Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

埼京線ハエ32編成インドネシアへ

2014-03-18 23:58:07 | インドネシアの鉄道
いつもお世話になっているパクアン急行様のブログによりますと、現地化整備完了後、永らくデポック電車区に留置されていた205系の内、ハエ15編成とハエ11編成が遂に営業を開始したそうで、長らくの懸案だった10連での運用が漸く実現した様子ですね。

一方で埼京線で最後の活躍を続けていた205系ですが、2月初旬にハエ32編成が運用を離脱し、新潟港への搬出先である新津車両製作所へ向け回送されました。

今回のハエ32編成の譲渡が18編成目となるため、これで今年度に譲渡される全ての編成が出揃った事になりますね。この編成のタンジュンプリオク陸揚げ中の様子は、早速パクアン急行様のブログに掲載されておりますので、是非ご参照ください。

当初は実現不可能のように感じられた1年間で180両もの大量譲渡ですが、僅か半年の間で実に呆気なく実現してしまいました。来年度はこれを上回る両数が譲渡される??との報道が早くも出ている様子ですが、そうなるといよいよ譲渡車同士の世代交代が開始されてしまいそうで、今後の車両動向から目が離せません。

コメント (2)

103系でマンガライ駅へ!!

2014-02-16 23:51:26 | インドネシアの鉄道
暫く更新が滞ってしまい恐縮です。さてボゴール駅から乗車した103系E21+E22編成ですが、折角ですのでMT55のモーター音を堪能すべく、中間に封じ込められているクモハ103-105に乗車してみる事にしました。

現在のジャカルタでは両端が終日女性専用車となっていますが、幸いにも中間に封じ込められた先頭車だけは除外されており、女性専用車ラッピングの車両でも堂々と乗車する事が出来ます(笑)

懐かしいブレーキ緩解音と共にグングン加速して行く103系、相変わらず激しく揺れますが、車内は冷房の効きも良く快適です。

電車が遅れていた影響か?帰宅時間帯に都心方面へ向かう列車にも関わらず、途中駅からもどんどん乗客が乗り込み、この後車内は満員に・・・。

103系らしい混雑した車内で吊り革を掴みながら、ふと天井を見上げてみると、
何と扇風機にはJR東日本のロゴが未だに健在でした。

ここ最近、譲渡車に残る日本語表記の撤去が急速に進んでいるので、こういう痕跡を探すのも難しくなってきましたね。

やがて電車は夕暮れ間近のマンガライ駅に到着!!ここでかなりの人が下車し、私達も降りる事にします。沢山の人で埋め尽くされたホームを行く103系、やはりこの電車にはこんな光景が一番似合う気がします。

このカットの撮影時、あえて警備員の真横でスマホを構えてみましたが、特にお咎めは有りませんでした。やはりケースバイケースのようですね??

つづく


コメント

103系でボゴール出発!! 

2014-02-06 23:57:45 | インドネシアの鉄道
幸運にも出区して来た103系に撮影した後は乗車するために2番線ホームへ、直ぐに出発するかと思いきや?お隣に入線して来た営団5000系の方が先発するとの事でしたので、警備員の目を気にしつつも構内で暫く撮影する事にします。

ヨーロッパ風の上屋が特徴的な2番線に停車中のE22編成。ATC車の東海色もすっかり板に着いて来ましたね。しかし行き先が白幕なのが何とも惜しい・・・・。

反対側は低運で唯一運番窓の残るクハ103-597を先頭にしたE21編成。

お隣には営団5000系59F編成が並びます。同年代に活躍し顔を合わせていた103系と5000系、まさかこんな異国の地で再会するとは、夢にも思わなかった事でしょう(笑)

出発まで少々時間がある為か、ブタ鼻の上に雀がやって来て冴えずっていました。

雀は日本もインドネシアも同じ様子ですが、鳩は見かけませんね?

