Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京メトロ05系04F・ジャカルタデビュー

2013-01-13 23:51:54 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
台北から5時間強、エバー航空BR237便は約20分遅れの13時30分にジャカルタ・スカルノハッタ飛行場に到着。
ビザの購入・貼り付けとイミグレーションが同時に出来るようになったお陰で、出るのが遅い手荷物を受け取って
も14時30分にはビルから出る事が出来ました。空港からはブルーバードタクシーで、まずはホテルに向かいます。

今回宿泊したのは”イビスホテル・マンガデュア”海老風雷氏やおっとっと様より「部屋から眺望が素晴らしい」
とのお話しを聞き予約してみましたが、期待を裏切らないこんな素晴らしい眺めを毎日堪能する事が出来ました。

ホテルに荷物を置いた後は、徒歩でも行けるジャカルタコタ駅へと行ってみる事にします。

するとホームには203系マト68編成が停車中!!一見するといつものコタ駅ですが、以前に比べ活気が無いような・・

先端で暫く撮影していると、タイミング良くボゴール方面から東急8039Fがやって来ました。

こないだの全検で新品の現地幕に交換した筈なのですが、早くも破損してしまったようですね。

続いてやって来た東京メトロ6115Fとの並びを撮影していると、私を呼ぶ声が??振り返るとそこにはKRLマニアの
A君が居り、偶然にも再会する事が出来ました。そのままホーム先端でA君と積もる話をしていると、巡回していた
セキュリティースタッフから突如声をかけられ、撮影許可証の有無を聞かれます。

一体どういう事か?A君に聞いてみたところ、数週間前からJABOTABEK圏各駅での撮影に許可証が必要になった
そうで、セキュリティーが居る時にカメラを出していると確認にやって来るとの事・・・・。でもKOTA駅はそれほど煩く
ないようで「許可証は後日電車区で取得する」と伝えると、特にしつこく言われるような事は有りませんでした。

その後、携帯電話のプルサー(プリペイド)を売っている店を探しコタ駅構内を徘徊していると、05系が入線!!

何だ05系か~?と思いつつ、ナンバーを見てA君と共にビックリ!!つい先日やっと整備が完了し、前日に試運転
が行われたばかりの虎の子05系104Fが、何と早くも営業運転に就いておりました。

乗客を乗せボゴールへ向け出発する05-104F、もしかすると試運転から営業開始までの最短記録ですかね(笑)

構内を眺めていてふと気付いたのが、以前あれだけ沢山居た駅構内の物売りがこの日は全く見かけませんでした。
そして、その分良く目にしたのがセキュリティースタッフと軍隊・・・・中には肩から機関銃を下げている人の姿も??
駅構内浄化作戦の話は聞いておりましたが、果たしてココまで警戒する必要は有るのか?と疑問に思ってします。
コメント (8)

KCJで活躍中の元東京メトロ05系

2011-07-14 23:43:55 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
ジャカルタ在住のFaris様より、昨年末譲渡された元東京メトロ東西線05系08F・09F・10Fの
近況写真を送って頂いたのでご紹介致します。

まずは08F、行き先は「中野」のまま営業中(笑)

しかし赤を基調としたこの塗装、なかなか似合ってますね~

続いて09F、行き先こそ白幕ですが

何と、前面窓には東京メトロマークがそのまま残ってます。

ラストは10F、行き先は「快速 西船橋」を表示中

送って頂いた写真を見て思ったのですが、今まで必ず前面窓に掲出されていたサボが無くなっていますね?
急行の廃止に伴い、種別も統一され必要無くなってしまったのかも知れません。

でもそうなると、ますます何処へ向かう電車なのか解らなくなりそうですね??
電車に装備されている「方向幕」が役に立つ日が来れば良いのですが・・・・・


写真を提供してくれたFaris様どうも有難うございました。
コメント (6)

東京メトロ05系12Fもジャカルタへ

2011-07-07 17:38:12 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
つい先日、05F・04Fの2編成が相次いで川崎市営埠頭に搬出されたばかりの東京メトロ05系ですが、
先週からは、更に3編成目となる12Fの搬出作業が開始されたとの事でした。

なので様子を見に川崎市営埠頭に隣接する”ちどり公園”へ早速行ってみたのですが、
う~ん・・・・これじゃ良く解りません??

