Kereta dan Kucing

・・・猫と懐かしい列車に出会う旅・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台鉄・DR2700「白鐵仔」奇跡の復活!!

2015-06-09 23:36:44 | 台湾の鉄道
諸事情により更新が、かなり永らく滞ってしまい恐縮です。昨年より台鉄・JABOTABEK・東急共に色々なニュースが有りましたが、今年に入り台湾から嬉しいニュースが飛び込んで参りました。台東線の電化開業により全車営業運転から引退した、かつての光華号用気動車「白鐵仔」こと東急車両製のDR2700が、何とイベント用車両として再整備された上で再出発したとの事です!!

ちょうど先月の台湾滞在時、整備された編成を利用した臨時列車が運行されるとの情報を聞きましたので、台東からの送り込み回送列車から追っかけて参りました。
充当される列車は台鉄の運転手さんのブライダルトレインだそうで、新婦の故郷である内湾線の沿線から出発し途中各駅に止まり式に参加する人を乗せ結婚式場のある樹林まで向かうとか!!日本では考えられない仰天プランですね(笑)
5月1日、まずは台東から新竹に向かう列車を大雨の降る牡丹駅にて待ちます。

5937次として北部にやって来たDR2700。何層にもわたり塗り固められていた塗料が綺麗に剥離された上、ステンレスの地肌が磨き出されている姿には只只感動・・TT。

翌5月2日は新竹駅から内湾線への送り込み回送を、近代的な六家線内で狙います。

新竹方面から中延駅千甲駅にやって来たDR2700。東急6000系~7000系の血を引くこの車両は、台東線のローカルな風景をのんびり走るよりも近代的な高架線を爆走する姿の方が断然似合いますね。赤帯を入れると更に違和感が無さそうです。

そして新郎・新婦を乗せたブライダルトレインは、まもなく高架化工事が開始される内歴~桃園間にて撮る事にしました。この日も生憎の悪天候でしたが、列車がやって来た時だけは幸運にも薄日が差し、磨き出された前面が更に輝いて見えます。大きなヘッドマークや車両の各所に付けられた赤い飾り付けが一際目を引き、道行く人も足を止め思わず見入っておりました(笑)

今後も更なる活躍が期待されるDR2700ですが、一昨日に開催された台湾鉄道の日のイベントでは6両編成に組成された上で海線~山線を走破する”リバイバル光華号”として運行されました。その際彰化駅ではDT668(元D51)との共演するサプライズまであったそうで現地は大いに盛り上がった様子です。以前に比べ走る機会こそ少なくなってしまいましたが、これからも矍鑠とした姿を見せてくれる事でしょう!!


コメント

台東線SL「仲夏寶島號」運転に伴う、休車車両が奇跡の復活!!

2014-08-12 01:07:20 | 台湾の鉄道
諸事情により永らく更新が滞ってしまい大変恐縮です。日本での"鉄"活動は休止状態でしたが、台湾では少しですが活動しておりましたので、最近の出来事をご紹介致します。悲願だった花蓮~台東間の電化開業が先月実現して以来、お祭りムード一色の台東線ですが、去る8月8日~10日までC57と同型機となるCT273によるSL列車「仲夏寶島號」が運転される事になり、それに伴い列車に連結される車両として、営業運転離脱後永らく放置されてきた冷気平快こと"SPK2300型"客車やDR2510気動車が数年ぶりに奇跡の復活を果たしました。

SL「仲夏寶島號」自体は撮りに行けませんでしたが、偶然にもCT273の送り込み回送を撮れましたので掲載致します。

R162に牽引され羅東駅へと進入するCT273、花蓮への回送は、前日の七堵まで何とCT273が先頭に立ったそうで、台北地下駅も有火状態で通過したとの事でした。

そして放置状態から復活した冷気平快こと"SPK2300型"客車。

こちらは花蓮まで6902次、行包列車(荷物列車)に連結され回送されました。この後、更に2両の"SPK2300型"客車が花蓮に回送され、SL「仲夏寶島號」は藍色一色の編成で運転される予定でしたが、高雄で発生してしまったガス爆発事故により高雄港線施設も被害を受け、出場の目処が経立たない事からSL「仲夏寶島號」は、残念ながら急遽復興号客車2両を連結し運転されました。日本では引退後の放置=解体といった構図が当たり前となりつつありますが、荒れ果てた車両を見事に修復し本線走行にまで復帰させてしまう辺りが、物を大切にする台湾らしいですね。この調子で今後も引退した車両の復活が続く事を期待しましょう(^^)
コメント (4)

LCCバニラエアで行く台湾!!