やがて、復旧したばかりのジャカルタ方面から営団6000系6106Fも到着。

すると直ぐに5000系が出発して行ったので、慌てて車内へと乗り込みます。

しかーし!!時既に遅しで、早くも椅子は満席状態・・・・・(涙)

仕方なく立って吊り革に摑まり行きますが、それも103系の醍醐味かも知れません。

コメント

ボゴール駅・新改札口へ

2014-02-04 23:55:05 | インドネシアの鉄道
旧改札口から出て賑やかな商店街を通り過ぎ、踏切を渡ると、国道沿いに建つ真新しい駅舎へと辿り着きます!!昨年から開始されたICカードの使用に伴い、新たに設置されたボゴール駅の新駅舎で、現在ではこちらが本駅舎になっているとの事でした。

パクアン急行氏のブログによると、この駅舎の使用開始に伴い、本来の玄関口である旧駅舎の改札が完全に閉鎖されていた時期があったそうですが、流石に不評だったのか?現在は新・旧両方の駅舎から、出入り可能となっています。

旧駅舎と比べ広い構内が特徴的ですが、コンコースにはまだ何も有りません・・・。

いずれはコタ駅のような”駅ナカショップ”が設置されるのかも知れませんね?

改札に近づくにつれ、ここでも一区間用のシングルチケットを求め窓口に並ぶ沢山の人達の姿が!!チャージ可能なマルチトリップチケットさえ持っていれば、専用窓口も空いており、並ばなくて済むのですが、このシステムはあまり浸透していないようでした。

この時は倒木事故で抑止中でしたので、改札前がいつも以上に混んでいる様子。

改札の先では、かつてエコノミーが発着していた6番線、7番線、8番線ホームと直結され、ラッシュ時間帯の客捌きには大いに威力を発揮しそうな構造ですね。

撮影後、新たに設置されたスカブミ行き列車の専用ホームに行く予定だったのですが、遠くから聞き覚えのあるモーター音が近づいて来ます。

これはもしや!!と思い慌てて改札を入ると、これから全線で運転が再開される様子で、ボゴール電車区に入区中だった103系E21+E22編成が出て来ました。

幸運にもやって来た103系!!折角なので乗車してジャカルタ方面へ戻る事にします。
コメント

埼京線205系ハエ30編成・インドネシアへ

2014-02-02 23:45:09 | インドネシアの鉄道
またまた暫く更新が滞ってしまい恐縮です。年末以降動きの無かったインドネシア向け埼京線205系ですが、先週になり、ハエ30編成が搬出先となる新津車両製作所へ向け配給されて行きました。

ハエ30編成は元山手線の小窓車でハエ31編成に続く譲渡となりますが、6ドア入りの他の編成が長野に回送されるなか、まさか6ドア無しのこの編成が譲渡されるとは・・・・。

10連時代の山手線の雰囲気を色濃く残したこの編成、きっと現地でもデビュー当時と同じ6ドア無し10連の編成美を見せてくれる事でしょう。

一方で埼京線で活躍中の205系は残り4編成、昨日よりさよならヘッドマークも取り付けられたそうで、いよいよ終焉が見えてきましたね。
コメント (2)

ボゴール駅の周辺散策!!

2014-01-20 23:52:56 | インドネシアの鉄道
ランチの後はデポックバル駅に戻り、ICカード”Commt”導入の際にリニューアルされた駅舎を見るため、ボゴール駅を目指す事にします。デポックバルからボゴールまで、パクアン急行が健在だった頃は車内も空いており、あっという間だったのですが、昼でも大混雑のエコノミーACで行くと、想像以上に時間がかかったような気がしました。

趣きあるヨーロッパ調の駅構内は変わらず健在でしたが、構内にあったお店は大幅に縮小されています。大好きだったミーアヤム屋さんもPKDの詰所になっていました(涙)

そのままホームを歩き先端まで行くと、元都営三田線6000系同士が並び出発を待っておりました。暫くこの構図で撮っていると、構内放送で何やら叫んでおります??そこでK君に訳して貰ったところ、何とパサールミング付近で線路に倒木が有り、現在パサールミングとマンガライの間で運転抑止となり復旧時刻は未定・・・との事です。