仕方無く、ちどり公園から続く海底トンネルを延々と歩き、対岸の東扇島まで行ってみる事にします。

汗だくになりながらトンネルを歩き、階段を上がると、目に飛び込んできたのはズラリと並ぶ05系の姿が!!

ちどり公園寄りから04F、改めて見てもそんなに古い電車には見えませんね~

まるでメーカーから送られて来た新車が置いてあるかのようです。

続いて05F

これら編成の廃車により、05系初期車の稼働車が本当に少なくなりました。

そして、搬入されたばかりの12F

この編成の導入をもって、東急8500系を抜き05系がKCJ最多形式(休車を含む)に・・・・

留置中の05-104を拡大してみると??方向幕の表示は”日本橋"(笑)

なかなかツボを押さえた表示ですね~!!是非ともタンジュンプリオクでこの表示を見たいものです。
コメント

東京メトロ05系04Fもジャカルタへ

2011-06-24 23:05:47 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
つい先日、東京メトロ東西線05系05Fが船積のため、行徳分室より搬出されましたが、続いて04Fも搬出された?
との情報が入りましたので、早速川崎市営埠頭に訪問して参りました。

川崎市営埠頭内は入れませんので、お隣の”ちどり公園”から望遠レンズで覗いてみると・・
あれっ1編成のみの留置?04Fは未だ到着していない様子??

と一瞬思いましたが、手前に置かれた先頭車はまだ台車を履いておらず

行き先幕も”回送”表示(奥の車両は中野表示!!)という事は、これが着いたばかりの05-004のようです。

奥には、先日搬出を見送った05-005号車の姿も発見しました。

これで05系の導入は7編成目、このペースだと05系がJABOTABEKの主力車両となる日も遠くなさそうですね。

東急ファンとしてはちょっと複雑です・・・・
コメント (12)

東京メトロ05系105Fジャカルタへ

2011-06-11 23:55:49 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
東京メトロ千代田線6000系に続きJR203系と、着々と車両増備を続けているKCJですが、先週は新たに
東京メトロ東西線05系105Fが行徳分室より搬出され、川崎市営埠頭に向け旅立って行きました。

回送電車”でお馴染の海老 風雷様からご連絡を頂き、駆けつけてみると、
ちょうど先頭車の05-005号車がクレーンによる搬出作業中。

慎重かつ効率良く作業が進められ、吊り上げからトレーラーへの搭載までほんの数十分。

メトロ車の搬出作業は、本当に手際良く作業が進みますね。

続いて05-905号車の吊り上げ作業開始。

編成がバラされた後、吊り上げ場所まで人力で移動していたのには驚きました(笑)

これで元メトロ05系の導入は6編成目、元東急8500系の8編成を追い抜き最大勢力となる日も近そうです。
情報をご提供頂いた海老 風雷様、有難うございました。
コメント

東京メトロ東西線05系・バライヤサ マンガイに現る!!

2011-01-29 23:39:39 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
ブキデュリ電車区での撮影後、電車区職員のB様が車でマンガライ駅まで送って下さるとの事でしたので
有難くご好意に甘え、B様の車に駅まで乗せて頂きました。

マンガライ駅到着後、まだ時間も早かったので、Andy君と共に駅隣の客車区を散策する事に。

沢山の客車達が憩う風景は、一昔前に見た尾久や品川の客車区とオーバーラップしますね。
積み降ろし作業中の荷物車も良い味出しています。

折角なので隣接したバライヤサ マンガライ(マンガライ工場)まで行ってみますが、
いつも通り、厳重に門が締められ中の様子を伺い知る事は出来ません。

でも近所の子供達が、なにやらしきりに門の隙間から覗いていたので、一緒になって見て見ると

死屍累々とした姿で留置されているレオスタック(抵抗制御車)に交じり、真新しい05系の姿を発見!!

先月末に到着したばかりの05系3編成のうちの08Fでした。
子供たちに聞いてみると、なんでも前日に搬入されたとか??前日といえば、丁度アンチョールでドリームランド
急行を撮影していたので、もう少し粘っていれば05系の甲種輸送が見れたのかも知れませんね・・・・残念。

行き先幕は「中野」のままです。

川崎埠頭で見送った時もこの表示でしたっけ。。

工場の奥の方を見ると、同時に入線した09Fの姿も!!