2014-04-02 23:48:59 | 台湾の鉄道
先月末は色々と忙しく、更新間隔が開いてしまい恐縮です。そんな中、台湾の友人達より烏樹林製糖にて”勝利号””成功号”の貸切運転を行う!!との連絡を頂いた為、LCCツアーを利用した2泊4日(往復深夜便)の強行スケジュールにて訪問して参りました。

成田からは21時40分発のバニラ航空JW105便にて出発!!台北のホテルに到着したのは深夜2時・・・・。因みに復路は台北桃園午前3時発のJW106便でした。

本格LCC機に乗ったのは初めてでしたが、本当に座席のピッチが狭く、スクート航空のSQ払下げB777の座席が如何に快適だったかを思い知らせましたね(笑)

烏樹林製糖では金馬牌DLに牽かれた”勝利号””成功号”のチャーター列車に乗車。永らく動態状態だった”勝利号”が機器の故障により自走不能となってしまったのは残念でしたが、原チャリ程のスピードで走る軽便鉄道の旅はやはり格別です。

そして撮影ポイントを熟知している台湾の友人達のお陰で、途中何カ所かでわざわざ列車を止めて頂き、思う存分撮影も楽しむことが出来ました。

また、今回も空いた時間に荷物列車の撮影を試みたのですが、何と区間車と併走しながら下り本線を逆走して来てしまったため、こんなカットしか撮れませんでした(涙)

復路は深夜出発で機内泊となり体力的に厳しかったですが、諸費用込みで25000円と格安な上、台湾滞在時間が最大限有効に使えたのは大きなメリットでしたね。
※烏樹林での詳細は後日改めて記事にさせて頂きたいと思います。
コメント

行包列車6901次を追って!!

2014-03-14 23:22:17 | 台湾の鉄道
台北近郊から藍色の客車列車が姿を消し、まもなく10年が経とうとしていますが、先日の訪問時、往年の平快車編成を彷彿とさせるこんな編成に遭遇しました。
この列車の正体は花蓮~台北~高雄に毎日1往復運行(休日を除く)されている行包列車なのですが、この日は珍しく藍色客車が揃って連結されています。

ダイヤ改正で変更になったのか?汐止駅への入線時刻が以前に比べ50分程度遅くなったようで、帰ろうとした矢先に出現!!しかも区間車と被りそうになりましたが、駅入線直前に行包列車が最徐行してくれたお陰で何とか被られずに撮れました。

汐止駅を出た後、行包列車は松山・板橋辺りに停車する筈でしたので、続行の区間車で追いかけてみたところ、この日は萬華駅で荷扱い中。その間に追い抜き浮洲駅へ。

地下線区間から出て台湾新幹線と併走する区間にて、700T系との並びにチャレンジしますが、やはりタイミングが合いません・・・・。

浮洲駅から続行の区間車で追いかけると、行包列車は樹林駅に停車し荷扱い中です。

次は中歴駅へと先回りし、入線を撮ってみました。

中歴駅ホームでも荷扱いがある為、続いてやって来た莒光号に乗車し楊梅駅へ。

楊梅駅では通過線を全速力で通過!!そういえば、10年前に乗車した西部幹線の平快車もドアを開けたまま100キロ位で豪快に飛ばしていましたね(笑)

この後、続行の区間車で新竹駅まで行けば更に追いつけたのですが、そろそろ露出が厳しくなってきたので諦めて戻る事に・・・。

最後部の1両だけが莒光号カラーだったのがちょっと惜しかったですが、久しぶりに藍色客車の編成美を西部幹線で見る事が出来たのは収穫でした。次回は日が長くなる時期にでもリベンジし、新竹以南へも追いかけてみたいと思います。

コメント

ダイヤ改正後の台鉄近況

2014-03-13 00:34:20 | 台湾の鉄道
諸事情により更新が滞ってしまい誠に恐縮です。先月末はダイヤ改正後の台鉄の近況と、虎尾糖廠の原材料輸送列車の撮影のため、LCCを利用して再び台湾へ遠征しておりました。さて2月10日にダイヤ改正が行われた台鉄ですが、6月の大改正を前に今回は細かな調整程度の変更(嵐の前の静けさ??)のみとなりました。