この影響を受けてか?ボゴールからの出発も未定となっている様子で、乗務員達もホーム先端で雑談中です。このカットを撮影後、警備員の方に呼び止められましたが、趣味で日本から電車の撮影に来た旨をお話したところ「電車区に入るには許可証が必要ですよ」と言われただけで、構内での撮影禁止とは言われませんでした。

運行再開までまだまだ時間が掛かりそうだったので、改札を抜け駅周辺を散策してみる事にします。以前はアンコタで道路が溢れ、呼び込みのクラクションで喧しかった駅前通りも整備され、お洒落な歩行者天国風の道に生まれ変わりました。

一方でアンコタ(乗り合いバス)が消えても、オジェック(バイクタクシー)は乗り入れて来てしまうようで、駅前では相変わらず客引きが行われています。

そしてこちらも整備され、すっかり綺麗になった通称”ボゴール仲見世通り”以前のようなカオス感こそ失われてしまいましたが、ゴミの臭いも減り少し清潔になりました。

飲食店から衣料品、玩具、書籍に至るまで、整備後も変わらず沢山のお店が軒を連ね、この日も大賑わいです。

商店街を抜けたところで、懐かしい”OTAKOTAK(オタッオタッ)”の屋台を発見!!
(OTAKOTAKとは魚のすり身をバナナの皮に包み、香ばしく焼き上げた料理です。)

以前は夕方になると、何処からともなくマンガライ駅のホームにやって来て売りはじめ、焼き立てのOTAKOTAKをその場で食べられたのですが・・・・。

香ばしい香りに負け頼んでみると、値段は相変わらず10個で6000Rp(約60円)と激安です。しかし冷静に考えてみると、つい数年前までホーム上で火を使って魚を焼き売っていたって・・・、今から考えると俄に信じられませんね。

肝心のお味の方も、以前と変わらずEnak sekali~♪♪バナナの葉に包まれた香ばしい魚のすり身に、ピリカラソースがピッタリでした。

コメント

デポックバル駅構内の謎ギャラリー??

2014-01-17 23:52:52 | インドネシアの鉄道
コタ駅で8039Fの発車を見送った後は、ランチがてら構内に美味しいミーアヤム屋さんのあるボゴール駅まで行く事にしました。しかし車内で、F君のその話をしたところ、昨年同じ構内の別の場所に引っ越したばかりだったそのお店は、駅改良工事の為、再度立ち退きに遭ってしまったらしく、今度は移転先すら分からないとか・・。ジャカルタで食べたミーアヤムの中で一番美味しかったあの味が、もう味わえないとは本当に残念です。

ということで、予定を変更しデポックバル駅で途中下車!!いつも行く駅前のショッピングモールのフードコートに向かう事にしました。急に行き先が変わった時、ICカードのCOMMETのマルチトリップパスで入っていると余計な出費も無く便利ですね~♪

デポックバル駅は以前よりホームと駅舎の間に薄暗い地下通路が有りましたが、こちらも最近になり改良されたようで少し明るくなった気がします。

通路の両壁面には、インドネシア国鉄の古い写真から未来(と思われる?)様々な写真が掲出されており、これがなかなか圧巻でした。

未来のコーナーを見て行くと、こんな写真が??どうやら勝田電車区のようです(笑)

651系とE653系の交流機器を撤去して導入!!なんて事は有り得ないでしょうね。

更にはこんな車両も発見!!ロゴが似合っていて、あまり違和感がありません(笑)

主要都市間での電化が完成した暁には、是非ともエグゼグティブクラスの特急用車両を導入して貰いたいところです。

そして極め付けはこの写真。一瞬ジャカルタの103系かと思いましたが、良く見ると顔に幌が・・・・。わざわざ奈良線・桜井線の105系をモデルにしたのは何故(笑)。

他にも500系新幹線や中国のCRH型など、なかなかの力作ばかりで見入ってしまいました。それにしても、この写真、一体誰がセレクトしたのでしょうね??