10Fは?とAndy君に聞くと、タンジュンプリオク港での積み降ろしの際にトラブルが有り
現在は工場内にて修理しているのではないか?との事でした。

もう少し別の角度から撮れないものか?と

怪しい雰囲気の工場引き込み線を進むと

ちょうど側面からも撮影出来る場所を発見。

草蒸した工場に憩う、05系の姿は何とも不思議な光景です。

運輸省からの認可が下りず、営業開始が遅れている05系ですが、5編成揃って活躍を開始する日が楽しみでなりませんね。
しかし車内のLED表示は一体どのようになるのでしょう??
コメント (2)

東京メトロ05系108Fジャカルタへ

2010-10-21 05:05:05 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
ジャカルタに到着した元東京メトロ東西線05系ですが、最近整備を終え試運転が開始された模様です。

(FOTO Mas Andy)
7000系同様のKCJカラーになった同車ですが、なかなか似合っておりますね。

一方で3編成目の譲渡となる05-108F編成につきましても、今月より川崎市営埠頭への搬入が開始されております。

いつもの千鳥公園より撮影

先週の時点では台車が未装着でした。

今回の行き先は「中野行き」(笑)

妻面の汚れが少々気になりますが

きっと現地での全般検査で綺麗になる事でしょう!!

そして1週間後、全車の搬入が完了し台車も装着されました。

状況からして、まもなく船への積み込み開始でしょう?

今回はスケジュール通り、タンジュンプリオク港へ到着出来れば良いのですが。

次回訪問時、ジャカルタの街を颯爽と走行する05系と再会するのが楽しみでなりません。

※市営埠頭での撮影に関しては全て敷地外(立ち入り禁止区域外)からの撮影しております。
コメント (2)

メトロ05系をお出迎え?その7

2010-09-21 23:52:35 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
翌朝、ジャカルタを発つ帰りの飛行機の時間は、朝6時25分だったためホテルを3時半頃にチェックアウトし、
タクシーでスカルノハッタ飛行場へと向かいます。
途中、高速道路でアンチョール付近を通過する際、目と鼻の先に05系が到着しているかと思うと、何とも無念でなりません

ああ・・・あと1日長く滞在していれば見れたのに(涙)

そんな残念な気持ちのまま、飛行機は離陸し香港~台北経由の長い道のりで帰国。

家に帰ると、KRLManiaのAndyさんから05系が上陸した興奮が伝わるような写真がメールにて送られて来ました。

まず船が入港して05系がクレーンで吊り上げられた瞬間です。

(Foto Mas Andy)

ゆっくりと向きを変え卸されて行く様子

(Foto Mas Andy)

最初の車両がジャカルタ到着した記念すべき瞬間!!

(Foto Mas Andy)

その後、停車していたトレーラーに無事卸されたようですね。

(Foto Mas Andy)

翌朝、ズラリと並べられ輸送を待つ05系

(Foto Mas Andy)

彼の話によると、船が到着したのは夜11時過ぎ!!さらに積卸はその後に行われたそうで
断食期間中の厳しい環境のなか、タンジュンプリオク港で徹夜した根性には頭が下がります。

AndyさんAdamさんをはじめとしたKRLManiaの皆さん、今回は色々有難うございました。
次回訪問時は05系の元気な姿を是非見たいですね!!
コメント

メトロ05系をお出迎え?その6

2010-09-19 23:40:53 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
14時に遅れていた船が入港予定!!との事でしたので、埠頭のこの場所でKRLManiaの皆さんと待つ事にします。

皆さんラマダン期間中のプアサ(断食)をきちんと厳守し、炎天下のなか一滴の水も飲まず頑張っておりました。
さすがに私一人だけ水をガブ飲むのも気が引けるので、皆さんに合わせ我慢する事に!!

しかし14時を過ぎても船が到着するどころか、停泊中の船が出港する気配すら有りません。

1時間、2時間と経過するうち乾季なのに何故かスコールが・・・・・

慌てて倉庫の中に逃げ込み、みんなで雨宿り。

雨が止んだ頃、KRL ManiaのAdam君達が停泊している船に入り出港の時間を聞きに行きました。

その答えは、何と夕方6時・・・・という事は05系を積んだ船の入港はそれ以降になってしまうとの事!!

夕方から予定が有ったのと、炎天下のなか断食して体力的にも限界を感じていたので、心残りではありましたが、KRLManiaの皆さんにお礼と明日早朝に帰国する旨を伝え、後ろ髪を惹かれる思いで埠頭を後にしました。

埠頭の出口からオジェック(バイクタクシー)でタンジュンプリオク駅に到着すると

やって来たのは京浜急行バス(笑)

このまま羽田空港まで乗せて行ってくれ~!!