主な変更点としては、6月に迫った花東線全線電化を控えTEMU2000型(普悠瑪號)を使う新自強號が2往復増発され、指定券の入手が困難だった台北-花蓮間での利便性が若干向上した様子です。

また年始から区間車として営業を開始した最新鋭のEMU800型が更に追加投入され、ラッシュ時の混雑が激しい台北圏内の区間車も2往復増発されました。

その一方で、かつて主力車種だった韓国製のEMU500型は他地区への転配、釣り掛けEMU400型は機器が不調な編成を中心に運用離脱車も出ており、特に2扉のEMU400型は近日中に姿を消すものと思われます。

そして今回のダイヤ改正で最大の目玉として注目されたEMU100型の定期運用(基隆-台北間・全車自由席自強號)への復帰でしたが、EMU300型の修理完了により見送られた様子で、今後は走行シーンに遭遇する事すら難しくなりそうですね。

訪問時も七堵の車庫で留置中だったEMU100型、海線・山線辺りを走る雄姿をもう一度見たいところですが・・・・。今後の去就が注目されます。
コメント

チャイナエアーでジャカルタへ!!

2014-01-11 23:34:31 | 台湾の鉄道
2009年より毎年訪問して来た年始のジャカルタ訪問ですが、今回は航空券の関係で、いつもより少し早いクリスマスイブに日本を出発!!まずは経由地となる台北へ羽田7時20分発のCI223便で出発です。予めwebチェックインをしていたため、フライトの1時間前に空港カウンターでチェックインをしましたが、手荷物検査場も空いており余裕でした。

ここ最近、LCCばかりを利用してきたためか、機内食が出るだけで嬉しくなりますね。

機内は暖房が弱く若干寒かったものの、機内エンターテイメントには昨年リリースされたばかりの、お気に入りの台湾人アーティストのアルバムまで用意されており、CAさんの応対も素晴らしく、チャイナエアーならではの快適な空の旅が出来ました。

約4時間後に台北・松山空港に到着です。台北でのトランジットの時間は約20時間!!

この時間を最大限有効活用すべく、まずは松山空港から路線バスに乗り台鉄松山駅へ向かいます。この日の台北は雨が降り、体感温度は日本と同じ位の寒さでした。

空港前のバス亭で20分程待ってやって来た、バスの運転手さんを見てビックリ!!
この日はクリスマスイブだった為か?何とサンタクロースの格好をしています(笑)

台鉄松山駅に到着後、スーツケースをコインロッカーに預け、丁度やって来た”チキンラーメン号”ことEMU1200型の基隆行き自強号に乗車します。

ジャカルタからの帰り、ストップオーバーで再び台湾に訪問し、EMU100型臨時自強号を撮影する予定でしたので、ロケハンも兼ね終点・基隆駅まで行ってみました。

基隆駅を一歩出ると、平日にも関わらず周辺にはかなりの人出が見られます。
海洋広場に鎮座するアヒルさんは悪天候でも大人気な様子。

この数日後、まさかアヒルさんの身にあんな不幸が訪れるとは・・・・・(涙)

翌日の出発は桃園空港からだった為、この後は予め取っておいた桃園の宿へと向かい、マッサージ屋さんに行き日本での疲れを癒しジャカルタ訪問へと備えました。

この日はあまりに寒く鍋が恋しくなって来たので、夕食はホテル近くにある1人鍋のお店に行き”麻辣鴨鍋”を食べる事に!!ご飯とアイスクリーム食べ放題で110元(約400円)とリーズナブルな値段でしたが、ボリュームも満点で心身ともに温まりました。

つづく
コメント (4)

EMU100型アヒル臨・運行ダイヤ決定!!

2013-12-13 23:58:48 | 台湾の鉄道
基隆港でのラバーダック公開に備え、台鉄でも多くの臨時電車が運行される事がアナウンスされていますが、その目玉となる”阿婆”ことEMU100型が充当される臨時列車のダイヤが遂に発表になりました。

運転区間は樹林から基隆まで、運転日は開催期間である2013年12月21日~2014年
2月8日までの毎週土曜・日曜日と1月1日、1月31日、2月3日、2月4日の計19日もの間
運行されるとの事です


列車ダイヤは
5166次 樹林08時42分発 基隆09時52分着
5167次 基隆11時53分発 樹林12時57分着
5170次 樹林13時20分発 基隆14時20分着


停車駅は、樹林、板橋、台北、松山、南港、七堵、基隆となり、
全席自由席で悠々カードでの乗車も可能だそうです。


上記ダイヤの他に送り込み回送も有りそうですので、撮ってから乗車する事も充分可能ですね。今年の冬は久しぶりにEMU100型を堪能する事が出来そうです。
コメント

虎尾糖廠の原材料輸送列車・今期も運行開始!!

