★ Serena ★

カナダ暮らしのエスペランチスト、自然愛好家。
エスペラントやカナダの野草、ネーチャークラブの活動など思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はないちもんめ

2008-04-04 20:04:04 | 雑  記
ちゃんが『子供に日本の伝統を教える教室』に通い始めて大分経ちました。娘のは「学校」と呼んでいます。
その教室で「はないちもんめ」の遊びが紹介され、には大分チンプンカンプンだったようです。そこで検索し、ウィキペディアの英語のページに歌の文句がローマ字で出ていたので知らせてやりました。
子供の頃学校の庭で遊んだ記憶はあるのですが、「はないちもんめ」の意味は全く知らぬまま。この検索で初めて知りました。
英語のページにはこうした歴史的な意味はまったく書かれていないので、口頭で説明したのですが、意外なところに勉強の糸口があったということ。
貧しい農村で口減らしのために子供(女の子=花)を一匁(「いちもんめ」は江戸時代頃の銀貨の単位)という安い値段で人買いに売った、という社会状況を歌っているのだそうで、知らぬが仏とは言え楽しく遊んだことに罪の意識さえ感じます(大袈裟!!)。或いは楽しく遊んだあの頃にそんな悲しい意味を知らなくて良かったとも言えるかも。
はないちもんめ


この教室では先日は紙の風車(カザグルマ)を作ったそうです。幼い子供達ばかりなのでとても喜んだそうですが、私などはすっかり忘れていたことばかり。指導は三人の日本女性で、何を教えるかどう教えるかなどの準備も大変だろうと思うのですが頑張って欲しいですね。
も何時か子供を連れて日本を訪問したいそうなので日本語の勉強にも意欲が湧いてきたらしいです。

序でに遊びの色々、メモリー・レーンを辿ってみてはいかがでしょう。
遊びの大図鑑


にほんブログ村 外国語ブログ エスペラント語へ

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 小鉢が割れた | トップ | ひとりぼっちの姫羽白 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はないちもんめの (あまもり)
2008-04-05 14:22:41
意味は知っていました。
知っていたと言っても大人になってから知ったことですが。その意味を知った時はちょっとショックでした。
「はないちもんめ」は幼い頃に何度か遊んだ記憶がありますが、淡い淡い記憶です。
でも不思議と「た~んす ながもち どこのこがほしい・・・」は今でも覚えています。但し最後まで覚えていませんが。
遊びの大図鑑を見ましたが、記憶とはちょっと違うような。
地域によって変わっていったのでしょうね。
しかし、なぜこんな悲しい歌が子供の遊びになったんだろう、不思議です。
「かごめ、かごめ」もそうですね。
今の若い子は、「はないちもんめ」「かごめかごめ」も全く知らないに違いない。
集団で遊ぶことをしなくなったから。
Unknown (glimi)
2008-04-05 17:35:11
売り買いについては知りませんでしが、図鑑の言葉は私が遊んだのとほとんど同じでした。

 私が育った地方の民謡生保内節も自虐的歌です。山から吹き下ろす冷たい風で稲が実らないのにそれを稲実ると歌うなど…。

 集団で遊ばないから人間関係の摩擦に弱い、危険なことやモノから遠ざけられて成長するから、危険に対処する方法を知らない。
 この前学童保育の指導員をしていた頃の親と話したのですが、親たちの助けを待っていられないので子どもたちと鎌でササ藪を刈ったけれど怪我をする子などだれもいなかったし、リンゴも皮ごと与えて自分で剝かせたのにだれも指を切ったりしなかった。どうして子どもの前からそういうものを排除してしまうのだろうと。
 今の育て方間違っていると思います。
serenaさん、こんばんは (polo181)
2008-04-05 22:17:02
娘さんもお孫さんも、古き良き時代の日本がどうであったか、それに加えて現在の日本はどうなのかについての知識を得ることは素晴らしいことだと思います。
ハナイチモンメ♪の遊びは記憶にあります。でも、私達の時代は、男女席を同じゅうせず式に育ってきましたから、彼女らが環になって歌っていたのを覚えているだけです。その遊びに入ったことはまるでありません。最近の子供は集団では遊ばないので、多分これは知らないでしょう。
みなさんへ。。 (serena)
2008-04-06 09:52:10
最近の子供達が集団で遊ばなくなったとすればどんな遊びが最近の遊びなのでしょう。
カナダの子供達だって日本と大差ないだろうと思いますが最近子供に関係が無くなって近所にも子供がいないし見当が付きません。
長閑な缶蹴りとか中学生の頃は昼休みに一汗掻くのに丁度良かったものです。これは男女一緒に遊びました。はないちもんめは小学生の頃女の子だけだったような。。歌のもんくは余りよく覚えていませんが。
知らぬが仏 (lignponto)
2008-04-06 12:29:19
歌の意味は、初めて知りました。

知らぬが仏ですね。
私も遊んだ記憶あります。 (街中の案山子)
2008-04-07 08:05:17
「はないちもんめ」って、ふるさと訪ねて はないちもんめ♪でしたっけ?
元気よく声を張り上げて歌っていたのに、こんな意味だつたとは・・・。
そういえば、「通りゃんせ」も、どこか怖い歌ですね。
食べていくのに精一杯の時代に発生した歌でしょう。いつごろ生まれたものか、私達の幼児の頃は、封建時代の貧しさの尻尾が残っていたといえるのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑  記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事