この時ばかりは本当にそう思いました。

タクシーで一端ホテルまで戻り、いつもお世話になっているJABOTABEK RAIL NEWSのYopie様、
本日パンソ駅まで一緒にご同行させて頂いたU様とご一緒させて頂き、夕食に向かう事にします。

向かった先は、U様・Yopie様イチオシのお店、アンチョールのシーフードレストラン”スンダクラパ”

プアサもこの時ばかりは無礼講、ビンタンビールをオーダーした後

獲れたて新鮮なシーフードがテーブルに並びます。

イカフライ(チュミゴレン)


牡丹エビの照り焼き(ウダンバカール)


空心菜(カンクーン)


甘辛いスープ(スプ イカン だったかな?うる覚え)


早速、ナシと共に頂きます♪

sangat enak(とっても美味しい) プリプリなエビの身を濃厚なエビミソとサンバルに付ける食べかたは絶品♪♪
朝・昼と絶食していた事もあり、もう信じられない食欲で牡丹エビを何度もおかわりしてしまいました。

今後のインドネシアの鉄道の話や、日本の某ローカル私鉄の話題などご歓談させて頂いているうち、
アッという間に時は経ち帰る時間に、帰り際、Yopie様がタンジュンプリオクに残るKRLManiaの方にSMSで連絡してみると、
なんと、夜9時を過ぎてもまだ05系を積んだ船が入港していないとの事!!そしてさらにまだ遅れる見込みとか??

お食事会の後、「タンジュンプリオク港へ行ってみよう」とのお話も出たのですが、
夜間の港湾部は未だ売春等犯罪の巣窟となっている個所も有り、日本人のみで出かけるのは危険との事に加え、
9時30分を過ぎても一向に船が到着してないという、KRLManiaからのお話を聞き、行くのを諦めホテルに帰る事にします。

つづく、次回で完結です。
コメント

メトロ05系をお出迎え?その5

2010-09-18 05:05:05 | 東京メトロ東西線線05系インドネシアへ
タンジュンプリオク駅から延びる休止中の貨物線を走行して来た05系を牽引する特別列車は、
終着のパンソ駅構内へと入線する予定でしたが、到着直前でまたアクシデントが発生しました!!

列車が来たのに線路側のゲートが開いていません!!

これが日本じゃ大騒ぎですが、そこは大らかなインドネシア

皆さん用水路で釣りをして開くのを待ちます(笑)
こうした心のゆとり、我々日本人からはすっかり失われて久しいですね・・・・・

暫く経ってやっとゲートが開きました。

先にバスで移動し到着していた、ボゴール・デポックの両電車区スタッフが列車の到着をお出迎え!!
ラマダン期間で水も飲めない中、炎天下で待ちぼうけは少々気の毒です。

列車はゆっくりとしたスピードで構内へ入線開始


当初の予定より遅れる事、約数時間、やっと目的地のパンソ貨物駅に到着しました。


以前は埠頭まで線路が延びていたらしいのですが、現在は廃線となり車両の鉄道輸送はここから開始されます。

スタッフと気動車は05系が来るまで、この場所で暫く待機するとの事でした。
なるほど!!釣り具を持って来ていた理由も納得ですね(笑)

構内には陸送されて来た車両を吊る大型クレーンも到着しており、準備万端な様子。

でも、肝心な船がまだ来ていません!!

KRLManiaの皆さまと一緒に、タンジュンプリオク港の埠頭まで、船の様子を見に行く事にします。

ここから先は港湾施設となるため、日本同様にセキュリティーが厳しく、KRLManiaの方々が事情を説明し、
人数分の港湾施設入場料を支払いセキュリティーゲートから入場しました。
多分日本人の私一人では絶対に入れなかったでしょうね・・・・

埠頭の中はコンテナだらけ

ここだけ見ると、大井ふ頭と大差無いですね(笑)

そしていよいよ、05系を乗せた船が到着予定の埠頭までたどり着きました。

既に輸送用のトレーラーまで来ていましたが、埠頭にはまだ別の船が停泊しており荷降ろし中です。

早く出て行け~!!と心の底から願ったのですが・・・・

つづく
コメント