改札を出ると、昨年露店の一斉撤去の行われ、ガラーンとしてしまった駅前はそのままで、何とも空虚な空間と化していました。

再開発が遅れている様子のデポック駅前、どうせなら駅前のショッピングモールまで屋根付き連絡道でも設置してくれれば、雨の日に助かるのですが・・・・。
コメント (2)

東急8039Fの近況!!

2014-01-16 23:55:07 | インドネシアの鉄道
構内での許可証の申請は断念せざる終えませんでしたが、だからといって撮影を止める気には当然なれず、F君・K君からもPKD(警備員)からの警告が出ない範囲で撮れば多分大丈夫!!とのアドバイスを貰いましたので、駅構内ではスマホを中心になるべく目立たないように撮る事にします。するとタイミング良く8039Fがやって来ました。

この色になってから魅力は半減してしまったものの、東横線での全盛時代から何度も乗車した想い出の編成だけに、何度再会しても感慨深い気持ちになりますね。

入線してまず目に付いたのが、前回の検査で現地仕様に交換された筈の方向幕が有りません?当初、また幕が機械に巻き込んでしまったのか?と思いましたが、近づいて良く見ると、何故か機械ごと無くなってしまっている様子です。LED車なら機械の撤去も分かるのですが、幕車である筈の8039Fが一体何故???と疑問に思ったのですが、

その答えは、後日お会いしたパクアン急行様がご存知でした。全検後の8039Fに装備されたインドネシア製の行先幕がビニール系の材質だったらしく、幕が巻取器に絡んだ状態で放置した結果、蛍光灯と幕が接触し巻取器から発煙してしまったそうで、止む無く撤去となったそうです。こんな単純な理由で8021Fから受け継いだ巻取器が失われてしまったのは残念でなりません・・・・・(涙)。

折り返し時間の停車中、乗務員室の窓からスマホを入れ、今では立ち入り出来なくなってしまった運転室を覗いてみます。車内からは日本語の表示が撤去されて久しいですが、乗務員室内にはまだまだ健在な様子でした。

助手席側の天井には何やら怪しいDVDデッキのようなモノが新たに設置されておりますが、これはGPSを受信して放送される自動案内放送用の機械かと思われます。

客室内は相変わらず東急時代のままですが、前回の検査でシートが赤から青に張り替えられた為、少しイメージが少し変わりました。

凹みだらけで少々草臥れてきた外観とは裏腹に、車内は入念に整備・清掃され、今も入線当時と変わらぬ良好な状態を維持しているようです。

反対側先頭車のクハ8039には巻き取り機械が健在な様子でしたが、こちらも幕は外れたまま・・・・。これなら最近取り付けが進んでいる行燈タイプの”KAI”ロゴでも設置した方がサマになりそうですね。

ジャカルタで活躍する東急8000系・8500系といえば、デハに乗っても何故かあの爆音モーターが鳴らない車両があり?ずっと疑問に思っていたのですが、先日お会いしたおっとっと様にお聞きしたところ、お陰さまでこの謎が氷解しました。8連で活躍する8000系・8500系は一部M車のモーターをカットし4M4Tで運用されているそうで、外観はデハ8100・デハ8700でパンタこそ上がっていてもT車扱いとなり、偶然にもこの車両に乗ったため、あの特徴あるモーター音がしなかったようです。

コメント

撮影許可証取得にチャレンジするも・・・

2014-01-15 23:50:04 | インドネシアの鉄道
ジャヤカルタ駅にて暫く撮影していると、地元KRLマニアのF君が乗った05系12Fが到着したため彼の乗車している号車まで行き、お互い久しぶりの再会を喜びました。
やがて、ジャカルタコタ駅には話題の10番線に到着。

