★ Serena ★

カナダ暮らしのエスペランチスト、自然愛好家。
エスペラントやカナダの野草、ネーチャークラブの活動など思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カナダの蕨

2008-04-27 07:04:38 | 自 然
わらび昨日は久しぶりのアゥティングでした。
我がクラブが資金を集めて買い取った「ハロード・ミッチェル・ネーチャーリザーヴ」「ウェーンフリート・ボグ」の二箇所です。
ハロード・ミッチェル・ネーチャーリザーヴはハロード・ミッチェル博士と言う人が自然保護のために自費で買った森ですが、彼の没後その意志を継ぐべくネーチャークラブが買ったのです。当時のクラブの資金では税金が払い切れないというのでF.O.N.(Federation of Ontario Naturalists)に権利を譲ったという事情があるそうです。
ここでは色々な草や花を見つけましたが、次に行ったウェーンフリート・ボグではあまり見つけませんでした。しかも、浸水でトレールが池になってしまっている箇所にぶつかり、その先は諦めて帰って来ました。長靴を履いてのアゥティングは中々疲れます。そんなわけで時間的には丁度良かったでしょう。帰宅後は夕食の支度をする元気もなく、お茶漬けでパタンキューでした。


この池までの途中で蕨を見つけました。
その前に、ハロード・ミッチェルの方でゼンマイを見つけ、食べる話をしていたのですが、ゼンマイはカナダ人も食べますし、店にも出ますから、日本人が食べることを不思議がる人は居ません。けれども蕨は別の話です。
日本人はこれも食べるのよ、と言うと、眼を見張って、「毒でしょう、食べられないわよ」 と言う返事が返ってきました。この反応は承知のスケ。
だから、返事も決まっている「調理法を知らないからよ」。
「その話面白いから、今度のニュースレターに書いてよ」
この返事は予期していなかったので、ギャフン。
日本語を書くのにも四苦八苦している上、エスペラントにも時間が掛かる私が英語で書くとなると。。。
「多少の間違いは構わないから。。」と言う追い討ちに、「考えておくわ」としか応えようがない私でした。

学名:Pteridium aquilinum
英語名:Bracken 又は Common Bracken
和名:蕨
エスペラント名:Pterido


にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ

コメント (12)   この記事についてブログを書く
« トロント 春の歌まつり | トップ | パフボール »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わらび (esperakira)
2008-04-27 21:01:52
春から夏の初め頃まで採れるんですよね。私の町では少し足を伸ばせばいくらでも採れますが、スーパーにも出てます。カナダのわらびは毒性が強い・・・なんてことはないでしょうね。料理法というほど難しくもないと思いますが・・・。
学名は同じだし。。 (serena<esperakiraさんへ>)
2008-04-28 05:40:58
日系人は蕨取りに出掛けますよ。
団体で取りに行った人から貰って食べました。
茹でるのに木灰や重曹を使うのも調理法の一分ですよ。それを知らないから、牧草地で牛が病気になるなどと言うところから人間も相手にしないわけです。
牛蒡だって野生で沢山生えていますが、これを食べると言うと眼を丸くします。勿論野生のは堅くて食べられませんが。。。
 (lignponto)
2008-04-28 22:39:20
カナダにもあるんですね。初めて知りました。

英語の記事がうまくいくと良いですね。
ありがとう (serena<lignpontoさんへ>)
2008-04-29 02:37:02
でも、私そんなに力んでいません。
気が向いたらってところです。

カナダにも日本と同じものが色々ありますよ。
ただ、見方や考え方が違うと、話題になる比重が違ってしまうので。。。
植物ではないけれど、
「あ、'セヴンイレヴン’がカナダにもあった!」と驚愕した人が居ましたが、カナダの方が先輩ではないの?
です。この人は'セヴンイレヴン’は日本独自の店だと思っていたようでした。
rizomo (glimi)
2008-04-29 07:59:22
美味しそうというのが第一印象でした。

 しかしこういう単語はなかなか覚えられませんね。
 確認のためにPIVを調べました。radikoは知っていましたがrizomoには初めて出会いました。PIVによるとかってはrizomo(根茎)を食べたとありました。するとradiko+tigo=rizomoとなるのでしょうね。
 さて、rizomoを食べられる植物はなにかと悩みそうです。  
野草に関心を持つようになって (serena<glimiさんへ>)
2008-04-29 09:23:56
Rhizome(ライゾーム)という語に初めて出会いました。
常に「根っこ」root/radikoで処理していた私としては馴染めない単語でしたが。
じゃが芋、さつま芋などもrizomoの内に入るのではないですか?そういう説明をどこかで読んだ覚えがあります。

シダ類の葉も frond/frondo が正しいのですね。それで通じないと leaf/folio が補助に出てきます。多分私に通じていないと思って居たのかも知れませんけど。
勘違い (glimi)
2008-04-29 15:46:43
可笑しい! 

根と茎で根茎ではなく茎が根に変化したものが根茎ですね。

 日本人は茎も根も食べるから勘違いしました。
茎も根も食べるのは (serena<glimiさんへ>)
2008-04-29 18:41:37
日本人に限ったことではないのでは?
日本の蕨 (街中の案山子)
2008-04-30 07:33:30
田舎から蕨と筍が送られてきました。
蕨を灰汁抜きするための、木灰も一緒に。親ってありがたいですね。
で、一晩灰汁抜きして、今、夕飯のための煮物を作っています。
カナダの人は、この灰汁抜きの方法をご存知ないのでしょうか。
そうなんですよ (serena<案山子さんへ>)
2008-04-30 08:55:31
そういうことを知らないのです。だからビックリして記事に書いてということに。。

蕨と筍ですか、うらやましいです。
筍は缶詰を日本人や中国人の店で買えますが。
昨年は友人が蕨取り集団に参加、灰汁抜きし、調理してお裾分け貰いました。
取るのより後始末が大変だったと。プラスチックのゴミ袋一杯取ったと言うのですから当然ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自 然」カテゴリの最新記事