2013-12-10 23:51:20 | 台湾の鉄道
今シーズンの運行再開に向け着々と準備が進んでいた虎尾糖廠の製糖鉄道ですが、朋友のSPK32600先生から
の情報によりますと、昨日集積所へ向け貨車の空車回送が行われたそうで、そして工場が稼働を開始した本日
より、今シーズンの原材料輸送列車の運行が開始されました。

刈り取った砂糖キビの集積所へ向け、虎尾糖廠の構内を行く原材料輸送列車。今の時期の台湾は以外と寒く天気
も悪いですが、この光景が見たくてついつい虎尾まで通ってしまいますね。果たしてあと何回見れるのやら・・・。

昨年虎尾訪問時、偶然にもこんな光景に遭遇しました。テレビクルーらしき人達を見かけたので、地元テレビの
取材かなと思ったのですが、何故か日本語らしき言葉が聞こえて来ます???

その光景をカメラに写らないよう遠巻きに見ながら、SPK先生と「大和田獏らしき人が居るけど、あれ本人~?」
「まさか!!きっとそっくりさんだよ~」などと話していたのですが、数カ月後にテレビの番組表を見てビックリ!!何とBS
朝日で放映された「大和田獏のぐるり台湾!鉄道絶景旅 知られざる鉄道遺産を求めて」のロケでした。
因みに水色のシャツを着た方のお隣に居るのが、大和田獏さんです(笑)

コメント

今年も虎尾の季節がやって来る!!

2013-12-02 23:59:59 | 台湾の鉄道
ふと気が付けば12月、あっという間に2013年も最後の月になってしまいました。さて毎年、この時期になると途端に
慌ただしくなってくるのが、ボーナス・お歳暮商戦を控えたデパートと、収穫期を迎えた砂糖キビ畑ですね(笑)。
ということで、今年も12月15日前後より虎尾糖廠の原材料輸送列車が運行を開始するとの情報が入って来ました。

草の生い茂る廃線跡のような軌道を、ゆっくりと進む原材料輸送列車。

毎年のように「今シーズンこそ最後の原材料輸送」と言われつつ、気付くと早〇〇年!!ここまで来ると新幹線虎尾駅
の開業まで残って欲しいところです。そして街と駅を結ぶアクセス路線として活用を・・って流石にそれは無理か(笑)

運行開始を控え軌道の整備も行われており、先月26日には除草剤散布列車も運転されたとの事でした。

沢山の鉄路迷が挑戦しつつも、なかなか両車のタイミングが合わない新幹線と原材料輸送列車のツーショット。 私も
何度か挑戦しましたが、いつも絶妙なタイミングで合いません・・。なので今年こそ何とか成功させたいところですね。

コメント

花東線にて旧型客車列車が代走中

2013-11-26 23:54:34 | 台湾の鉄道
来年度の運転開始を目指し急ピッチな複線・電化工事が進む花東線ですが、夏ごろよりDR2700に故障が発生した
影響で、本来DR2700により運行されていた列車の一部が現在も旧型客車により代走運行されております。

私が事前に聞いた話だと10月頃まで代走予定との事でしたが、今月訪問した際も代送は続いておりました。

現在代走が行われているスジは、関山~台東間の普快4672・台東~玉里間の普快4681・玉里~台東間の普快
4684の3列車(いずれも休日運休)で、普快4672の運用前には台東から関山への回送列車もあるそうです。

この区間に定期で旧型客車列車が走るのは、名物列車だった”普快200次”が廃止された2010年末のダイヤ改正
以来となり、電化を直前に控え思いがけないサプライズとなりました。

架線柱が建ち始めた関山駅にズラリと並んだ花東線の主役たち、DR2800は既に台北口から撤退し今後は区間車
用に格下げ改造が行われるとの噂も有り、電化完成と同時に車両のラインナップも激変してしまいそうですね。

また明日11月27日をもって玉里~三民間の旧線が廃止され、明後日28日からは高架の新線へと切り替わるとの事
ですので、架線柱を入れずに撮れる区間が一段と少なくなってしまいました。
コメント