10連化を見据え植え込みを撤去したのは良いのですが、保安装置が未設置にも関わらず、終端部に簡易な車止めしか設置しないのはかなり危険な気がしますね・・・(汗)。

訪問したのが朝のラッシュ輸送が一段落した時間帯だった影響か?前日に比べPKDの数も少なく、スマホで撮影している分には特に何も言われませんでした。

そうこうしている内に遅れていたK君も到着しましたので、新たにコンビニ前に設置された椅子に座り、発着する電車を眺めつつ近況報告がてら一休みです。

そして全員揃ったところで、この日コタ駅まで来た最大の目的でもある「駅構内での撮影許可証」を申請するため奥の事務所へと向かう事にします。以前はRさんという担当の方が居り、訪問日の前に予め訪問したい場所等をお伝えてしておけば比較的容易に撮影許可証を発給して頂けたのですが、久しぶりに訪問してみると、Rさんはご転勤されたそうで既にコタ駅には居らず、何とRさんのオフィスだった部屋も商業スペースとして改造されており、あまりの変わりように驚かされました。

F君、K君に協力して頂き、事務所の受付で用件を告げたところ駅舎奥のスペースに案内されますが、サンダル履きは禁止との事でF君は受付より奥に入れませんでした。やがて案内された事務室にて担当者の方に許可証発給の件を早速聞いてみたのですが、返って来たのは「許可証の取得には3百万ルピア(日本円で約3万円)が必要」という想定外の回答が・・・・。すかさずK君が色々聞いてくれたのですが、例え用途が趣味であっても商用の撮影許可証と同じ費用が必要だそうで、それ以外の許可証は下ろせなくなったとの事でした。その後、許可証代金を支払う部署の連絡先を渡されましたが、3百万ルピアという金額はインドネシアの一カ月分の給料にも匹敵する額で、流石にその金額を払う気にはなれませんでした。

という事で、この日以降もPKDに注意しながらの撮影が続きます。


コメント (2)

ゴンダンディア駅と朝の中央線

2014-01-14 23:23:57 | インドネシアの鉄道
ジャカルタ滞在2日目は、前日までの疲れもあり、若干ゆっくり目の起床となりました。
今回はパラゴンホテルに宿泊した為、無料で朝食のビュッフェが付いて来ます♪

今朝のメニューはナシゴレンとビーフンゴレンとガドガド♪♪他にもメロンやパパイヤが並ぶ新鮮なフルーツバーまであり、ついつい食べ過ぎてしまいますね。

朝食後、出掛ける為にゴンダンディア駅に向かうと、取り壊された商店街跡地には沢山の露店が出ており、朝市の会場となっている様子でした。

ジャカルタの朝らしい活気溢れる光景を見ると、何だかホッとしますね。

ICカードで改札を抜けホームに向かうと、何と、故障後何年も放置され埃を被っていたエスカレーターが見事復活!!KAI本社のあるジュアンダ駅のエスカレーターが復活したのは知っていましたが、まさかゴンダンディア駅までも復活させるとは意外でした。

露店やテナントの強制撤去など、利用者からの批判が集まるなかで強行したKAIの駅構内浄化作戦には、正直同意しかねますが、こうした放置されていた設備の改良に関しては素直に評価出来ますね。

この日はジャカルタコタ駅で現地の友人達と待ち合わせしていたのですが、到着が若干遅れるとの連絡が入りましたので、一駅手前のジャヤカルタ駅で降り、コタからの電車を撮りながら時間を潰す事にします。

まず最初に来たのはブカシ行き、メトロ6000系6134F、もう少しで同じ6000系6115Fと並んだのですが・・・残念。

次もメトロ6000系6107F、そういえば前回訪問時には女性専用編成なんてモノも有りましたが、あれも一瞬にして消えてしまったようですね(笑)

PKDスタッフが煩い反面、乗務スタッフの方々は相変わらず陽気で、先端でカメラを構えていると手を振りながらタイフォーンを鳴らしたり、ライトをパッシングしてくれたりと、以前と変わらない様子で安心しました。

更にコタ方面に向かって行ったのも、またまたメトロ車7000系7122F。新木場で船積みを見送ったこの編成がジャカルタに来て、早くも4年が経ちます。悲惨な最期を遂げた7121Fの分まで末永く活躍して欲しいものですね。

すっかりメトロ車ばかりとなった朝の中央線でしたが、205系の導入後には、この勢力図もあっさり書き換えられる事でしょう。

つづく
コメント