

津波により多賀城から先の区間が壊滅的な被害を受けてしまった仙石線ですが、早くも今月末には
仙台あおば通り‐小鶴新田間にてJR仙台地区最初の運行再開を予定しているとの事です。

全線開通までの道のりは非常に険しいですが、1日でも早く石巻まで全通し、各被災地と仙台を結ぶ
復興の要として機能してくれる事を、祈っております。


今、私に出来る事は何も有りませんが、せめてもの気持ちとしてジャカルタ往復で溜まっていた
マイレージを復興支援の義援金として募金させて頂きました。
http://www.ana.co.jp/amc/news/gien_1103/
ANAでは1000マイルから募金出来ますので、有効期限が迫ったマイルや小額でも募金が出来ます。

またワンワールドのJALでは、7500マイルから募金を受付中。
http://www.jal.co.jp/shien/
例え現金でなくとも、ヤフーポイントやマイレージ、クレジットカードのポイントなど様々な方法で募金は可能です。
有効期限の迫ったマイルや使わないポイントをお持ちの方、被災地の復興のためご協力頂けませんでしょうか?
コメント

震災お見舞い申し上げます

2011-03-14 23:54:30 | 仙石線の103系
東日本大震災に遭われた方々へ、謹んでお見舞い申し上げます。
今は一人でも多くの行方不明者の救出と、一刻も早い復興をお祈り致します。

大地震から4日が経過しましたが、被災地の被害は日を追うごとに拡大し、犠牲者の数も増え続けるばかりで、震災に
よる津波の恐ろしさを改めて思い知らされました。特に被害の多かった仙石線沿線には色々な想い出が有り、あの風景
が全て津波に飲み込まれてしまったかと思うと本当にやりきれない気持ちで一杯です。

何も出来ない私が言うのは少々気が退けますが、とにかく一人でも多くの人が無事生還出来る事を切に祈っております。

今回の地震では、東京に住む私の自宅にも少なからず影響が有り、家屋の損壊こそ無かったものの、家中の家具が倒れ屋外
の給水タンクが壊れるなど、被災地に比べれば微々たるものですが、今まで経験した事の無い規模の地震に驚愕致しました。

そんな中、とても嬉しかったのがインドネシアの友人達からの励ましのメールの数々。
その中でもKRLマニアのお父さんD様から、日本の皆さんへのメッセージを頂きましたのでここでご紹介させて頂きます。

「今回、私は日本の友人達がM8.9の地震と津波に遭われたのを、とても悲しく思います。」
「でもあなた達は立ち上がり、きっと素晴らしい日本を再構築するでしょう。」
「どうか頑張って下さい、あなた達なら出来ます」

震災を発端とした様々な混乱で、毎日ネガティブなニュースばかりが続きますが、我々日本人が力を合わせれば、
きっと打開策は有るのでは!!今こそ一致団結して国を復興する時なのかもしれませんね。
(偉そうな事を書いてスミマセン、でもこのメッセージからは、そんな気にさせてくれるパワーを授かった気がしました)

※地震によりPCが壊れてしまいましたので、誠に恐縮ながら暫くブログの更新を休止させて頂きます。
コメント

RT-235編成を追って

2009-09-29 00:11:02 | 仙石線の103系
先週のシルバーウィークは仙台まで遠出し、引退がささやかれる103系RT-235編成を訪ね7年ぶりに仙石線へ行って参りました。

一昨年多賀城駅高架化工事による予備車確保のため、2年半にも渡る郡山留置から奇跡の復活を遂げた103系RT-235編成でしたが、まもなくやって来る元南武線205系1200番台ナハ48編成の入線により玉突きで廃車となる公算が高く、元気な姿を見られるのは今秋限りとなりそうです。

103系は平日朝のみの限定運用のため撮影するには早起きする必要があり、この日も仙台のホテルを5時台にチェックアウトして沿線での撮影に向かいました。

まず最初の”あおば通”行き674Sは無難に苦竹駅のホームから撮影、この駅はどことなく鶴見線の国道駅に似ており親しみを覚えます。



続いて中野栄-多賀城の駅間へ移動し撮影出来る場所を探したところ、741S”東塩釜”行きはかろうじて順光で撮れました。


746S”あおば通”行きは本塩釜駅での撮影後、小鶴新田まで乗車する事に。103系に乗るのはジャカルタでのEkonomi AC運用以来でしたが、MT-55モーターや応荷重装置の音を聞くとやっぱり落ち着きますね。


小鶴新田駅で降りた後は定番の撮影地へ向かい、871S”小鶴新田”行き入庫運用を狙いますが、直前に曇ってしまい・・・・・
通常は苦竹駅発車後に回送幕に変えてしまいますが、この日はきちんと”小鶴新田”を表示してやって来ただけに悔やまれます。


機会あれば、近日中に再訪しリベンジしたいと思います。
コメント